2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« CHESS THE MUSICAL @国際フォーラム | トップページ | 二月大歌舞伎「菅原伝授手習鑑 加茂堤 筆法伝授 道明寺」 »

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」前編 ディレイビューイング

2002

見そびれていたナウシカ歌舞伎前編ディレイビューイングに行ってまいりました。なんと当日券4300円也ですよ!宝塚やミュージカルでよくある千穐楽とかのライブビューイングも4000円前後ですが、あくまでライブで1回だけですもんね。ディレイって、1週間もやっているなら、せいぜい2500円くらいでよくないですかね。歌舞伎初心者もすごく楽しめるし!でも、舞台を見られなかった私としては、3Bより高いと思いながら行ったのでした。

ちなみに、原作コミックは最近ようやく4巻まで読んだのみ、映画は冒頭しか見てない、ナウシカ初心者です。

冒頭、右近が口上の形でナウシカの物語を簡単に話してくれるんですが、この右近が、あら、立ち役久しぶりだけど立派になったなという説得力。早々にユパで松也が出てきます。目力強くてかっこいいよ。原作コミックではもっと年配のようでしたが、剣豪のイメージの方を強調していて帽子もすてきなので松也に合ってる!

右近はアスベルとして出てきますが、松也との本水の立ち回り、たっぷりな花道のくだりは華やかで、形も美しく、これだけでも見る価値がありました。

菊之助のナウシカ、あくまでまっすぐで強く優しいキャラですが、あまりにまっすぐ過ぎて、芝居として見るとやや物足りなく(ワンピースのルフィ初見のときも思った)、原作のナウシカは素肌の美しさなんだけど菊之助女盛りの美女だしと思ってしまうんですが、それを補う見せ場がケガのために減ってしまっているのは仕方ないですね。しかし腕の亀裂骨折を固定しているようには見えない所作で、いきなりの変更はたいへんだったでしょうに、心中を思うと気の毒でした。

噂には聞いていましたが、さすがこういう新作では無敵の七之助の、誇り高いクシャナ王女!たたずまい、部下やクロトワ、ナウシカに対する態度、キリリとした目、完璧なクシャナです。11月は平成中村座だったのに、ほんとすごい。ミラルパの巳之助も役者が大きくなっていましたし、ケチャ米吉かわいいし、村娘の鶴松もみんなよかった。

ベテランがまたいい芝居をしてくれて、この世界に奥行きを与えています。ミトじいの橘太郎、ジルの権十郎、マニ僧正の又五郎萬次郎さんの城ババ。とくに又五郎さんの苦悩の表現がすごかったです。それからチャルカの錦之助さん。かっこよすぎて、最初チャルカとわからなかったですが、これはこれでいいお役、前述の松也的なアレンジですね。

おっと、上演ずっと前からまちがいなしと言われていたクロトワの亀蔵さん。こんなに亀蔵さんにはまる役はないだろうというくらいのハマり方。後半もますます楽しみです。クロトワが密命をクシャナにばらすところは、弁天小僧でしたね。

それにしても菊五郎劇団+若手人気役者を集め、菊之助の思い入れたっぷりで作品世界を見事に歌舞伎で再構築した、演舞場で1か月ではもったいない出来ではと思いました。というか、お正月の国立+浅草の役者がそろっていて、あの薄い座組でがんばっていたオグリが不憫な気持ちがぬぐえませんでした(歌舞伎客演のみなさんいいお仕事してましたけど)。

後編も見ました。

« CHESS THE MUSICAL @国際フォーラム | トップページ | 二月大歌舞伎「菅原伝授手習鑑 加茂堤 筆法伝授 道明寺」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CHESS THE MUSICAL @国際フォーラム | トップページ | 二月大歌舞伎「菅原伝授手習鑑 加茂堤 筆法伝授 道明寺」 »