2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 「マリー・アントワネット」@帝国劇場 | トップページ | NODA・MAP「贋作 桜の森の満開の下」@プレイハウス »

吉例顔見世大歌舞伎「楼門五三桐」「文売り」「隅田川続俤 法界坊」(2回目追記あり)「二代目吉右衛門写真展」

201811      歌舞伎座今月の夜の部は、猿之助の法界坊です。今日は予定していなかったんですが、3階の良席が出てたのでつい。

1つめは吉右衛門さん、菊五郎さんの「楼門五三桐」。やっぱり吉右衛門さんの五右衛門かっこいい!この歌舞伎座夜の部と来月の国立の吉右衛門さんの五右衛門を見ると、サイン入りブロマイドのプレゼントがもらえるそうですよ!楽しみ。菊五郎さんもシュッとして素敵でした。

2つめは雀右衛門さんの「文売り」。台詞と清元のかけあいが、台詞のいい雀右衛門さんに合っている、かわいい舞踊でした。

さて、6時前なのに30分の休憩でお弁当の後は、「隅田川続俤 法界坊」。ポスターのビジュアルだけでかなり期待してましたが、実際の猿之助法界坊はもっと髭で小汚く、せこくてでもかわいげのある坊主です。

シネマ歌舞伎で見た勘三郎さんの法界坊は、汗だくで走り回り、みんなをいじりまくり、亀蔵さんや笹野高史さんもはじけまくってて爆笑でしたが、猿之助はこずるいながらも飄々と身軽で、力の緩急がある感じ。他の役者は真面目にお家の重宝(鯉魚の一軸)を取り戻して吉田家再興とかやっているのに、ひとり観客を巻き込もうとするセリフで、観客が湧きました。紐を縛ったりモノをとったりする動作がほんとに滑らかで、よかったなあと思ったりして。

この人の芝居らしく、役者がみんなぴたりと好演。一軸と引き換えにおくみ(右近)を手に入れようとする源右衛門(團蔵)、要助を守る甚蔵(歌六)が重みを加えてくれてます。とくに歌六さんとの絡み、立ち回りはお互いに楽しそうでした。「播磨屋、いい形だねえ」なんて言って。「さあさあ」っていうのも、この二人だと濃いなあ、と。

おくみの母おらく(門之助)、番頭長九郎(弘太郎―今月も猿弥さんの不在を埋める活躍!)の安定さ、出番が多かったくんの活躍もさることながら、隼人の要助が、もともといい男でつっころばしにぴったり、台詞もよかったです(しかし、先月松竹座の雙生隅田川の松若なんですよね。正気に戻った班女御前に育てられたのに、なんでこんなに軟弱に育っちゃったんでしょう?! だいたい、2度も鯉魚の一軸無くすなんて―つか、1回目は梅若が鯉に目を入れて逃げられたんですから紛失ではないですが)。

いったんお話の結末がついた後、「双面水澤瀉」。隅田川の渡しまで来たおくみ要助の前に、もうひとりのおくみ(猿之助)が現れて、ほんものかをめぐって舞います。実は殺された野分姫と法界坊の霊が乗り移っていて…。

渡し守の雀右衛門さんも含めて、猿之助、右近と3人のきれいな女舞。猿之助はちょいちょい法界坊が現れます。右近の海老ぞりきれい。前場から一転明るく楽しく、最後は怨霊になって打ち出し。歌舞伎座で猿之助の舞踊での打ち出し、久しぶりで楽しい気分で帰途に就きました。

<2回目追記>

1週間後に2回めの夜の部、1階後方からです。「楼門五三桐」もじっくり、その前に見た吉右衛門さんの写真展を思い出しながら、やっぱり演じている吉右衛門さん素敵。前回わかってなかった歌昇、種之助も確認。「文売り」も、花道の出から、じっくり見られてよかったです

さて「法界坊」。全体に芝居がまとまって、息が合ってきた感じがして、より面白かったです。登場するだけで大拍手、ギャグにも笑いが起きます。最高の花道の引っ込み。細部を微妙に変えてて、隼人いじりもちょっとずつ変えてるのがサービス。

そして、大喜利の舞踊も展開がわかっている分堪能です。ああ楽しかった!

<二代目吉右衛門写真展@ミキモトホール>

歌舞伎座の前に、吉右衛門さんの写真集出版を記念した写真展に行ってみました。鍋島徳恭氏の写真を、等身大以上の大きさの手すきの伊勢和紙にプリントしたものが裏表で上から暗い空間にひらひらしているというもの。あの迫力あるきっちーだらけの部屋ですよ。

逆櫓、河内山、熊谷陣屋、寺子屋、碇知盛と、私でも見ている(吉右衛門さんでなくとも)作品ばかりですが、珍しい女方!と思ったのが、「法界坊」の双面のおくみでした。法界坊はド迫力で、この人が大きい声出したら怖そう。

無料ですし、ミキモトビル自体がステキなのでおススメです。「吉右衛門がやった役は、どれも吉右衛門のが最高になっちゃうからなー」とつぶやく声が聞こえましたが、たしかに、と思った私。

« 「マリー・アントワネット」@帝国劇場 | トップページ | NODA・MAP「贋作 桜の森の満開の下」@プレイハウス »

歌舞伎」カテゴリの記事

四代目市川猿之助」カテゴリの記事

コメント

星に願いをさん、遅くなってすみません。

昼の感想ありがとうございます。昼はがっつり菊五郎劇団なので、楽しみにしています。

法界坊は、日に日に進化しているようですね。私もまた見る予定がありますので、どうなっているかなとわくわくです。チケットの売れ行きも気になっています。

明日夜の部に行きますので予習出来ました、ありがとうございます😊
猿之助さんの舞台なので面白いに違いないと思っていますが、益々楽しみになりました。

初日には昼の部見ましたが昼も楽しかったですよー。久しぶりの梅枝さん、惚れ直しました!時蔵さんとそっくりでお声も良く通り台詞もスッキリ。そうそう初めて見る女形の又五郎さんも笑いを誘っていました。梅枝さん、もう阿古屋の猛特訓中でしょうか?

もし昼も観にいらっしゃったらまた私の感想も書かせていただきたいと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「マリー・アントワネット」@帝国劇場 | トップページ | NODA・MAP「贋作 桜の森の満開の下」@プレイハウス »