2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 「シティ・オブ・エンジェルス」@新国立劇場 | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎「操三番叟」「俊寛」「幽玄」 »

ジュリア・カジェ「なぜネット社会ほど権力の暴走を招くのか」 池田信夫「日本人のためのピケティ入門」

201809sauver_les_medias       パリ政治学院准教授という経済学者ジュリア・カジェ氏の「なぜネット社会ほど権力の暴走を招くのか」 という長い題名の本です。原題は「Sauver les médias. Capitalisme, financement participatif et démocratie」、英語では「Saving the Media: Capitalism, Crowdfunding, and Democracy」ですから、メディアを救う―出資、クラウドファンディングと民主主義って感じですかね。読む前は、ネット社会における一部の声高な意見が、実際以上に多数派になってしまうとかいう話かな、と思っていたんですが、実際の内容は、健全なメディアである新聞の衰退をどう救うかという話。時流に乗っかりすぎていますよね。

もう少し言わせてもらうと、この本の表紙!いくら著者がモデルのような美人だからって(しかもあのトマ・ピケティ博士の妻です)何ですこれ。帯はカラー写真ですよ。フランスのAmazonで見たら、赤いシンプルな表紙でした。

201809sauver_les_mediasさて、内容に戻りますと、ネット社会になり、記事の再掲コストが限りなく低くなる中、新聞の広告収入と購読者は減り、取材して記事を書く新聞記者は減少していることから、メディアは明らかに弱体化しています。経営基盤が脆弱となった新聞社は新興の富豪に買収され、その支配を受けていきます。健全なメディアを保持するためには、政治的・資本的な中立と、経済基盤が不可欠であるとする著者は、当初の寄付者とその相続人の影響を抜きがたい財団の欠点を補うために、クラウドファンディングを活用したメディア会社を提唱します。

政治的な意思決定における情報開示は決定的に重要です。現在、さまざまな情報が政府や地公体のwebサイトにあるとはいえ、忙しい市民がそれを全て把握することは不可能です。公表情報を選別・編集し、社会の実態を取材し、分析するメディアの役割がどれほど重大か。どんな問題でも、正確な真実がわかれば、多くの事柄を正しく判断することができると、私は思います。

そのためにメディアが本当に重要な役割を果たしていることはいうまでもないのですが、著者の示す実情によると、確かに、メディアの危機は深刻です。私たち、重要なニュースと娯楽としての情報がフラットに並ぶネットニュースに、つい依存してしまいますが、やっぱり新聞を読まなくちゃ。

著者が主な題材とするフランスの個別のメディアの名前には疎くて、ルモンドやリベラシオン以外はぴんとこないところもありましたし、正直いって、後半のメディアに対する経済基盤提供策については、そんなにガバナンスがうまくいくかしら、という疑念もあって、あまり興味はわかなかったんですが、前段の分析はなかなか興味深く、示唆に富んだ本でした。タイトルはちがうけど(←やはりそこ)。

(追記)

201809       ついでに、著者の夫であるトマ・ピケティ(上記の本についても要領を得た冒頭の一文を寄せていました)について知りたいと思って、紹介本を読んでみました。アゴラを主宰する池田信夫氏によるたった77ページの、「日本人のためのピケティ入門―60分でわかる『21世紀の資本』のポイント」です。

冒頭のQ&Aで、ピケティの主張のおおよそがわかります。この本も相当ダイジェストですが、さらにざっくり言うと、各国の一次データを分析したら、資本主義の下で格差は広がるので、国際的にしっかり課税すべきだ、という感じでしょうか。

経済学的にいうと、資本収益率r>経済成長率g により、資本を持てる者の方がさらに利益を得ていき、格差が広がるということですね。

この本が優れているのは、あまり理論的な説明がないというピケティについての経済学的な書評であるソローの議論を紹介していることと、日本経済についての説明があるところですね。

« 「シティ・オブ・エンジェルス」@新国立劇場 | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎「操三番叟」「俊寛」「幽玄」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「シティ・オブ・エンジェルス」@新国立劇場 | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎「操三番叟」「俊寛」「幽玄」 »