2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

「通し狂言 名高大岡越前裁」@国立劇場

201811     国立劇場の通し狂言「名高大岡越前裁(なもたかしおおおかさばき)」です。チラシみたとき、なんか地味そう、11月は忙しいしどうしようと思ったんですが、かの有名な天一坊の話だよときいて、講談でも見るかもしれないし、と行ってまいりました。今月、歌舞伎座、平成中村座、南座、博多座と歌舞伎公演が多く、やや客席が寂しいときいていましたが、1階はさほど空席が目立つほどでもなく。そして、これも噂どおり、手堅い配役できっちりつくられた面白い通し狂言でございました。

始めの場面は、村の老婆お三(歌女之丞)に酒を持ってきた寺の小坊主法沢(右團次)が、お三の亡くなった孫が法沢と同じ生年月日、しかも将軍吉宗の御落胤であり、証拠の書面や刀もあるときいて、お三を殺し、寺の師匠も毒殺して、その罪を下男久作(彦三郎)になすりつけ、出奔します。

ここの右團次さんが面白い。はじめは雪の中酒好きの老婆に酒を届け優しく話をきいてやる青年なのに、話を聞くうちに、自分の出世の糸口と腹をくくる表情に迫力があります。いや、あの顔と声の人、おとなしく僧になる人じゃないですもんね。それにしても実質的に主役といってもよく、先月は松竹座で昼夜奮闘公演だったのに、今月も活躍です。歌女之丞さんがまたさすがの味。お酒がおいしそう。

法沢は、僧天忠(橘三郎)、大膳(梅蔵)、左京(東三郎)、そして九条関白家の浪人伊賀亮(彌十郎)を味方につけ、天忠が弟子天一を殺してその名をもらいます。一方、大岡越前(梅玉)は、天一坊を見るなり悪相と怪しく思いますが、再吟味を願っても聞きいれられず、謹慎の命を受け、無常門から死体を装って抜け出し、水戸藩主綱篠(つなえだ、楽善)に助力を求めます。

このあたりも面白いです。すました法沢がちょっと本性を現して逆に伊賀亮を引き付けるところ、天忠のいかにもの悪い坊主。そして、開演後1時間たっての、現代に生きる武士 梅玉さま。こんなに裃の似合う方がいらっしゃいましょうか。楽善さんも、力のこもった大家の大名として貫禄を見せてくれました。久作の恋人で出ていた梅丸が、綱篠の家臣主税も演じているのですが、花道を行ったり来たりで至近で見られて至福(かわいーい)。

無常門の場面も、万人の久保見杢四郎(橘三郎)が、奴にやつして駕籠をかつぐ家臣(秀調、男女蔵、彦三郎)の名をきくところ、義経千本桜、仮名手本忠臣蔵、菅原伝授手習鑑をネタにしたりしてくすり。

さて、再吟味でも伊賀亮の弁舌(この場面はたいへん!)で切り抜けた天一坊、越前は家臣をあちこち調査に出しますが決定打はなく、妻小沢(魁春)、嫡子忠右衛門(右近)と切腹しようとします。

浅葱幕が落とされると、白装束の3人。葵太夫さん(歌舞伎座とかけもちですやん)の義太夫に乗って、潔く死のうという越前たちにすがる池田大助の彦三郎。ここは右近ちゃんの健気なせりふと、梅玉さんと同じ角度での見事な切腹の所作。そこへ駆け込む秀調、男女蔵。

大詰は理路整然と天一坊を追い詰める大岡越前。悔し気な天一坊の表情も豊かですっきりとした幕切れでした。

新派「犬神家の一族」@新橋演舞場

201811       2度目の新派は、いよいよ水谷八重子、波乃久里子ご出演の、「犬神家の一族」です。お二人、私の「見なければいけない箱」に入っており、演目もあの犬神家だし、と思ってチケットとったんですが、実は新派130年の今年の新作だったんですね。この演目、新派と合うだろうと思ったんですが、まさにぴたり、新作だけあって舞台の呼吸や演出もスピーディでとてもよかったです。

私にとっては、1976年の角川映画が強烈な記憶です。といっても覚えているのは石坂浩二の金田一耕助、犬神松子の高峰三枝子くらいで、細部はよく覚えていません。高峰さんは全盛期は見ていないので、大スターとはこういうものか、と迫力に驚いた記憶があります。

お話は、戦後すぐ。一代で財を成した犬神佐兵衛の遺言をめぐり、3人の娘松子(波乃久里子)、竹子(宮崎摩純)、梅子(河合雪之丞)と、息子たちが争っています。遺言では、佐兵衛が引き取っていた恩人の娘野々宮珠世(河合宥季)と結婚した者が全財産を相続するとなっています。松子の息子佐清(浜中文一)は戦争で顔に傷を負い、白いゴムマスクをかぶっています。そして次々に殺人が起こり、そして佐兵衛の愛人だった青沼菊乃の息子静馬の存在と謎の復員兵が…。

若干複雑な人間関係や遺言の内容が過不足なく説明され、人物像がくっきりしていて場面転換もスムーズなので、すんなりドラマに入ることができてうまいです。我の強い三姉妹、すっきりした息子たち、若い世代の愛憎、過去の哀しいいきさつが、ときに回想シーンや吹き替えをつかって描かれていきます。

