2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

新選組を行く@京都

新選組にはまっているところに京都に行くことになったので、1日「新選組を行く」@京都をやってみました。京都だけでも縁の地は多いので、壬生村と伏見です。

新選組が京都について最初に滞在した壬生村。今は賑やかな四条大宮からも京都駅からも近いところで、これが郊外?と思うような場所なんですが、当時は御所や中心地からは少し離れたところだったんでしょう。

最初は光縁寺という、ほんとに小さな町のお寺。裏に山南敬助と沖田総司(こちらで建てたもの)、隊士たちのお墓があります。亡くなった隊士の名簿もいただきました。

1 Photo

 

 

前川家(非公開ですが休日だけお土産物屋があります)とブロックを隔てて隣にあるのが壬生寺と八木家。 壬生寺は、こじんまりとはしていますが、いかにも芝居をやりそうな広い空間があって、壬生狂言が演じられていたのもここ。そういえば、先日国立劇場に行ったとき、開場50周年のポスター展をやっていて、壬生狂言もあったのをチェックしていたのですよ。奥に、壬生塚があります。

Photo_2                                                                                  2

 

 

 

 

そして今回のメインといってもいい、八木邸。手前の立派な和菓子屋さんで、お茶とお菓子付きの入場券を買って、ボランティアのおじさんのお話を聞きながら見学します。現在も区切った奥は八木家の皆さんがお住まい。住居自体は200年ほどたっているそうですが、というとこの家は、建って50年ほどで賑やかで恐ろしい経験をし、その後普通の民家となり、今は多くの人が訪れるという、数奇な運命を辿っているのですね。中は写真不可です。 なんといっても、この部屋で芹沢鴨が暗殺されたとか、隣の部屋の鴨居に刀傷がはっきり残っているとか、土間で隊士が煮炊きをしたとか(土方とお梅さんのシーンもあったっけ)、大河ドラマの克明なセットを思い出して大感動でした。

Photo_3 Photo_5

 

前述のとおり、向かいに、隊士が滞在していた少し広い前川家があるのですが(前川家の人々は、落ち着かないので親戚の家に移っていったとか)、その土蔵が、土方があの古高俊太郎を拷問して池田屋事件のきっかけになった場所だそうです。ひいい。

Photo_6

 

 

 

次は八木邸が手狭になって新選組が移った西本願寺。浄土真宗の総本山で、京都の人々から見たら氏素性も知れない浪人上がりの新選組の屯所とされることを、よく承知してくれたものです。ここで大砲の訓練なんてされたら、たまったものではなかったでしょう。今も現役バリバリの大寺ですから、御朱印もなしという、観光客など相手にしていない雰囲気。銀杏も大きかったです。 立派な空堀に囲まれていて、安心感もあったと思います。山南は、本願寺に住むなんて、と反対だったんですよね…彼の切腹後、すぐに本願寺に移っています。

7 8


 

   そのまま油小路を京都駅方面に下ると、伊藤甲子太郎遭難の地。細い路に放置される甲子太郎、屯所のあった高台寺からはずいぶんあったでしょうが、待ち伏せ覚悟で駆け付ける藤堂平助たち。本願寺からはすぐ近くです。近藤勇が伊藤に酒を飲ませた妾宅もすぐ近くだったんだなと思いました。

9

最後の屯所不動村のあたりも通って京都駅へ戻ります。

 

 

 

さて午後は、近鉄に乗って伏見へ。まず桃山御陵の御香宮神社です。土方が、御香宮神社は高いからそこに陣を敷くべきだというのを会津藩だったかに却下され、薩摩軍にここを取られて、さんざんに敗けるんですが、その高さ感覚がわかって感激。ブラタモリ的な。 神社自体も伏見城の大手門を移築したり、小堀遠州の庭園があったりとなかなか立派な神社で、能舞台もありました。

11 10

 

 

 

 

