2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« KERA・MAP「キネマと恋人」@世田谷パブリックシアター | トップページ | ドラマ「きのう何食べた?」と「いだてん」第一部完 »

映画「アラジン」

201906_20190626205001  映画「アラジン」です。原作は「アラビアン・ナイト」の「アラジンと魔法のランプ」ですが(これも子どもの頃読んでかなり面白かった)、1992年のディズニー・アニメの実写版のかなり忠実な映画化。

 このアニメ版は、とにかくロビン・ウィリアムズ(吹替は山寺宏一)のランプの魔人ジニーの動きがスピーディで、表情豊か。初めて見たときは、ディズニーなのに、日本のアニメの影響が強いなあと思いました。アラン・メンケンの曲もよくて、オリジナル(ジャスミンはレア・サロンガ!)、吹替(アラジンは石井一孝、ジャスミンは麻生かほ里)ともに歌でも楽しめました。普及版のビデオが出始めた頃で、どれだけ繰り返し見たことか。

 ミュージカル版も成功していたので、評判のよいこの映画、とても楽しみにしていましたが、期待を上回る出来。アラジン(メナ・マスード)も王女ジャスミン(ナオミ・スコット)も、埃っぽいが活気のあるアグラバーの街に負けない濃い存在感で、画面に登場した時からぴったり。

201906_20190626205002

 ジャスミンは、アニメのときから、気が強くて頼もしい王女ですが、この映画ではさらに王位を継ぐために勉強し、堂々とした女性に描かれているのが今風です(の割には、冒頭、お金でモノを買うことを知らないのは、元のアニメでの動かせない設定なんでしょう)。二人が心を通わせていくエピソードが丁寧に描かれていているのもいいです。

ジニーのウィル・スミスの軽快さはさすが。アニメのジニーの魅力に、ダンスも加わって最強。「Friend Like Me」とか、王子の行進の決まり具合の心地よさが、アニメを思い出します。

一番ちがうのはジャファー。ディズニーアニメのヴィランの中でも、最強に近いと思うんですが、映画のジャファーのマーワン・ケンザリは、くりくりした目の美しいイケメンなんですよ。この人これから売れますね。アニメ版タイプのジャファーに未練はありますが、これはこれでいいかも。

(ところで、洞窟を出たところで、あると思っていたランプがないときのジャファーの Noooooo!って、いまだにうちの家族はみんな使うんですよ。吹き替え版はなーーいーー!って言ってました)

« KERA・MAP「キネマと恋人」@世田谷パブリックシアター | トップページ | ドラマ「きのう何食べた?」と「いだてん」第一部完 »

ミュージカル」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KERA・MAP「キネマと恋人」@世田谷パブリックシアター | トップページ | ドラマ「きのう何食べた?」と「いだてん」第一部完 »