2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« NODA・MAP「贋作 桜の森の満開の下」@プレイハウス | トップページ

平成中村座「弥栄芝居賑」「舞鶴五條橋」「仮名手本忠臣蔵祇園一力茶屋の場」

201811       初めての平成中村座!@浅草寺境内、夜の部です。一度行ってみたかった念願の平成中村座で観劇。

チケットをもぎってから入り口に着くと、お寺に入るときのように靴を脱いで上がります。噂には聞いていたけど大きな提灯や幅の狭い舞台、後ろまで伸びた左右席、お大尽席に感動。

ひとつめは「弥栄芝居賑(いやさかえしばいのにぎわい)」。この座組みでは扇雀、芝翫が上置きで、中村屋や成駒屋のお弟子さんたちが、男伊達女伊達に並んでいるのがいいなと思いました。長三郎くんは昼の部がメインですが、中村屋のクリーム色(大和柿)の裃姿で兄弟そろって見られたのがかわいかったです。

役者が退場した後は、勘三郎さんの映像。知っている演目も多くて、この役がこんな風になるのか、と思うものもけっこうありました。

201811nakamuraza2つめは「舞鶴五條橋」。十七世勘三郎(俳名舞鶴)にあてて書かれた舞踊作品だそうで、その名のとおり牛若丸と弁慶の出会いの五條橋。

一場は、常盤御前(扇雀)に呼ばれた牛若丸(勘太郎)が、刀集めの所業をいさめられる場面。勘太郎くん、なりは小さいものの、花道を歩く姿は立派な役者。扇雀さんもよかったです。もらった笛の音が美しい。

201811nakamuraza2二場は福之助、虎之介が京の物怪の恐ろしさを噂する間狂言のような明るい場面。両人とも勘太郎の熱演に恥じないようにか、とくに福之助はおお、と思う好演でした。やっぱり舞踊はやっておかないとなんですね。

三場はいよいよ五條橋での出会いです。弁慶(勘九郎)、いつもより小さい劇場で花道からはみ出すかと見紛う大きさ、力強さ。それまでぼーっと見ていた目にカツが入ったように、これ見ただけでも今日来てよかった!と思いましたですよ。

そこからの立ち回り、全身を使っての激しいもので、弁慶は長い薙刀を自在に振り回しながら、たっぷり見応えのある立派なもの。勘太郎くん、すごいとひたすら感心。それにしても、勢いがあって情に厚くてなんとよい弁慶。いつか勘九郎の勧進帳を見てみたい、そのときの富樫は誰かな、なんて思ってしまいました。引っ込みで、飛び六方すると見せて普通に歩いて帰ったのがちょっと残念。

最後はお待ちかねの「仮名手本忠臣蔵七段目 祇園一力茶屋の場」。私でも3回見ていますが、やはり勘九郎・七之助で見たかった演目です。

勘九郎、役に合ったニンだと思ううえに、表情豊かで実直で身の軽い、かわいげのあるほんとによい平右衛門。久しぶりのお軽との邂逅と二人の情愛や、息の合ったやりとりが最高。お軽の七之助も美しく、ちょっと愚かなかわいさが魅力になっていて、最高でした。もうしばらく七段目見なくていいや。

前後しますが、由良之助は芝翫、吉右衛門、白鸚、仁左衛門に次ぐ由良之助役者でこの芝居ではいい収まりなんですが、大役だとさらにだみ声になっちゃうのが残念。私はこの方、狐狸狐狸ばなしの重善のような役の方が好きなんですよね。でもがんばって。

斧九太夫は大好きな亀蔵で、ちょっといたぶられるのを見るのが楽しく(すいません)、鷺坂伴内は山左衛門、三人侍が橋吾、いてう、鶴松、仲居の芝のぶはやっぱりどこにいても美しく堂々としていて芝居を盛り上げてくれますね。

休憩時間は二階席に上がって全体を眺めてみたり、靴を脱いでうろうろするのも面白かったです。

おまけ「独占密着!中村屋ファミリー」

ちょうどフジの中村屋ファミリーのドキュメントをやっていました。いつも面白いですが、今回は勘太郎・長三郎兄弟の平成中村座の演目の練習から入ったので、さらに興味深く。勘太郎の初日が終わって、先代芝翫夫人であるひいおばあさまが、涙しているのも見ものでした。

しかし、自分の幼い子供があんな大役をやるとなったら、親としては落ち着いてはいられず自分の役どころではなさそうなのに、10、11月と続く追善興行で大役ばかり、しかも公演の間は中4日、勘九郎、すごすぎます。いや、勘太郎たちの初舞台の桃太郎のときも、昨年の納涼の勘太郎の団子売りの時も思いましたが、今回はまた格別。

スペイン公演の連獅子での鶴松への厳しいダメだし、それをカバーする七之助。やー、いいもの見せてもらいましたよ!

« NODA・MAP「贋作 桜の森の満開の下」@プレイハウス | トップページ

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109992/67366120

この記事へのトラックバック一覧です: 平成中村座「弥栄芝居賑」「舞鶴五條橋」「仮名手本忠臣蔵祇園一力茶屋の場」:

« NODA・MAP「贋作 桜の森の満開の下」@プレイハウス | トップページ