一方幕軍は?と伏見の町を歩きながら伏見奉行所跡を探します。板壁や格子の古い町屋が続く、風情ある町でタイムスリップしたよう。右のおうちは、弾痕が残っているのですが、町がそのまま残っていて燃えたようでもないのは、戦闘はこの町の一部でしかなかったんでしょうか。

12

伏見奉行所跡は団地の横にありました。

13

 会津藩の陣の後も残っています。

14


 

 

  最後は寺田屋。お登勢さんが坂本龍馬の妻おりょうを預かっていたところですね。船宿としてはやっていたという雰囲気がそのまま残されていて、驚きました。 おりょうさんがお風呂に入っているとき、暗殺者に気づいて龍馬に裸のまま知らせたという逸話のある、あのお風呂もそのまま残ってます(「新選組!」でも忠実に再現されていました)。

16 
17 18_3

 

 

 伏見はお酒で有名で、勇や土方も、京の洗練された美酒には驚いたことでしょう。黄桜のカッパカントリーでカッパの由来や全国のカッパを見つつ日本酒を飲み比べたり、月桂冠大倉記念館では、じっくり日本酒の製法をみることができます。月桂冠の方は入場料を取りますが、純米吟醸酒の小とっくりをおみやげにくれます。

15

 

 

 

 川沿いの道は風情があって、十石船にも乗れるし、ほんと、伏見は楽しいところでした。

18_4

劇場データベース!(座席表付き)

Actいろいろな劇場に行くたび、座席表や収容人数を調べたりするわけですが、せっかくなのでまとめておくことにしました。東京・神奈川限定で、私が行ったことのある劇場のみです。

収容人数は、なるべく公式サイトから記載していますが、わからなかったところはWikipedia等からとりました。演目によっても異なりますのでご了解くださいませ。随時追記します。劇場は、カテゴリー毎(都心、劇団四季、神奈川、歌舞伎・文楽)に、収容人数の大きい順に並んでいます。

(このページ、その後自分でもすっごく便利に使ってます。このブログでも安定した人気です(笑))

【都心の劇場】 

オーチャードホール(渋谷) 座席表

座席数2150。bunkamuraのメインとなるコンサート、オペラ、バレエのホール。私にはあまり縁がないのですが、「ドリームガールズ」のワールドツアーを見ました。

東京宝塚劇場(日比谷、有楽町) 座席表

座席数2069。宝塚専門劇場です。この座席数で毎日やっているのに、週末はチケットがとれないんですからすごいですね。近くの日比谷シャンテに宝塚ショップがあって、いつもにぎわっています。

東急シアターオーブ(渋谷) 座席表

座席数1972。ミュージカル劇場としては一番大きい感じがします。今風で無機的なデザイン。ヒカリエ11階にあって、ロビーからの眺めがきれいです。とくに夕日。

帝国劇場(日比谷、有楽町) 座席表

座席数1897。老舗の雰囲気があって、大作をロングランしてます。帝劇っぽいミュージカルともいうべきジャンルがありますね。オケのノリがよくて好き。

東京フォーラムCホール(有楽町) 座席表

座席数1502。見やすい劇場ですが、ミュージカルというより、コンサートホールのような立派なしつらえなので、ブロードウェイものをやるとやや劇場デザインと違和感があります。ちなみにAホールは5000席規模の会議場。

日生劇場(日比谷、有楽町) 座席表

座席数1330。ミュージカル劇場としては同じく老舗の帝劇よりだいぶこぢんまりとしていますね。クラシックなロビーや階段、ガラスタイルの壁面、アコヤガイを貼った曲面が美しい天井と、デザイン的にも素敵。ロビーが広く、椅子が多いのもいいです。中2階は普通の2階より低く、見やすいです。

赤坂ACTシアター(赤坂) 座席表

座席数1324。TBSの赤坂サカスの中にあります。ここで見たものはハズレなし、と印象がよいせいか、とても見やすいし、つくりも豪華すぎなくていいと思います。

IHIステージアラウンド東京(豊洲) 座席表

座席数1314。2017年にオープンした、360度座席が回る劇場。ゆりかもめ市場前駅すぐのところにあります。

日本青年館大ホール(外苑前) 座席表

座席数1249。以前は千駄ヶ谷にあった古い建物でしたが、2017年8月に、神宮球場の前にリニューアルオープン。2階はかなり高く、A席はけっこう遠いです。2階最前列の手すりが視界を遮るというウワサ。ロビーも暗くて動線も悪い、と残念な評判。

