2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 「おもろい女」@シアタークリエ | トップページ | 「男の純情」@紀伊国屋ホール »

芸術祭十月大歌舞伎「宮島のだんまり」「義経千本桜 吉野山」「助六曲輪初花桜」

201810  十八世勘三郎七回忌追善の歌舞伎座夜の部です。

1つめは「宮島のだんまり」。だんまりの代表的な演目で、(だんまりの名のつく演目は「音羽嶽だんまり」以来です)。平家の赤旗をめぐって厳島で繰り広げられる派手なだんまり。華やかな皆さんで見るのに忙しいです。

主役は傾城後の袈裟太郎で、傾城の引っ込みを見せる扇雀さん。実はこの時点では筋書を買っておらず、1階後方席だったので扇雀さんの引っ込みの足元まで見えず、また「傾城の引っ込み」というのを知らなくて、(やっぱりめったにやらないからへんな六方なのかな)って思ってほんとにごめんなさい。

好きだったのが、水色の衣装の派手な奴団平の隼人、白拍子の種之助、相模五郎の歌昇錦之助、巳之助、高麗蔵ほか大勢出ていて楽しかったです。

2つめは、勘九郎の狐忠信と玉三郎さま静御前の「義経千本桜 吉野山」。勘九郎が美しい、ときいていて、ほうと思っていたらば、たしかに本当に美しい二人でした。玉様は絵から抜け出たような美しさ、勘九郎の踊りは気持ちよく、前にも見たはずなのに、何を見ていたんだか…。巳之助の早見藤太も生き生きとしていてとてもよかったです。

さて、いよいよ「助六曲輪初花桜」。まず、筋書で(←最近買ってないのでうれしい)、傾城のチェック。宗之助、鶴松、芝のぶ、千壽、玉朗。やっぱり芝のぶさんが、台詞も、座っているときの表情もいい。この傾城が並んでいるの、長時間なので、気を抜いたりするとわかるんですよね。

客に飲まされて酔った揚巻(七之助)が花道から登場。。七之助の美しさ、全身のバランスの良さ。豪華な衣装にもうっとりします。

そして妹分白玉(児太郎)と、男伊達を連れた意休(歌六)が出てきます白玉付きの振袖新造に猿くんを発見(大阪には行かなかったのね)。歌六さん、左團次さんと比べて若干憎たらしさに欠ける感じはしますが、素敵。揚巻の意休への悪態も気持ちいいです。

ようやく助六(仁左衛門)登場。かっこよくないはずはありません。スラリとした立ち姿。ああ助六の衣装、すっきりといいのです。

くわんぺら門兵衛(又五郎)、福山のかつぎ(千之助)、朝顔仙平(巳之助)。又五郎さんもほぼ初役とのことですが、この人がこういう風に出てくるの、ほんとに楽しい。千之助は初日以来だいぶよくなったというウワサの大役。巳之助も吉野山に続きよかったです。

白酒売新兵衛(勘九郎)。兄には見えないという声もありましたが、)よく見れば素っ頓狂な助六に対する常識人の兄、何となくここまででお疲れの見える助六に比べ、力のみなぎる勘九郎が、舞台の上では押しているかにみえました。股くぐりはとても楽しく艶之丞(坂東亀蔵)は出落ちだし、通人(彌十郎)はニンではないんでしょうが、勘三郎さん追悼のセリフが観客サービス。

彌十郎さんに泣いたという話も聞いていましたが、私がジンときたのは、この後揚巻と玉三郎さまの母満江の出。私が歌舞伎を見始めたごく最初の頃、勘三郎、玉三郎、仁左衛門の「籠釣瓶花街酔醒」をシネマ歌舞伎で見なかったら、こんなに歌舞伎を見るようになってはいなかったと思うその玉三郎、仁左衛門と、勘三郎の息子たちが4人で舞台にいます。玉ニザと堂々と、対峙する二人。ああ、なんとよい兄弟(この台詞のよい若い人はだれ、と思ったのも籠釣瓶の治六を演じていた勘九郎<当時勘太郎>との出会いでした)。

助六、今見る歌舞伎の中では古いものだけに、のんびりした台詞回しや間合いだなあとは思いますが、とにかく登場人物が多くて華やか。歌舞伎らしさというか、歌舞伎でなければ成り立たない演目だと思います。出演者は多くとも、華やかな舞台の主役はごく限られた役者。若い頃のニザ様を知るファンには、ちょっと老けた助六だったかもしれませんが、本当にこの座組みで見られてよかったです。

いつか勘九郎の助六が見られんことを(「矢の根」とか「暫」とか「鳴神」とか「勧進帳」だって見たい!)

« 「おもろい女」@シアタークリエ | トップページ | 「男の純情」@紀伊国屋ホール »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

星に願いをさん、コメントありがとうございます。

佐倉義民伝のラストは、わかってみていないと、?でしたね。勘九郎の上様はかっこよかったでしたが。

勘三郎さん襲名公演、勘七兄弟もニザ様も大奮闘でした。今月の夜は、チケットとれるかの心配から始まったんですが、無事に昼夜見られて達成感です。来月は初めての平成中村座、楽しみです。

追記です今日昼の楽日観に行って来ました。2回目です。
これは素人の本当に単純な印象なのですが、酒呑童子の勘九郎さん、前シテの時もうちょっとオーバーなくらい弾けてオモロくした方が後シテとの違いが出て面白かったのではないかな?と思いました。それに声がちょっぴり掠れて聞こえるところがあったような、、、。お疲れだったのかな?

佐倉義民伝は話的には良い演目だと思うんですが、舞台がナニセ暗い(笑)、最後にあれだけの豪華な大道具準備してるんだったら子別れをもっとコンパクトにしても良かったんじゃない?コスパあんまり良くないよねって気がしました。

あくまでも歌舞伎素人の単純な印象ですから。失礼しました!(笑)

私も昼、夜両方観ましたが全体的に華やかで顔ぶれのみならず衣裳も煌びやかな演目が多く目の保養が出来ました。

勘九郎さん、大河で体を絞っているのか細くなった感じでした。昼夜全く違う役で出演した歌六さん、演じ分けの巧さはさすがです。 佐倉義民伝は暗くて悲しい話ですが白鴎さんとの掛け合いはベテランお二人のあうんの呼吸で引き込まれました。でも最後が、えっ、こんな終わり?苦笑してしまいました。

そしてニザ様、カッコ良すぎですが年齢とあのスリムな体を考えるとお疲れではないのかなと余計な心配してしまいました。でもやっぱりカッコ良すぎ!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「おもろい女」@シアタークリエ | トップページ | 「男の純情」@紀伊国屋ホール »