やはり波乃久里子さんの美しさ、存在感は別格。ドラマの脇役でしか見ていなかった方ですが、さすが、6代目菊五郎の孫、17代目勘三郎の娘、18代目の姉ですよ。また、出番は少ないですが、水谷八重子さんの独白の迫力、お年を言っては恐縮ですが、79才とはとても思えず。はじめ本編には絡まないのかしら、と思ったらば、で、劇中唯一の拍手の場面でした。八重子さん、今回初めて知ったんですが、先代八重子さんと、14世守田勘弥さん(玉三郎さんの養父)の娘なんですね。いずれも歌舞伎との縁が濃いこと。

雪之丞はやはり場面を華やかにしますし、警察署長の佐藤B作さんは、あて書きかと思うほどのうまい狂言回し。金田一耕助に、「あんた謎解きが遅すぎてたくさん死んだあと」なんてツッコミも最高です。喜多村禄郎の金田一も、見せ所はあまりないんですがはまっていました。佐清という重要な役どころを演じたジャニーズの浜中文一くん、やや古風な名前に似合わず今風のイケメンでしっかりした演技、軍で陸軍士官というには若いかなと思ったくらいで、よかったです。実力者ちゃんと売ってあげて、ジャニーズさん。

新派の役者さんが皆さんうまいので、河合宥季の珠世はもっとがんばって、と思いましたですよ。外見は美人で所作も美しいだけに、(歌舞伎クラスタとしては澤瀉屋贔屓なだけに)、ほんとにこれからセリフを聞かせてほしい、と思いました。

吉例顔見世大歌舞伎「法界坊」3回目

201811      今月最後の歌舞伎座夜の部です。一番いい席で堪能させていただきました。

吉右衛門さん、菊五郎さんの「楼門五三桐」も、近くで見るとこれぞ決定版、とかっこいいこと。歌昇・種之助の右忠太・左忠太も若々しくて素敵でした。見てすぐ五右衛門の舞台写真買いに行きましたよ。

さて、お目当ての「法界坊」。 前2回も十分面白かったですが、やはりお芝居全体のグレードが上がっていて、例えば鸚鵡の面白さはこうだったのか、と思えるくらいになっていました。そして、猿之助の法界坊が完成形になっていて、メリハリがよりきいて、聞かせるところ、見せるところ、役者の背後でちょっかい出すところのバランスがさらによくなっていました。お客の反応を見ながらよりブラッシュアップしたというか。舞台に出てくるたびに、黒くて汚いんですけど、ぴかーっとオーラを感じます。

近くで見て思ったのは、猿之助自身の現代劇での経験が、この演目に生きているということでした。3階や後方からみても、見得や軽やかな動きはじゅうぶん楽しいのですが、前方で見ると、細かい呼吸に、ストレートプレイの趣があってさらに面白く、さすが1等席(すいません、めったに1等でみないので)。

そして大喜利の舞踊の、法界坊・野分の踊り分けをじっくり。ほんとに今まで何を見ていたのかと思うくらいでした。

私は三代目の復活狂言を見ておらず、黒塚や奴道成寺等の舞踊を除くと、万野も相模も典侍局もお吉もいわば相手役、芝居で本当の猿之助の主役のものは、スーパー歌舞伎しか見ていないんです。

法界坊、ちょっと汚いけど、猿之助のユーモアのセンス、歌舞伎の技術、他の役者の魅力も引き出す演出の才能、舞踊の技量と、今の彼の実力を余すところなく見せてくれた演目でした。

舞台写真に、大喜利でおくみに襲い掛かる法界坊の霊のものがありましたが、表情と言い、左手の形といい、あの大怪我からこんなにも完璧に復活してくれて、とじーんとしました。

そうだ、やっと茶店の笑猿さん、大七の女中の段之さん、澤路さん、お蕎麦屋の澤五郎さんを確認。葛籠しょってたかっこいい人は、と思ったら吉兵衛さんでしたね(播磨屋はさすがお弟子さんたちもうまい)。そして京由さん、京純さんと、京屋は美形。

【追記】

実は、千穐楽も幕見に行ってしまいました。法界坊は途中、甚三登場くらいから。恋文のくだりや花道の引っ込み(←一番好きかも)、提灯、だんまり、おそば、小判、野分おくみの要助取り合い、落とし穴、立ち回り、傘の見得、宙乗り亡霊…ああ、こう見ると見せ場ばっかりじゃありませんか。観客の反応もよく、声もよく通り、大盛り上がり。

そして大喜利、四代目の自在な舞踊に笑ったり感動の拍手したり、舞台の四人、清元、義太夫、後見と皆の息が合って、恨みを残した亡霊なのに、明るい楽しい打ち出しに、この1カ月楽しかったなあ(忙しかったけど)。

ひとつ無理を承知で言えば、劇評がせいぜい5日目までの芝居で出てしまうのは仕方がないけど、今回の「法界坊」は中日過ぎた当たりのもので評価してほしい。皆初役で演出も初で、普通の演劇なら3週間稽古するような呼吸の必要なお芝居。そして、四代目は初めからキャラクターはできていたけれど、やはりお客の反応をみながらわかりやすくしたりのメリハリはどんどんよくなってきていました。これだけのもの、安易に吉右衛門や勘三郎と比べると…、なんて言ってほしくない、と思ってしまいました(←まあこれは贔屓のたわごとですが)。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

201811br       フレディ・マーキュリーとクィーンを、彼らのヒット曲とともに描く映画「ボヘミアン・ラプソディ」。私はクィーン、エアロスミス、キッスのロック御三家の中ではエアロスミスのファンだったのですが、「ボヘミアン・ラプソディ」が初めて買った洋楽のシングルレコードという世代ですからまさにど真ん中、絶対見たい!と思っていました。