青山劇場(渋谷) 座席表 <閉館>

座席数1200。2015年3月末惜しくも閉館されましたが、1階の後ろの方でも見やすい、いい劇場でした。

有楽町よみうりホール 座席表

座席数1100。有楽町駅すぐの、ビックカメラ7階にあるホール。賑やかなビックカメラからはかけはなれた、昔からある公的なホールの雰囲気です。2階が低くてゆるやかな傾斜で、後ろの方でも見やすいです。

新国立劇場中劇場(初台) 座席表

座席数1038。やや横に広い、見やすい劇場です。ストレートプレイ向け。ほかに、オペラやバレエをやるオペラ劇場(座席数1814)もあります。

六本木EXシアター(六本木) 座席表

座席数920。もっと座席数が少ない感じがする、ライブハウスとかオフ・ブロードウェイの雰囲気のある劇場。おしゃれなものしかやっちゃいけない気がしますね。

東京芸術劇場プレイハウス(池袋) 座席表

座席数834。都会の最先端の芝居や意欲的なミュージカルを見るところ。芸術監督である野田秀樹作品をよく上演しています。彼の作品にとても合っていると思います。

サンシャイン劇場(池袋) 座席表

座席数808。サンシャイン文化会館の中にあり、開館1978年ですが、座席もそんなに狭くなく、真ん中あたりからの立ち上がりに角度があって後ろまで見やすい劇場です。その分2階席はかなり高さがあるのと、その高い2階に上がるのに階段しかないのが難点。勢いのある人気劇団の芝居がよくかかります。

天王洲銀河劇場(天王洲アイル) 座席表

座席数749。臨海部の再開発地区のビル内というロケーションのわりにはインテリアがクラシックで、温かみのあるいい劇場です。

シアターコクーン(渋谷) 座席表

座席数747。bunkamuraにあるおしゃれな見やすい劇場。コクーン歌舞伎は絶対見たいです。

シアタークリエ(日比谷、有楽町) 座席表

座席数609。2階のないこぢんまりとしたミュージカル劇場。オフ・ブロードウェイみたいな雰囲気で、しゃれた作品をやるので大好き。終演後、横からシャンテの地階に抜けると混雑を避けられます。

世田谷パブリックシアター(三軒茶屋) 座席表 

座席数約600。三軒茶屋駅直結のキャロットタワー3階。壁、2階・3階席の雰囲気がプレイハウスによく似ています。幅が少し狭くて小ぶりな感じがする、見やすい劇場。

三越劇場(三越前) 座席表 

座席数514。日本橋三越6階にある、1927年開場のレトロで優雅な雰囲気の劇場。舞台が近く、とても見やすいです。ホワイエには榮太郎本舗の甘味があります。

新国立劇場小劇場(初台) 座席表  

座席数約400。中劇場より幅が狭く、ストレートプレイでは理想的な空間。

パルコ劇場(渋谷) 座席表 <建替え中>

座席数458。渋谷のパルコパート1の9階にある小劇場の老舗。座席数がこの数なので人気チケットはとりにくいです。

紀伊国屋ホール(新宿) 座席表

座席数418。新宿東口の紀伊国屋本店4階、1964年からある老舗の小劇場。2015年に熱海殺人事件を30年ぶりに見るまで、記憶ではこんなに小さい劇場とは思っていませんでした。壁に素敵なオブジェがあります。

