2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« ドラマ「元禄落語心中」「下町ロケット」「獣になれない私たち」 | トップページ | 「サムシング・ロッテン」@東京国際フォーラム »

十二月大歌舞伎「壇浦兜軍記 阿古屋」「あんまと泥棒」「傾城雪吉原」

201212kabukiza     今年の歌舞伎納めは、歌舞伎座夜の部、話題の阿古屋をやっと見ました。玉三郎さんの阿古屋はシネマ歌舞伎やEテレ「玉三郎かぶき女方考」で見ていて立派にきまっているし、阿古屋より二度と見られるかどうかわからない玉様の岩永を見たいし、ということで梅枝くん阿古屋です。

畠山重忠(彦三郎)につづき、岩永左衛門(玉三郎)が出てきます。

この岩永、人形振りというより、人形そのもの。首は胴の上に取り付けたみたいだし、袖が短くて体に比べて手が大きく見えるのも人形らしいです。眉が文楽の人形のように動くのって普通でしたっけ。鼻も丸く大きく、目は瞼の上にはっきり描いてあって、座っているときも見開いているようです。黄色い足袋の足は作り物ですが、その動きがまたものすごく人形。歩いたりします。

いよいよ遊君阿古屋(梅枝)登場。花道を歩く風情は3階からよく見えませんでしたが、すっぽんの見得ではやはり拍手。声も通り、凛として堂々とした阿古屋で、梅枝がこの大役に正面から挑んで一回り大きくなった姿を、彼の千穐楽で見せてもらった思いでした。豪奢な衣装に負けない、傾城の美しさを表現する表情をしていました。

琴責めの演奏も、どれも落ち着いて立派。胡弓の早弾きには、観客が拍手したくて前のめりになっているのを感じました。

舞台やや下手よりの梅ちゃんを見ながら、上手の岩永を見るのが忙しいのですが、人形なのでそんなに大きな動きはしません。私が見たことがあるのはシネマ歌舞伎の彦三郎(当時亀三郎)と、Eテレの玉三郎女方を語る、の勘三郎のごく短い場面ですが、もっと体にバネがあるような動きだったような気がします。岩永は阿古屋が好きで、あわよくば自分のものに、と思っていたような気がしていましたが、玉様の岩永はそこまでギラギラしたものは感じませんでした。

榛沢六郎(坂東亀蔵)と合わせて、舞台に絵のような役者しかいない阿古屋の世界、堪能しました。

2つめは、「あんまと泥棒」。あんま秀の市(中車)が仕事を終え文句を言いながら帰ってくると、泥棒(松緑)が入ってきて、金を出せと脅します。酒を飲んだり身の上話をしたり。最後はあんまに一杯食わされる泥棒。

舞台は夜で暗いんですが、中車のこってりしたあんまがユーモラスで、松緑も達者で楽しかったです。この二人、らくだでも共演していましたが、相性がいいんでしょうか。松緑に現代劇的センスがあるからかもしれません。あんまが最後の小判の上に座る場面が、先月の法界坊を思い出させて面白かったです。

最後は玉三郎さまの新作舞踊「傾城雪吉原」。雪の中、四季を踊る傾城。曲がよく、ひらひらする雪も美しくて、どんなにオペラでじっと見ても玉様美くしい。一人立つときはすらりとした玉様、本当にすてきでした。鼻だってすうーっとほっそりとしていて、岩永と同じ人間なんでしょうか。歌舞伎ってすごい。

« ドラマ「元禄落語心中」「下町ロケット」「獣になれない私たち」 | トップページ | 「サムシング・ロッテン」@東京国際フォーラム »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

星に願いを さん、毎度丁寧に読んでくださってありがとうございます。

私は梅枝1回でしたが、萬屋の阿古屋って、中村屋の揚巻に匹敵する快挙ですよね。同じ女方でも時蔵さんとはかなり持ち味が違っていて、本当にこれからが楽しみです。

あんまと泥棒、面白かったですね。猿之助と中車では、2015年に明治座でやっているのですが、明治座の動画がありました。https://www.youtube.com/watch?time_continue=45&v=lA8kwKDCL70

猿之助だと、この頃は今よりだいぶほっそりしているのもあって、すっきりした権太郎です。松緑さんの権太郎の方が人がよさそうです(笑)

今年はたくさん観劇できて幸せでした。読んでいただいて本当にありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

まりるさんの感想お待ちしてましたー。
私は冥土の土産(笑)を兼ねて玉様2回、コタさん、梅さん各1回づつ見ました。玉様はもう言わずもがな花道出てきた瞬間から観客の視線釘付け、見得も大拍手喝采👏孔雀の帯は定番の衣裳でしょうか?阿古屋の切なさと深い悲しみと景清やお腹の子に対する愛情が溢れていて、とにかく玉様の阿古屋冥土の土産だわ、と感激!

若いお二人も精一杯勤めていて好感持てましたー。個人的には梅さんの方が声もよく通り身体とお顔の細さがぴったりの感じでした。こうやって芸が若い役者さんに受け継がれていくのは大事だし素晴らしいです。福助さん、時蔵さんも万感迫る思いで「良くもここまで我が子が、、、」と胸一杯だったのではと、これは私の勝手な想像です。

あんまと泥棒、ふと思ったのが、中車&猿之助の従兄弟競演だったらどんな感じだったかなぁって事。お互いアドリブの言い合いでアイツより笑い取ってやるって舞台だったかもって思っちゃいました。でもそれじゃあ納涼の弥次喜多みたいになっちゃうかな(笑)

高麗屋襲名に始まり阿古屋で終わった今年の歌舞伎観劇。とっても充実してました。
しかもまりるさんのブログも面白くてタメになり、本当に感謝です!来年も宜しくです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ドラマ「元禄落語心中」「下町ロケット」「獣になれない私たち」 | トップページ | 「サムシング・ロッテン」@東京国際フォーラム »