当時、ミュージック・ライフなども見ていましたが、今ほどアーティストの私生活など知られておらず、知らないことが多くて新鮮でした。フレディにデビュー前からの恋人メアリーがいて、婚約していたのにゲイであることを自覚して別れ、しかし生涯の友人となったことや、恋人でマネージャーだったポールが、フレディと別れた後、彼を中傷していたのも、この映画で初めて知りました。

映画はフレディ(ラミ・マレック)が、ブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンドに入ってわりとすぐデビューし、キラー・クィーンが売れ、プロデューサーの反対を押し切って6分のボヘミアン・ラプソディをシングルカットし、一時ソロ活動をしますが、メンバーと和解して、ライブ・エイドで復活ステージを行い、そして、エイズで亡くなるまで。とにかくヒット曲をリアルタイムで聞いてきているので、ドルビーサウンドで聞くだけで最高。いい曲ばかりなんですよ。

4人とも曲を作りますが、ルックスがかわいくて人気だったロジャーが、いちばんはっきりモノを言いフレディとぶつかっていたのと、職人肌のように見えたブライアンが穏やかなのがやや驚き。ジョンはイメージ通りでした。

圧巻はなんといっても、ライブ・エイドのノンカットと見えるライブシーン。観客の引きは実際の映像、アップはエキストラだと思うのですが、違和感なく、フレディのパフォーマンスと、観客の興奮を描いていきます。

70年代、80年代のドキュメンタリーかと思うような映像、ファッション、セット。エジプト系で、キャリアのあるラミ・マレック、顔はさほど似ていないのに、スターのオーラとか純粋さとか、フレディそのものに見えてきます。他のメンバーも同じ。

メアリーのルーシー・ボイトンは、まだ24才ということですが、年を経て変わっていく姿が自然で、末おそろしいまでの女優だと思います。

タイトルバックでマイク・マイヤーズの名前を見つけてずっと探してたんですが、みている間はわからず。後からボヘミアン・ラプソディーのシングルカットに反対していたレイだとわかりました(サングラスだったし)。「ウェインズ・ワールド」では、彼がクイーンとエアロスミスのファンであることが明白だったので、この映画に出られて嬉しかっただろうな。

細かいケチをつけると、ポールと別れる雨のシーンは雨やりすぎとか、エイズと判明するのは実際にはライブ・エイドの後なので、その改変は情緒的過ぎる気はしますが、まあそんなことは関係なく、フレディとクィーンの魅力を伝えてくれる映画でした。

ところで、クィーンに最初に熱狂したのは日本、それも女性なんだそうです。先日のNHKのSONGSは、たった30分なのにいいに決まってるクィーンについて、語る人を出しすぎと評判悪かったですが、東郷かおる子さんが、「日本の女性がクィーンを見出した。女性にはハードロックよりも親しみやすかった。しかし、何よりも曲がいいからヒットしたのだ」と語っていらしたのが、その通り、と支持されていました。思い返すとその通り。クィーンのすばらしい楽曲はずっと残りました。

狂言「寝音曲」@水戯庵

201811_2         コレド室町のすぐ隣の福徳神社内地下にある「水戯庵」、能舞台レストラン・バーというかライブハウスということで、万蔵さんが出る日に行ってまいりました。

まだ新しく、高級和風レストラン・バーという風情の店内に入ると、目の前に能舞台!橋掛かりこそないですが、立派な老松(江戸時代の狩野派の絵師によるものだとか)がある本格的なものです。

2018112     お席によって、3500円から10000円(正面ソファ席)のチャージ+ワンドリンク、お食事も食べられます(2枚目の写真は公式サイトから)。

この日の演目は、万之丞さんの解説のあと、万蔵さんシテ、能村晶人さんアドによる「寝音曲」。太郎冠者の謡を耳にした主人は、自分に謡ってくれと頼みますが、面倒な太郎冠者は、酒がないと謡えないとか、妻の膝枕でないと謡えないとか難癖をつけます。起きて謡うと変な声。しかし何度も横になったり起きたりを繰り返しているうちに熱が入って、見事な謡と舞を見せます…。

と、シンプルなお話なんですが、終盤の声の入れ替わり、気分が乗っての仕舞が見事で大曲というものでしょう。盛り上がって終わる楽しい演目でした。

能楽堂は普通の劇場より近いと思っていましたが、このライブハウス、比べ物にならないくらいさらに声が響き渡ります。何より狂言役者の声が、体の芯を共鳴版にして響かせているのが伝わってきて、まあ迫力があること、声だけでうっとりでした。

万蔵さんは今「西郷どん」の三条実美でご出演ですが、イケメンながら愛嬌のある方、飄々とした晶人さんも味があっていい主人。万之丞くんがまたすくすく育ったいい声の、笑顔の素敵な好青年です(やはり「西郷どん」で若き明治天皇でご出演)こんな至近でゆったり見せていただいてありがたすぎ。

さてこの「水戯庵」、高級ホテルや大人向けの商業施設の近くに、日本の伝統芸能(しかも歌舞伎のように長くない)を見ながら上品な空間でお酒って!コンセプトがいいというより、上手すぎてうなります。リッチな外国人ですぐ賑わいそうです(まだ空いているようです)。