銀座博品館劇場(銀座、新橋) 座席表

座席数381。ザ・ニュースペーパーの定席のほか、しゃれた小品をやってます。年季の入った、温かみのある劇場。

本多劇場(下北沢) 座席表

座席数386。下北沢の小劇場。昔から名前は知ってましたが、数年前初めて行って、古びた雑居ビルといい、座りにくい椅子といいびっくりしましたが、それを気にしなければ見やすい劇場です。→2015年、改装により、椅子がすべて更新され、快適になりました。

あうるすぽっと(東池袋) 座席表

座席表301。豊島区立芸術文化センターの中にある、いかにも区の施設という外観ですが、お芝居を見ているときは気にならなかったので、中はそうでもなかったのかも。このくらいになるとほんとに小さくて見やすいです。

ルミネ the よしもと(新宿) 座席表

座席数482。新宿ルミネの中にあって、よしもと芸人さんをまとめて見られます。グッズも売ってます。昔は3000円だったのに、上がっちゃいました。

雷5656会館ときわホール(浅草) 座席表

座席数325。浅草にあるレトロな会館の中にあって、よしもとのコテコテな方たちの漫才などが見られます。浅草見物のついでに。(→残念ながら、この吉本浅草花月としての公演は、2015年7月で終わってしまいました。)

シアタートラム(三軒茶屋) 座席表

座席数248。世田谷パブリックシアターに隣接した小劇場で傾斜があり、すべての座席から見やすい劇場です。ここでいい芝居、とても贅沢な気持ちになります。

DDD青山クロスシアター(渋谷、表参道) (座席表)

座席数180。閉館した青山劇場の裏手にある地下の小さな劇場です。昔の渋谷ジァンジァンを思い出す、濃密な空間です。

【劇団四季の劇場】 

全ての座席表 どこも見やすい、いい劇場です。A席でも十分。

四季劇場春(浜松町) 座席数1255

ライオンキングをロングランしている劇場。

四季劇場秋(浜松町) 座席数907

四季劇場夏(大井町) 座席数1200

四季劇場海(新橋)  座席数1216

四季劇場自由劇場(浜松町) 座席数500

ここのみストレートプレイ中心の小ぶりな劇場。

【神奈川の劇場】

神奈川県民会館大ホール(日本大通り) 座席表

座席数2433。神奈川県の大ホール。2階ロビーからの海の眺めが美しい立派なホールです。オペラやバレエ等。

相模女子大学グリーンホール(相模大野) 座席表

座席数1792。なかなか立派なホールです。

鎌倉芸術館(大船) 座席表 <休館中>

座席数1500。和風のインテリアも素敵な、立派な劇場です。よく見るとすごくいい出し物やってます。雁治郎襲名公演もやるらしいです。2017年1月から9月まで、施設改修のため休館中。

神奈川芸術劇場(KAAT)(元町・中華街) 座席表

座席数1150。おしゃれな作品や意欲的な作品を上演しているちょうどいい劇場。作品によっては、劇場がちょっと上品すぎる感じがするときがあります。芸術参与は白井晃。同じ作品でも東京よりちょっとチケットが安かったりするのがうれしいです。座席数220の大スタジオもあります。

関内ホール(関内) 座席表

座席数1102。横浜では老舗の劇場で、コンサートから狂言、ザ・ニュースペーパー、お笑いと、いろいろやってきます。細長すぎて、後ろの方は見にくいのが残念。

やまと芸術文化ホール(大和) 座席表

座席数1007。2016年にオープンしたばかりの、「大和市文化創造拠点シリウス」という施設内にあるホールです。ガラス張りの建物がおしゃれで、ロビーも広めで感じがいいです。大和駅すぐ。公式サイトから座席表が探しにくいと思います。

さくらプラザホール(戸塚) 座席表

座席数451。戸塚駅直結の戸塚区民文化センターの中にある、小さいながらも立派なホールで、音響がよさそうです(行ったのがザ・ニュースペーパーライブだったので不明)。とにかく駅から近くて、終演5分後に電車に乗れます。

【歌舞伎、文楽の劇場】

歌舞伎座(東銀座) 座席表

座席数1808。2012年に開場したばかりで、木挽町広場やお土産物屋さん、まだ行ったことはないけどお食事処、庭園と、歌舞伎のテーマパークみたいなところです。近所のお店も魅力的。幕見があるのがいいですね。

