2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 「ピカソとアインシュタイン」@よみうり大手町ホール | トップページ | 宝塚月組「夢現無双」「クルンテープ 天使の都」 »

團菊祭五月大歌舞伎「鶴寿千載」「絵本牛若丸」「京鹿子娘道成寺」「曽我綉俠御所染 御所五郎蔵」

1905kabukiza

  じゅふたんの丑之助襲名で話題の團菊祭五月大歌舞伎夜の部です。前方中央付近の席で、堪能しました。盛りだくさんだったので長いですよ。

ひとつ目は、「鶴寿千載」。昭和天皇即位の大礼を記念して作られた、筝曲の舞踊を令和への寿ぎとして、時蔵、松緑の大臣と女御を中心に、梅枝、歌昇、萬太郎、左近で華やかにおめでたく。珍しかったのは、筝も唄も、女性の方がほとんどだったこと(ただ声が少々小さかったような)。

2つめは、「絵本牛若丸」。牛若丸(丑之助)の陸奥への旅立ちのお話ですが、菊五郎劇団に、吉右衛門、時蔵、雀右衛門、松緑、海老蔵と出演者が濃すぎます。囃子方も、巳太郎さんの三味線、葵太夫さん、傳左衛門に、巳津也さんも!すでに評判になっていますが、吉右衛門さんが終始微笑み顔。丑之助が片足を上げる形が決まった後、さらににこやかになったりして、キッチ―見ているだけで楽しいです。

(先週の「ぴったんこカンカン」で、じゅふたんと菊之助を中心に、菊五郎ひーま、キッチーがゲスト、キッチ―は、自分が養父に連れてきてもらっていたという<かわいがられていましたね>東京會舘のドーバーの舌平目をじゅふたんに食べさせ、爺バカ<本人談>をからかわれていました。唯一の男の子の孫で、お顔も音羽屋より播磨屋似ですもんね)。

鬼一法眼三略巻(一条大蔵譚)」を知っていると、鬼次郎、お京、鬼一法眼、鳴瀬が出てきて、おおーと思います。お京と鳴瀬は、大蔵卿の命で、牛若丸の旅立ちを常盤御前に報告するために来たのだそうです。弁慶の菊之助、隈取が意外に似合っていてステキ。

丑之助、なかなか堂々としていて、立ち回りも見得もがんばって、かわいらしいです。最後に花道でくたびれた、と菊ちゃんパパに肩車してもらうのもご愛敬。満員のお客さんも大喜びでした。

3つめは、いよいよお目当ての菊之助「京鹿子娘道成寺」。シネマ歌舞伎で「五人娘道成寺」を見たことはありますが、舞台で見るのは初めて。今もっともこの演目を歌舞伎座でやるのにふさわしい、菊ちゃんの道成寺を楽しみにしていました。所化に、権十郎、歌昇、右近、米吉、廣松、男寅、鷹之資、玉太郎、左近

白拍子花子の花道の出の七三、上手の鐘を見る一瞬、執着の表情に凄みがあります。本舞台に出てからは、終始目の前で華やかな踊り。とにかく今の菊之助の美しさ、華やかさ、丁寧な舞踊、次々と変わる衣装、が目の前で繰り広げられて、目と心が鷲掴みされるようでした。今を盛りの歌舞伎役者の舞踊、すごい。

最後の白い衣装で、あ、今、と思った人に非ざる表情、そして鐘に上ります。ああ、あの顔をこの席から見られてよかった!

最初の方の、花子の拵えの時間稼ぎに、右近、米吉、歌昇たちが日替わりでことば遊びをしているようで、私が見た日は米吉の「まい」尽くしでした。時間は拵えの状況によって変わるようで、考えながらいうセリフもかわいらしかったです。

「ぴったんこカンカン」で、菊ちゃん、じゅふたん、安住さんが書いた茶色の自分の名前を使った松もはっきり見えました。

最後は、「曽我綉俠御所染 御所五郎蔵」2017年6月に仁左衛門の五郎蔵、左團次の土右衛門、雀右衛門の皐月、逢州 米吉で見ています。今回は、五郎蔵 松也、土右衛門 彦三郎、皐月 梅枝、逢州 右近、花形屋悟助 橘太郎。

この若い座組、よかった!松也と彦兄は声がよく、並ぶとそれぞれの個性が際立っていましたし(といっても最初の出の割台詞や対立はやや長い、両花道じゃなくて、土右衛門側は上手側の舞台に並ぶスタイル)、梅枝の述懐の長台詞もすーっと入ってくるのがさすが。右近もきれい。そして借金取り立てにくる橘太郎が達者で動きが面白く、また2幕では、土右衛門の手下たち、新十郎、左升、荒五郎、吉兵衛の4人が、台詞のキレがよく、4人そろっての雰囲気が面白くて、すごくよかったです。荒五郎さんは團蔵さんのお弟子。

この演目、後半はけっこうむちゃくちゃなストーリーながら、皐月と五郎蔵の、一種のすれ違いが切なく、五郎蔵の怒りもわかるような描き方がいいんですよね。團菊祭なんだから、海老蔵が五郎蔵で出るというのもありだったような気もしますが、松也がかっこよかったからいいや!

« 「ピカソとアインシュタイン」@よみうり大手町ホール | トップページ | 宝塚月組「夢現無双」「クルンテープ 天使の都」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

星に願いをさん、コメントありがとうございます。

さっそくご見物されたんですね。絵本牛若丸、思っていた以上に楽しい一幕で、盛り上がりました。菊五郎さんと吉右衛門さんが、お二人そろって歌舞伎界の最高峰の人間国宝、しかもお二人とも現役バリバリで「楼門五山桐」や「御存鈴ヶ森」を見せてくれるお二人だけに絵になっていましたね。

娘道成寺もほんとにすばらしかったです。今まで見た中で最長の舞踊の演目かも(関の扉はちょっとお芝居なので)。菊ちゃんの迫力と、所化のみんなの気楽な楽しさで、最後まで集中して楽しめました。

昼の部も楽しみです。

何と言ってもキッチー目尻の下がったお顔がお目出度い雰囲気を盛り上げます。嬉しさのあまりかあのキッチーがしどろもどろの口上、メロメロぶりが客席迄届いていましたよ(笑)人間国宝を2人も持つお孫ちゃんの威力や強し!

道成寺はもう菊之助さんの美しさ、艶やかさに尽きます。私、この演目途中で眠くなる時もあるんですが今回は終わり迄すっかりその魅力に取り憑かれた感じでした。時折鐘を見上げる目の色っぽいコト!久しぶりの菊之助さんの女方、やっぱり素敵。

そして最後の御所五郎蔵、一押しの彦様と松也さんの演目。彦様のお声と口跡の良さ、ウーンこれこれ、これを聞きたかったのよね〜とダンボの耳で見て聞いて、それに右近さんの美しさにもビックリ。梅枝さんも心のひだの奥にある哀しみが伝わってきてジーンときました。

音羽屋と播磨屋の両方の爺じに見守られて育つお孫ちゃんに幸あれ!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ピカソとアインシュタイン」@よみうり大手町ホール | トップページ | 宝塚月組「夢現無双」「クルンテープ 天使の都」 »