吉例顔見世大歌舞伎「お江戸みやげ」「素襖落」「十六夜清心」

201811kabukiza    歌舞伎座昼の部です。まずは「お江戸みやげ」

舞台は湯島天神の宮地芝居の芝居茶屋。常磐津の師匠文字辰(東蔵)は、養女お紺(右近)を金持ちの妾にしようとしていますが、お紺は人気役者栄紫(梅枝)と恋仲。そこへ常陸の国から反物を行商しに来たお辻(時蔵)とおゆう(又五郎)、ケチなお辻は酒好きのおゆうに勧められ、気が大きくなるからと断っていたお酒を飲んで、宮地芝居を見に行く気になります。美しい栄紫にぼーっとなったお辻は、座敷に栄紫を呼びますが、お紺とのいきさつを知ったお辻、一年分の売り上げ全ての入った財布を文字辰にやってしまいます…。

チラシもよく見ずに行ったので、始めこのイヤミなおばあさん誰だっけ、と思ったら東蔵さんで珍しい強欲ばあさん。トッキーお辻は若い頃は美貌だったのが、今やお金を堅実に貯めるだけが楽しみの未亡人に見えます。又五郎さんおゆうのお酒の勧めかた、酒好きの女方(笑三郎)の飲み方、お辻が飲み始めてからの杯の扱いや芝居に行こうとしているのにもったいながって飲むところなど、呑兵衛の気持ちがわかる演技が細かくていいです。

栄紫とお紺がほほえましいくらい惚れあっているのもいいんですが、栄紫とお辻が会うところ。酒で気が大きくなっているとはいえ、いざ座敷に役者を呼ぶとなると恥ずかしくなるお辻、しかし栄紫は初対面の田舎の年増にあくまで優しく、品よく接してくれます。それまでくすくす笑っていたのに、梅枝君の、はんなりしながらも芯の通った役の造形と、時蔵さんのかわいらしさに、ファンが贔屓の役者に会う気持ちに同化して、泣けちゃいました。

文字辰を納得させて、もう一度お礼を言いたいという栄紫と会うお辻。最後まで少しもだれず、皆好演で、とても楽しませてもらいました。

2つめは松羽目もの「素襖落」、初見です。主人(團蔵)の使いで伊勢参りに主人の伯父を誘いに行く使いに出た太郎冠者(松緑)。伯父は不在でしたが、姫御寮(笑也)が断るとともに門出の宴を催してくれ、太郎冠者はがぶがぶ飲み、次郎冠者(巳之助)と三郎吾(種之助)も舞います。太郎冠者は那須与一の話を舞い、姫に素襖をもらって帰ります。主人の下に帰ると、太郎冠者の様子を怪しんだ主人は素襖をつきとめ…。

松緑さん、出からややおバカな化粧です。この人もお酒好きだなあ。みっくん、たねくん、松緑と体のよく動く楽し気な踊りのよいこと。姫は踊ったり踊らなかったり、肩衣をつけていたりいなかったり、お家によったりしていろいろだそうです(松緑さんのブログ)。衣装は着物のチェックといい、袴の柄や色合いといい、素晴らしい衣装だなと思いました。

最後は「十六夜清心」。2016年に菊之助の清心 で見ていますが、やはり時蔵さんの十六夜と似合いなのは菊之助じゃなくて菊五郎おやじさんですよ。心中を決意するまで、求女(梅枝)の殺しに至るまでの心の動きの的確なこと。梅ちゃんも松也より求女に合ってる気がしました。

そして死に損なった十六夜を助ける百蓮(吉右衛門)のおおらかで粋な旦那の風情。

どんな悪党になるか、観客には見えないものの、どうせろくなもんじゃないな、ということだけ確信しての終演でした。私的にはやっぱり続きもみたいような。

そうだ、最初の場面では、右近の栄寿太夫としての初舞台の紹介がありました。喉を傷めて休演された日もあったと聞いていた延寿太夫もお隣。二刀流への果敢な挑戦と言われていますが、これからどこまでやるのかな。右近、たしかにいいお声だとは思うんですが、清元は斉唱部分もあって合わせるお稽古も必要でしょうし、ここからが役者として大事な時期ですからね。がんばって。

「セールスマンの死」@KAAT

201811            アーサー・ミラー脚本の「セールスマンの死」、有名な作品だし、風間杜夫主演だし、長塚圭史演出も凝っていそうだし、KAATだし、ということで行ってきました。

作品名しか知らず、何となくもっと抽象的な作品だと思っていたんですよ。見る日になって、検索してみたら、あ、ちょっと重そう、と思ったのですが、いや、実際、ずどーんと重い3時間15分でした。

もう古典(初演は1949年)なので以下ネタバレありで。

ウィリー・ローマン(風間杜夫)は63才のセールスマン。若い頃は羽振りがよかったのですが、最近は業績もよくなく、二代目社長にも冷遇されて荒れており、妻リンダ(片平なぎさ)は耐えてウィリーを支えています。長男ビフ(山内圭哉)は、高校時代はフットボールのスターだったのですが、高校を落第して推薦の決まっていた大学に入学できなかったときから、仕事も続かず、自立できていません。次男ハッピー(菅原永二)は仕事はしているものの、女をとっかえひっかえ。ウィリーはビフへの期待と失望が激しすぎて、彼とは言い争ってばかり。そして、新しい仕事のために昔の知り合いに出資を求めに行ったビフは…。

仕事とお金の子どもの悩み、70年前の作品とは思えない現代的な問題で、前述のとおり、思いがけずリアルな展開に、冒頭から重苦しい。成功やお金にこだわりすぎという感もなくはないですが、そこはアメリカ的な部分でもあるんでしょう。ウィリーのビフへの溺愛ぶりは、スポーツができて名門大学に推薦入学するかっこいい息子への父の愛という、よくアメリカ映画でもみるパターンです。