国立劇場大劇場(半蔵門) 座席表

座席数1520。他の歌舞伎の劇場と比べると、舞台と座席の幅が広く、後ろは近い気がします。通しの意欲作が多く、チケットが割安なのが魅力。3階席は、すっぽんがギリギリくらいの他の劇場とちがって花道が3分の2くらいしっかり見えるのがすばらしい。日本一コスパのよい席ではないでしょうか。

座席数590の小劇場では、文楽が上演されますが、大劇場のミニチュアみたいな雰囲気でかわいいです。

新橋演舞場(東銀座) 座席表

座席数1428。周囲の緑の雰囲気が好きです。アイスもなかもちゃんとあります。お弁当を食べるソファや椅子が多いのはいいですね。3階の左右の席は三分の一見切れますのでダメです。

明治座(浜町) 座席表

座席数1368。花形歌舞伎のほか、新派や歌手の座長公演などをやっています。週末に行くと静かですが、風情のある下町の街並みの中にあります。

国立能楽堂(千駄ヶ谷) 座席表

座席627。さすが国立能楽堂。敷地もゆったり、中庭も素敵につくってあって、華美ではないのですが、丁寧につくられた建物という感じがします。幕間に食堂で甘味を楽しんだり、資料展示室をのぞけるのもいいです。

宝生能楽堂(水道橋) 座席表

座席数490。初めて行った能楽堂でした。脇正面でも近くて声が通って、いい演劇空間であることに驚きました。普通の劇場ではもう狂言は見たくないと思いました。  

カテゴリ変えました!

感想以外の記事をほとんど書いてないこのブログですが、一仕事したのでご報告。

これまで、記事のカテゴリ分けはココログの既存のカテゴリ+自分で作ったカテゴリでやってきたんですが、1、既存カテゴリがいまいち自分のブログに合ってない、2、カテゴリの表示順が文字コード順になってしまうので順不同でわかりにくい、という問題があったんです。

1番目の問題はどういうことかというと、感想ブログなのに「ミュージカル・演劇」とか、「映画・テレビ」とか、大くくりすぎるんですね。だって「ミュージカル・演劇」なんて、歌舞伎まで入れるとあまりにも広すぎますよね。映画とお笑い番組もだいぶちがうし。

既存のカテゴリを使っていると、ココログでこのカテゴリの新着記事~と表示してくれるらしいのでそのままにしておいたんですが、よく考えたら、そういうページからいらっしゃる方はごくわずかのようなので、そんなに重大なことじゃなかったですね。

数字をつけずに順序を変えることはできないのかと思ってたら、カテゴリ名にタグを入れればできるということで、既存のは捨てて、カスタマイズしたカテゴリ名を変え、そしてこれまでの300超の記事全部チェックしてカテゴリを変えました(わー日曜なのに仕事しちゃった)。

やってみたら、自分も使い易くなりました。昔の記事見ると、懐かしかったです。舞台の見方は変わってないけど。

サイト見てみたら、最近の記事から遡っていったので、なぜか「ミュージカル」カテゴリをみるとふるーい記事ばっかり表示されます。こんなに最近書いてるのに!

ブログデザイン変えました

今まで黒猫のマロちゃんのデザインでしたが、若干このブログの雰囲気に合っていない感じもしていたので、シンプルなものに変えました。

大好きなピンクです。なんか、ピンクのものって笑顔になっちゃうんですよね。

リニューアルしました!

1年近く更新を怠ってきましたが、再開することにしました。

せっかくですので、デザインもかわいいのにリニューアル。でも内容は、これまでと同じく、舞台、映画、本の感想中心になりそうです。

しばらくは、この1年の見たもののレビュー(別のところに書いたもの)を少しずつアップしようかと思っています。

細々とはやっているものの、もうちょっと来訪者が増えるといいな、なんつって――どうぞよろしくお願い致します。