2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 三月大歌舞伎「盛綱陣屋」「雷船頭」「弁天娘女男白浪」(偶数日)<偶数日楽幕見追記あり> | トップページ | はじめての歌舞伎観劇ガイド »

大河ドラマ「いだてん」と「まんぷく」

201903_2   今年の大河ドラマ「いだてん」。クドカンがいよいよ大河の脚本を書くのはうれしいけど、まさかの明治以後、東京オリンピック前年にオリンピックモノとはあざとい、なんて思っていましたが、いやいや、最高です。無駄のない台詞に加え、構成力にますます磨きがかかったクドカンの脚本を、NHKが惚れきって映像化しているだけあって、とにかく映像もキャスティングもそれにこたえる役者さんの演技もすばらしい。

オープニングも凝っていて、絵はあの山口晃の、当時と現代が同居する洛中洛外図風の生き生きとした絵、映像は、ワンピース歌舞伎やケラ舞台の上田大樹、音楽は「あまちゃん」の大友良英。何度見ても飽きないオープニングです。

ドラマの始まりは明治の末、日本が初めてオリンピックに参加を決めるところから。日露戦争の勝利後、第一次世界大戦の前です。初のオリンピック代表の一人三島弥彦(生田斗真)はスポーツを楽しむ東大生で、その父は池田屋事件に関与した薩摩藩士ながら、維新後は県令や警視総監を歴任し、三島家は名家として洋風のお屋敷に暮らす、という、スポーツ界ではなく(というよりスポーツ界自体がまだ存在せず、一部の知識人の道楽という時代)、近代日本そのものが描かれています。

日本のオリンピック史に重要な役割を果たす東京高等師範学校校長の嘉納治五郎(役所広司)は、柔道の父として有名ですが、リベラルで国際感覚を持った紳士で(辛亥革命が起きたとき、清国からの留学生の学費を借金して肩代わりして、勉強を続けさせたりしてます)、こういう人が日本のスポーツの歴史の初期にいたとは。さすが役所広司、場面に重厚さを与えながらも、「乗れなかったよ」で笑わせてくれました。

主人公の金栗四三、全く知らなかったですが、熊本出身で素朴な外見ながら、勉学優秀で東京高等師範に進学しただけあって、冷静な自己分析の日記を残しているんですね。この四三を、われらが勘九郎丈が熱演。歌舞伎をやりながら、走り、体を絞り、顔つきまで変わって完璧な(たぶん)熊本弁。前から好きだけどもっと好きになりましたよ。

ドラマ全体がいいので、役者さんを挙げるときりがないですが、生田斗真、白石加代子の三島家、優しい兄がはまっている獅童、語り手でもある心地よいしゃべりの森山未来、こういう綾瀬はるかが一番好き、な綾瀬はるか。日本のドラマに慣れていて生き生きとしているシャーロット・ケイト・フォックス竹ノ内豊

視聴率は悪いそうですが、機会があれば人に勧めずにはいられない(←うざくてすいません)、いいドラマで、これからも楽しみです。視聴率なんかいくら悪くたって、そこそこ大河ドラマ見ている私には、もっともっとクォリティの低いドラマはいくらでもあったし。三谷幸喜の大河ドラマは、「新選組!」も「真田丸」も、本当に楽しませてもらっただけに、それに並ぶおもしろい「いだてん」、このままの調子で、最後まで行ってほしいです。

 

201903manpuku

  そしてもうすぐ終わる朝ドラ「まんぷく」。朝ドラは、主人公の職場の描き方が雑、そんなに甘いはずがない、という意見をよく見ますが(選んでみているのであまり比較はできない)。このドラマはそこを気にしたのか、発明するのがマッド・サイエンテストな長谷川博己だったせいか、とても丁寧に商品が生まれるまでを描いていて、面白かったです。チキンラーメンとオリジナルカップヌードル、けっこう食べちゃいました。

ただ夫が好きという普通の主婦を演じる安藤サクラのうまさ、だんだん仕草や発声が、大阪のおばちゃんに見えてきたのはさすが。主人公があまり強烈でないだけに、周りが個性的で楽しく、とくにコメディエンヌに徹して、古い価値観を主張しながらも愛すべき存在となったブシムス鈴さんの松坂慶子が秀逸で、「真田丸」の長澤まさみのきりちゃんと双璧なうざかわいいキャラでした。桐谷健太、牧瀬里穂、加藤雅也(こういう人だったんだ!若いころはワイルドだったのに)、要潤もよかった。いつも裏がありそうなイケメンのように見えた大谷亮介が、誠実な真一さんを演じきったのも、新機軸でしょう。

私が好きだったシーンは、まだホテルに勤めていたころ、ハナちゃんたちに「私ってべっぴん?」ときいて、「福ちゃん、そんなこと気にするの?」「私たちの学校、お嬢さん学校だったけど、福ちゃん貧乏だったでしょ?」「うん、びんぼうやった」「でも気にしてなかったでしょ」「うん、気にしてなかった」(回想「福ちゃんいつもお弁当おじゃこね」「うん、おかげで骨は丈夫やの」)「私たちはそんな福ちゃんが大好きだったのよ」というやりとり。福ちゃんの境遇に関係のない、持って生まれた明るさや善きものが表れていて、毎日、気持ちよくみられた半年でした。

 

« 三月大歌舞伎「盛綱陣屋」「雷船頭」「弁天娘女男白浪」(偶数日)<偶数日楽幕見追記あり> | トップページ | はじめての歌舞伎観劇ガイド »

クドカン」カテゴリの記事

テレビドラマ・バラエティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「いだてん」と「まんぷく」:

« 三月大歌舞伎「盛綱陣屋」「雷船頭」「弁天娘女男白浪」(偶数日)<偶数日楽幕見追記あり> | トップページ | はじめての歌舞伎観劇ガイド »