自分にも周りにも怒鳴り散らす風間ウィリー、さまざまに気持ちが変化するテンションの高い難役に正面から挑む風間さん。あくまでもウィリーを理解し、愛する妻の片平さんも好演。この二人といえば、「スチュワーデス物語」ですが、いや、途中で思い出したものの、役者さんってすごい、としかいえません。今回、2回公演の日はないんですが、さもあらん。

そして山内圭哉さんが出演するのは知っていたんですが、まさかのビフ役。関西弁の、もののわかったお役(「あさが来た」の番頭さんとか「花戦」の花僧を思い出す)が多い40代後半の彼が、彫の深い美形を活かしてふわふわヘアの34才の青年。関西弁のかけらも感じさせない明瞭な台詞回しで、父ウィリーとがっぷり四つ。とくにラスト近くに最後に父とぶつかり合う場面は、それまでもじっと舞台を注視していた観客がさらに引き込まれ、泣かされました。

ウィリーの回想に出てきて言葉を交わす兄(村田雄浩)、唯一の友人チャーリー(大谷亮介)、ビフの勉強を助けていたバーナード(加藤啓)と、その他のキャストも緻密な演出による演技で、すごい作品でした。客席に俳優の方がたくさん来ていた気がしますが、今年見るべき舞台のひとつ。

平成中村座「弥栄芝居賑」「舞鶴五條橋」「仮名手本忠臣蔵祇園一力茶屋の場」

201811       初めての平成中村座!@浅草寺境内、夜の部です。一度行ってみたかった念願の平成中村座で観劇。

チケットをもぎってから入り口に着くと、お寺に入るときのように靴を脱いで上がります。噂には聞いていたけど大きな提灯や幅の狭い舞台、後ろまで伸びた左右席、お大尽席に感動。

ひとつめは「弥栄芝居賑(いやさかえしばいのにぎわい)」。この座組みでは扇雀、芝翫が上置きで、中村屋や成駒屋のお弟子さんたちが、男伊達女伊達に並んでいるのがいいなと思いました。長三郎くんは昼の部がメインですが、中村屋のクリーム色(大和柿)の裃姿で兄弟そろって見られたのがかわいかったです。

役者が退場した後は、勘三郎さんの映像。知っている演目も多くて、この役がこんな風になるのか、と思うものもけっこうありました。

201811nakamuraza2つめは「舞鶴五條橋」。十七世勘三郎(俳名舞鶴)にあてて書かれた舞踊作品だそうで、その名のとおり牛若丸と弁慶の出会いの五條橋。

一場は、常盤御前(扇雀)に呼ばれた牛若丸(勘太郎)が、刀集めの所業をいさめられる場面。勘太郎くん、なりは小さいものの、花道を歩く姿は立派な役者。扇雀さんもよかったです。もらった笛の音が美しい。

201811nakamuraza2二場は福之助、虎之介が京の物怪の恐ろしさを噂する間狂言のような明るい場面。両人とも勘太郎の熱演に恥じないようにか、とくに福之助はおお、と思う好演でした。やっぱり舞踊はやっておかないとなんですね。

三場はいよいよ五條橋での出会いです。弁慶(勘九郎)、いつもより小さい劇場で花道からはみ出すかと見紛う大きさ、力強さ。それまでぼーっと見ていた目にカツが入ったように、これ見ただけでも今日来てよかった!と思いましたですよ。

そこからの立ち回り、全身を使っての激しいもので、弁慶は長い薙刀を自在に振り回しながら、たっぷり見応えのある立派なもの。勘太郎くん、すごいとひたすら感心。それにしても、勢いがあって情に厚くてなんとよい弁慶。いつか勘九郎の勧進帳を見てみたい、そのときの富樫は誰かな、なんて思ってしまいました。引っ込みで、飛び六方すると見せて普通に歩いて帰ったのがちょっと残念。

最後はお待ちかねの「仮名手本忠臣蔵七段目 祇園一力茶屋の場」。私でも3回見ていますが、やはり勘九郎・七之助で見たかった演目です。

勘九郎、役に合ったニンだと思ううえに、表情豊かで実直で身の軽い、かわいげのあるほんとによい平右衛門。久しぶりのお軽との邂逅と二人の情愛や、息の合ったやりとりが最高。お軽の七之助も美しく、ちょっと愚かなかわいさが魅力になっていて、最高でした。もうしばらく七段目見なくていいや。

前後しますが、由良之助は芝翫、吉右衛門、白鸚、仁左衛門に次ぐ由良之助役者でこの芝居ではいい収まりなんですが、大役だとさらにだみ声になっちゃうのが残念。私はこの方、狐狸狐狸ばなしの重善のような役の方が好きなんですよね。でもがんばって。

斧九太夫は大好きな亀蔵で、ちょっといたぶられるのを見るのが楽しく(すいません)、鷺坂伴内は山左衛門、三人侍が橋吾、いてう、鶴松、仲居の芝のぶはやっぱりどこにいても美しく堂々としていて芝居を盛り上げてくれますね。

休憩時間は二階席に上がって全体を眺めてみたり、靴を脱いでうろうろするのも面白かったです。

おまけ「独占密着!中村屋ファミリー」

ちょうどフジの中村屋ファミリーのドキュメントをやっていました。いつも面白いですが、今回は勘太郎・長三郎兄弟の平成中村座の演目の練習から入ったので、さらに興味深く。勘太郎の初日が終わって、先代芝翫夫人であるひいおばあさまが、涙しているのも見ものでした。

しかし、自分の幼い子供があんな大役をやるとなったら、親としては落ち着いてはいられず自分の役どころではなさそうなのに、10、11月と続く追善興行で大役ばかり、しかも公演の間は中4日、勘九郎、すごすぎます。いや、勘太郎たちの初舞台の桃太郎のときも、昨年の納涼の勘太郎の団子売りの時も思いましたが、今回はまた格別。

スペイン公演の連獅子での鶴松への厳しいダメだし、それをカバーする七之助。やー、いいもの見せてもらいましたよ!

