2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 来日ミュージカル「エビータ」@シアターオーブ | トップページ | 今井良「テロ vs 日本の警察-標的はどこか?」 »

歌舞伎鑑賞教室「日本振袖始」@国立劇場

201807         歌舞伎鑑賞教室、いつもは金曜の社会人向けの日に行くのですが、今回は通常回。1階席は、高校生でいっぱいでした。

「歌舞伎のみかた」坂東新悟。普段女方ですが、長身で袴姿もりりしく、美声なので説明も聞きやすいです。今日の説明は主に用語と鳴り物。見得は若干迫力に欠けますが、女方の姿勢の説明はさすが、袴でもたおやかな姫に見えました。途中出てきた捕り手のセリフがいいな、と思ったら、猿三郎さんでしたよ。ワンピース、博多座のあと、ちょっと一息ですね。

次の拵えの都合か、演目の解説は映像でしたが、「感想をSNSで#歌舞伎みたよ とつけて発信してね」というのは、ワンピース歌舞伎のパクリだな、と思いつつ、今時です(その割にはパネルの前で写真撮ってる学生は少なかったですが)

演目は、初役で時蔵が岩長姫を務める「日本振袖始」。美しい岩長姫が八岐大蛇となって生贄の稲田姫(新悟)を呑み込んだ後、稲田姫の恋人素戔嗚尊(すさのおのみこと、錦之助)と戦い、稲田姫は宝剣で 大蛇の腹から出てくる、というもの。

生贄の悲しみを踊る稲田姫、竹本に乗っての美しい舞で酒を飲む岩長姫。八岐大蛇をどう表現するのかと思ったら、同じ隈取、衣装で7人出てきたんですよ!あの金の衣装で、かわいいったらありゃしない。そして時蔵さん、隈取の役は珍しいそうですが、初役なのが意外なくらい、姫の華やかさと、大蛇の迫力を兼ね備えた適役でした。

その大蛇と対する錦之助、さすがかっこいいです。華やかな立ち回りは、鑑賞教室としても、学生さんにアピールしたんじゃないでしょうか。

« 来日ミュージカル「エビータ」@シアターオーブ | トップページ | 今井良「テロ vs 日本の警察-標的はどこか?」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

星に願いをさん、こんにちは。

鑑賞教室、学生さんは大多数が歌舞伎初めてでしょうから、どんな演目をやるか、毎回ほんとにいろいろですけど(登場人物が少ないのは共通か)、この「日本振袖始」は、1部での説明も丁寧だったので、わかりやすくてよかったと思います。

隈取楽しいですよねー。猿之助さんのドキュメントでよく舞台裏の隈取の化粧の場面を映していますが、わずかな時間でまったく別の存在になるのがすごいと思います。

時蔵さんと錦之助さん、ふだんそんなに似ているとは思わないんですが、チラシの写真、すごくよく似ていると思いました。

この間の木曜日に見に行きました。

シネマ歌舞伎で玉さまのこの演目を見てウワッ!これは是非もう一度見たい!と思っていたんです。

新悟さんを舞台で見るたびにサディちゃんの姿 がチラつき、いかんいかん、これはワンピじゃないと心の中でかぶりを振りながら軌道修正してました(笑)

時蔵さんの八岐大蛇、あの隈取りの効果も充分、迫力ありましたねー。歌舞伎を見始めた頃は隈取りにどうも馴染めず違和感を感じてしまう事もありました が、今では隈取りがあるからこそ面白い!と思うまでになりました。洗脳されちゃいましたね(笑)錦之助さんも二枚目振りが健在で見得もしっかり決まってました。やっぱり兄弟、よくお顔が似ています。あ、もちろん八岐大蛇の隈取り前のお顔ですけどね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎鑑賞教室「日本振袖始」@国立劇場:

« 来日ミュージカル「エビータ」@シアターオーブ | トップページ | 今井良「テロ vs 日本の警察-標的はどこか?」 »