2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」@新宿FACE | トップページ | 下町ダニーローズ「不幸の正義の味方」@サンモールスタジオ »

六月大歌舞伎「寿式三番叟」「女車引」「梶原平三誉石切」「恋飛脚大和往来 封印切」

  201906kabukiza六月大歌舞伎 昼の部です。夜は話題の三谷さんの新作通しですが、昼は歌舞伎らしい古典が並びました。夜主要キャストで活躍の幸四郎、愛之助は昼も活躍(いったいいつお稽古?)。

 1つめは「寿式三番叟」です。おめでたい舞踊として有名ですが、操りとか舌出しのつかない三番叟は初めてのような気がします。はじめは、翁(東蔵)、千載(松江)の厳かな登場、ゆったりした舞(あんなに袖をはらう動作するものですか)。松江さん、白い衣装が似合ってて大きな顔が立派。

 しかしみどころは、三番叟(幸四郎、松也)の激しい舞踊。足を踏み鳴らす「揉みの段」、鈴を鳴らしての「鈴の段」。力強く、スピード感があって、息をつめるように見るしかありません。幸四郎の回転のキレなど、「やっばーい」という語彙力のない感想が浮かんできます。松也も幸さんにくらいついていくようで、大柄な二人のちがった魅力があふれていました。囃子方もよくて、あまり歌舞伎を見慣れていなさそうなお客さんも含めて大盛り上がり。

2つめは、「女車引」。車引の三兄弟の妻たちによる舞踊ですが、車引とはだいぶイメージがちがうたおやかな雰囲気。松王丸の妻千代(魁春)、梅王丸の妻春(雀右衛門)、桜丸の妻(児太郎)。コタちゃんが、大先輩の胸を借りて堂々と舞っていてよかったです。

3つめは、「石切梶原」2015年4月に現白鸚さん2017年5月に彦三郎襲名披露、で見ています。今回は平三(吉右衛門)、六郎太夫(歌六)、梢(米吉)、大庭三郎(又五郎)、俣野五郎(歌昇)、奴萬平(錦之助)、呑助(吉之丞)。米ちゃんが、吉右衛門、歌六でのこの演目で梢をやるのが夢と言っていたのがかなった形ですが、見る方にとっても、今見られるベストな座組みですよ。

吉右衛門さんの梶原が立派で情け深いこと(先月の絵本牛若丸の好々爺とは大違い)、歌六さんの芯のしっかりした老父、米ちゃんの梢も、娘らしさと若妻としての落ち着きがちょうどよくて、とってもよかったです。米ちゃん梢に注目していたせいか、六郎太夫と梢の物語が今までよりぐっと入ってきたような気がしました。

それから歌昇くんの赤っ面俣野!先月朝比奈がぐんぐんよくなっていると評判でしたが、俣野も熱演でしたよう。又五郎さんとはちょっと味わいの違う二枚目だと思うんですが、この役となったら一直線な感じがいいですね。ま、見る方はかしょくんだと思うので憎めないのが難点ですが(片岡亀蔵さんだと心置きなく…なんて)。

最後は一番楽しみにしていた、初めて見る「封印切」。傾城梅川(孝太郎)を身請けするつもりで前金を支払ったものの残金の金策ができない忠兵衛(仁左衛門)。おえん(秀太郎)と治右衛門(彌十郎)は忠兵衛を応援していますが、梅川を身請けしたい八右衛門(愛之助)の挑発に乗った忠兵衛は、実家からもらったと嘘をついた金の封印を切って見せてしまいますが、実は蔵屋敷に届ける公金であり、封印切は重罪。梅川を身請けした忠兵衛は、梅川にそれを打ち明け、おえんたちの祝福を受けながら、死出の旅立ちをするのでした。

松嶋屋の上方狂言、愛之助まで加わっての座組で見るのは初めてのような気がします。柔らかな和事の色男ニザ様、これぞ花車の秀太郎さんの息の合ったやりとり、愛之助の上方言葉の役も大好き。秀太郎さんは後方からだとちょっと聞き取れない部分もあるんですが、ほんとに楽し気でうれしくなるくらいでした。愛之助の八右衛門に、忠兵衛の人気と八右衛門の嫌われ具合をまくしたてるところも、ニザ様と愛之助を比較するみたいで、面白かったです。しかしニザ様が八右衛門をやったこともあるはずですが(テレビでちらっと見ました)、ニザ様が嫌われ者のはずないじゃないですかねえ。

ニザ様の忠兵衛が封印を切るまでの心の動き、覚悟の演技はさすが。まだ始まったばかりなので、これから愛之助との応酬も深まっていくのではと思いました。欲をいうと、どうもニザ様と孝太郎さんって色っぽさが足りない感じ。たかたろさん、うまい人だと思うんですが、恋する傾城を見ているわくわく感がないのは、単に好みです。すみません。

 

« オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」@新宿FACE | トップページ | 下町ダニーローズ「不幸の正義の味方」@サンモールスタジオ »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」@新宿FACE | トップページ | 下町ダニーローズ「不幸の正義の味方」@サンモールスタジオ »