NODA・MAP「贋作 桜の森の満開の下」@プレイハウス

201811sakura    久しぶりのNODA・MAP、「贋作 桜の森の満開の下」です。昨年の納涼歌舞伎の歌舞伎版 を初めて見てから、NODA・MAPで見るというのは得難い経験と言えましょう。しかも1年ちょっとという短い間をおいて。

設定もあらすじも登場人物も、もちろん同じです。しかし、台本は全然違うのかなと思うくらい、印象が違いました。

まずこの舞台の印象からいうと、色彩が美しい。衣装や小道具が、平面的な折紙のような鮮やかな色。衣装の質感もいいです。そして、桜の花の大きさ、降る花びらの多さ。幕にも平たくも使われる布の美しさ、柔らかさ、動きの美しさ。舞台の前に作ったスロープも効果的に使われていました。

今回、東京、地方と上演され、パリ公演を経ての凱旋公演だったためか、先行でもF列、実質3列目のほぼセンターという良席だったので、舞台の質感をよく味わうことができました。

古代をイメージした寓話的な世界、芸術家の葛藤と芸術の呪術性、少数派の国の消滅と、個人と社会というテーマをうまくミックスさせてかつエンタテインメントと、野田秀樹の傑作のひとつというのはよくわかりました。

キャストは、ヒダの国に弥勒菩薩を彫るために行き、夜長姫(深津絵里)に魅せられる耳男(妻夫木聡)、、名人を殺して名人としてヒダに行くマナコ(古田新太)、後にヒダを亡ぼし王になるオオアマ(天海祐希)、オオアマに恋してしまう夜長姫の妹早寝姫(門脇麦)オニになる青名人(大倉孝二)、同じく赤名人(藤井隆)、オニのエンマ(池田成志)、ハンニャ(秋山奈津子)、耳男の耳を切り落とすエナコ(村岡希美)、ヒダの王(野田秀樹)、女王アナマロ(銀粉蝶)。

個性的で華がある実力者ばかりの濃密な芝居。深津絵里は年齢不詳な若さと深さがあって、1幕はたしか深津絵里のはずだけどほんとに、と確かめたほど。天海祐希は男役出身のいいところが出て、まっすぐ立った姿勢がりりしくまた、スタイル抜群でほんとにきれいでした。門脇麦は、「フェードル」とは打って変わって豊かな声で夜長姫の妹らしく、野田さんの演出力を見た思い。男性陣は言うまでもなく濃い面々。毎度ながら、アンサンブルの動きが美しく、声もよく、見ていて楽しいです。的場佑太さん、桃太郎よかった!

さて、1989年の初演以来、4回上演されているこの作品ですが、パンフレットの上演記録を見ると、キャスティングによって、並び順が違うんです。歌舞伎版では、もっと耳男と夜長姫が際立っていて、相対的にオオアマと早寝姫の関係や、マナコの比重が低かったような気がします。言葉遊びやギャグは今回の方が面白かったんですが、物語のテーマは3階で見た歌舞伎の方が強かったような。すいません、今日の芝居をけなすつもりは全くなくて。ほんとにそういう印象なのかどうか、シネマ歌舞伎で見てみたいです。

(しかしあのとき、勘七染は、朝の一部から重い役で出た後で夜毎日これやってたなんて、やっぱり尋常じゃないな)

吉例顔見世大歌舞伎「楼門五三桐」「文売り」「隅田川続俤 法界坊」(2回目追記あり)「二代目吉右衛門写真展」

201811      歌舞伎座今月の夜の部は、猿之助の法界坊です。今日は予定していなかったんですが、3階の良席が出てたのでつい。

1つめは吉右衛門さん、菊五郎さんの「楼門五三桐」。やっぱり吉右衛門さんの五右衛門かっこいい!この歌舞伎座夜の部と来月の国立の吉右衛門さんの五右衛門を見ると、サイン入りブロマイドのプレゼントがもらえるそうですよ!楽しみ。菊五郎さんもシュッとして素敵でした。

2つめは雀右衛門さんの「文売り」。台詞と清元のかけあいが、台詞のいい雀右衛門さんに合っている、かわいい舞踊でした。

さて、6時前なのに30分の休憩でお弁当の後は、「隅田川続俤 法界坊」。ポスターのビジュアルだけでかなり期待してましたが、実際の猿之助法界坊はもっと髭で小汚く、せこくてでもかわいげのある坊主です。

シネマ歌舞伎で見た勘三郎さんの法界坊は、汗だくで走り回り、みんなをいじりまくり、亀蔵さんや笹野高史さんもはじけまくってて爆笑でしたが、猿之助はこずるいながらも飄々と身軽で、力の緩急がある感じ。他の役者は真面目にお家の重宝(鯉魚の一軸)を取り戻して吉田家再興とかやっているのに、ひとり観客を巻き込もうとするセリフで、観客が湧きました。紐を縛ったりモノをとったりする動作がほんとに滑らかで、よかったなあと思ったりして。

この人の芝居らしく、役者がみんなぴたりと好演。一軸と引き換えにおくみ(右近)を手に入れようとする源右衛門(團蔵)、要助を守る甚蔵(歌六)が重みを加えてくれてます。とくに歌六さんとの絡み、立ち回りはお互いに楽しそうでした。「播磨屋、いい形だねえ」なんて言って。「さあさあ」っていうのも、この二人だと濃いなあ、と。

おくみの母おらく(門之助)、番頭長九郎(弘太郎―今月も猿弥さんの不在を埋める活躍!)の安定さ、出番が多かったくんの活躍もさることながら、隼人の要助が、もともといい男でつっころばしにぴったり、台詞もよかったです(しかし、先月松竹座の雙生隅田川の松若なんですよね。正気に戻った班女御前に育てられたのに、なんでこんなに軟弱に育っちゃったんでしょう?! だいたい、2度も鯉魚の一軸無くすなんて―つか、1回目は梅若が鯉に目を入れて逃げられたんですから紛失ではないですが)。

いったんお話の結末がついた後、「双面水澤瀉」。隅田川の渡しまで来たおくみ要助の前に、もうひとりのおくみ(猿之助)が現れて、ほんものかをめぐって舞います。実は殺された野分姫と法界坊の霊が乗り移っていて…。

渡し守の雀右衛門さんも含めて、猿之助、右近と3人のきれいな女舞。猿之助はちょいちょい法界坊が現れます。右近の海老ぞりきれい。前場から一転明るく楽しく、最後は怨霊になって打ち出し。歌舞伎座で猿之助の舞踊での打ち出し、久しぶりで楽しい気分で帰途に就きました。

<2回目追記>

1週間後に2回めの夜の部、1階後方からです。「楼門五三桐」もじっくり、その前に見た吉右衛門さんの写真展を思い出しながら、やっぱり演じている吉右衛門さん素敵。前回わかってなかった歌昇、種之助も確認。「文売り」も、花道の出から、じっくり見られてよかったです

さて「法界坊」。全体に芝居がまとまって、息が合ってきた感じがして、より面白かったです。登場するだけで大拍手、ギャグにも笑いが起きます。最高の花道の引っ込み。細部を微妙に変えてて、隼人いじりもちょっとずつ変えてるのがサービス。

そして、大喜利の舞踊も展開がわかっている分堪能です。ああ楽しかった!

<二代目吉右衛門写真展@ミキモトホール>

歌舞伎座の前に、吉右衛門さんの写真集出版を記念した写真展に行ってみました。鍋島徳恭氏の写真を、等身大以上の大きさの手すきの伊勢和紙にプリントしたものが裏表で上から暗い空間にひらひらしているというもの。あの迫力あるきっちーだらけの部屋ですよ。

逆櫓、河内山、熊谷陣屋、寺子屋、碇知盛と、私でも見ている(吉右衛門さんでなくとも)作品ばかりですが、珍しい女方!と思ったのが、「法界坊」の双面のおくみでした。法界坊はド迫力で、この人が大きい声出したら怖そう。

無料ですし、ミキモトビル自体がステキなのでおススメです。「吉右衛門がやった役は、どれも吉右衛門のが最高になっちゃうからなー」とつぶやく声が聞こえましたが、たしかに、と思った私。

「マリー・アントワネット」@帝国劇場

201811ma     リニューアルした帝国劇場での初めての観劇、ミュージカル「マリー・アントワネット」です。原作は遠藤周作「王妃マリー・アントワネット」、脚本ミヒャエル・クンツェ、音楽シルヴェスター・リーヴァイ、初演は2006年、東宝が制作し、その後韓国、ドイツ、ハンガリーでも上演されたヒット作。初演の演出は栗山民也さんですが、今回はロバート・ヨハンソン。主要登場人物がかなり入れ替わっていて、脚本自体が大幅に変わってるようでした。

お話はフランス王妃マリー・アントワネット(花總まり)の下にアメリカ独立戦争からフェルゼン伯爵(古川雄大)が戻った頃から、首飾り事件、革命、一家での逃亡の失敗、断頭台まで。アントワネットに反発する町の娘マルグリッド・アルノー(ソニン)を中心に、革命新聞を書くジャック・エベール(坂元健児)、革命を裏から扇動するオルレアン公(吉原光夫)によって、革命側も描かれます。

このあたりのストーリーは、「ベルサイユのばら」でお馴染みで(原作の遠藤周作の本が1979年出版、ベルばらは1972年連載開始なので、ベルばらはこの本を参考にしていないんですよ、さすが池田理代子先生)、シンプルながら傾斜で見やすいセット、豪華で凝ったドレス、市民たちの力強いアンサンブル、王家周辺と革命派たちの丁寧な描写で密度の濃いミュージカルでした。首飾り事件が要領よく説明されていたのには感心(実は、ベルばらでも描かれていたこのエピソード、王妃は購入を断ったのに何でスキャンダルになったのか、これまでよくわからなかったんです)。

キャストが皆さん歌が素晴らしいうえに熱演。ソニンの怒りに突き動かされている娘、フェルゼンへの思慕、癖のあるオルレアン公の吉原光夫、おっとりぷっくりながらアントワネットを愛する国王ルイ16世の佐藤隆紀。アントワネットの豪華な衣装を担当するローズ(彩吹真央)と鬘のレオナール(駒田一)がいいスパイス。

花總まりのアントワネットはもちろん美しく、役には合っているんですが、ちょっと曲が多くてたいへんそうだったのと、古川フェルゼンとのバランスがやや難しいと思いました。花總まりがいくら若々しくても、とても同世代には見えなくて、若い男に迷っている妻。「王妃でなければあなたと逃げる」と歌いますが、いやいや、たとえ庶民でもこんなかわいい幼子置いて、男と逃げちゃまずいでしょ、と思っちゃって。まあ、花總まりはいいミュージカル女優だとは思いますが、私にとってはすごく見たい人ではないんだな、きっと。

しかし上記のとおり、よくできたプロダクションで、もっと間をおかずに再演されてもいいなと思いました。

神田松之丞講談漫遊記vol.2「赤穂義士伝 安兵衛特集」@神奈川県民ホール

201811     松之丞講談漫遊記と題した独演会ツアーです。会場で知ったお題は「赤穂義士伝 安兵衛特集」。わあ、PARCO歌舞伎「決闘!高田馬場」の安兵衛だ。

とにかく今大人気の松之丞、出だしから盛大な拍手と掛け声。機嫌よくマクラもなめらか。安兵衛の出身地 新潟県新発田(そうなんだ!)で読んだときの話で爆笑。

本題は3席。まず「安兵衛駆け付け」。安兵衛、剣の達人ながら、前半というか大半は酒浸りのダメ男です。もちろんPARCO歌舞伎の幸四郎さん、それに長屋のババアは萬次郎さん、謹厳な伯父様は錦吾さんを思い浮かべながら、前半は面白く、後半は勢いに感心しながら。安兵衛の襷はやはりトレードマークなんだな。

2席めは「安兵衛婿入り」です。安兵衛の駆け付けてからの活躍を見ていた赤穂藩士堀部弥兵衛の妻は、ぜひ娘の婿にしたいと安兵衛を探します。この奥方が夫に語る安兵衛の助太刀が秀逸。安兵衛が藩主浅野内匠頭とお目通りする場面では、内匠頭を梅玉さんに脳内変換。

休憩後、第3席「荒川十太夫」は、安兵衛を介錯した武士の後日談です。切腹の場の安兵衛が立派で、あの酒浸りのダメ男が、助太刀、婿入りによって、人間として成長し、武士の本懐を遂げて、名誉ある侍として死んだことがわかり、感動します。全体に静かな語りで引き込まれ、泣けました。歌舞伎の「大石最後の一日」を思い浮かべながら、です。

ということで、独演会での連続ものならではの読みぶりの変化や深さがあって、とっても満足。こんなに毎日さまざまなお題を読みながらも、2時間近く、たった一人で、これだけのものを見せてくれて、いささかのよどみもない松之丞さん、ほんとにすごいなあ。

201811pen    会場には、「講談入門」やCDのほか、最近出たばかりのPen+ 『完全保存版 1冊まるごと、神田松之丞』、を売っていたんですが(サイン会もありました)、この会場で買えるなんて思ってなくて、すでに買っちゃいましたよ。

このムック、松之丞のインタビューや座談会、プロデューサーの見た松之丞の軌跡等があって、読み応えたっぷり。講談界の系列や講談師のお名前もわかります。

注目したのは、木ノ下歌舞伎の木ノ下裕一さん、狂言の茂山童司さんとの鼎談。お二人とも見たことないんですが、やっぱり行かなくちゃ。

(追記)

その後、録画してあった「第48回NHK講談大会」を見ました。毎年放送されていたのでしょうが、ついぞ目に入ったことがなかった番組です。松之丞以外の講談を見たことがないものですから、ちょっと見てみよう、と。

まず神田陽子さんの「与謝野晶子の生涯」。戦いもなく世間話のようですが、この方、なかなかの迫力です。女性管理職のような貫禄。一龍斎貞心さん「大名荒茶湯」(私が今まで講談に抱いていたイメージに最も近かった)、真打に昇進した神田蘭さん(←この方、明るい美人の姐さんで好きだ~社交ダンスが得意で、チャチャチャも踊ってました)、山緑さんの二人の紹介をはさんで、松之丞さんの師匠神田松鯉さんの「大田道灌」、松之丞が単行本で対談していた人間国宝一龍斎貞水「文化白波鋳掛松」というラインナップ。

松鯉さん、見た目はちょっと強面。この太田道灌という話は「みのひとつだになし」の逸話であまり面白くなかったんですが、ちょっとしたくすぐりもよく、この人で連続物等もっと聞いてみたいと思いました。一龍斎貞水さんはさすが、味わい深く、どんな分野でも名人というのはすごいな、と。

いずれの皆様も当然ながら、声も滑舌もきもちよくて、言葉のひとつひとつがくっきりと聞こえてきます。で、松之丞が異色の講談師という理由もわかった気がしました。

最近、ミュージカルが私の好みの芯だとしたら、そこから歌舞伎、ストレートプレイ、コント、落語、講談と言葉の芸術の方向が好きなんだな、と思います。ちなみに逆方向は、宝塚、オペラ、バレエ、と、言葉なしの音楽方面に向かっていきます。決まってないけど。

(追記)

12月18日の「なんでも鑑定団」、堀部安兵衛の手紙が出るというので、久しぶりに見てみたら、立派なほんもの!安兵衛は当初から仇討ちを主張していたそうで、四十七士の総意で仇討ちをすることなどが、立派な筆跡で書かれていて、保存状態も良好。

忠臣蔵が史実だとは思っていましたが、あの安兵衛が、(生涯についての解説も概ね相違なく)、実在の人物だということがひしひしと感じられ、縁あって養子となったが故に仕えた主君の仇討ちの先頭に立っていた安兵衛、と思うと、手紙を見るだけで泣けてきましたよ。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »