2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 白石加代子百物語アンコール「牡丹灯籠」@シアター1010 | トップページ | 「グーテンバーグ!ザ・ミュージカル」@新宿LIVE »

七月大歌舞伎「源氏物語」大詰幕見

2018072      今年も七月の歌舞伎座は海老蔵奮闘公演、夜は「源氏物語」通しです。とにかく人気で、チケットは昼夜完売。せめて幕見、と思ったら、2幕開始前に行ったのに、発売直後に完売したそうで、大詰だけ見ることになりました。1幕1時間20分、2幕50分、大詰30分の、30分のみ。

朱雀帝(坂東亀蔵)が弘徽殿太(魁春)に、光源氏を明石から呼び戻さなければと言っているところからです。亀蔵、彦兄が出てないのに珍しい。魁春さんの降ろし髪は珍しく、ちょっと班女御前みたいで素敵でした。

光源氏(海老蔵ーちょっと面やつれした感じもしますが美しい)が登場し、アンソニー・ロス・コンスタンツォ、ザッカリー・ワイルダーの美しい歌が聞けました。30分しかないから聞けないのかと思ってたのでうれしかった!歌詞がわからないのは、芝居としてはやや残念(←義太夫はともかく竹本はわかって聞いていないくせに)。

源氏が帰ってくることになり、祝いの踊り。鷹之資が一際キレのよい踊りを見せると聞いていましたが、たしかに楽しげで、もっと見ていたいと思わせてくれました。必要以上に高い舞台装置の上に上ってしまって、上からは足しか見えない状態になっちゃいましたが。

代わりに前で踊っていた村娘の右若ちゃんに注目。源内侍役でも活躍だったそうですが、源内侍のエピソード好きなので、残念でした。

カーテンコールには、玄くんも。大きくなったなー。

実は源氏物語は大好きで、ストーリーはよくわかっているので、次に海老蔵がやることがあれば見たいと思ったことでした。

« 白石加代子百物語アンコール「牡丹灯籠」@シアター1010 | トップページ | 「グーテンバーグ!ザ・ミュージカル」@新宿LIVE »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

星に願いをさん、通しでご覧になったんですね。いいな。私は日にちを迷っていたら、あっという間に完売になってしまいました。海老蔵と勸玄くんのファンは多いんですよ。

昼の部は太閤記ものですが、三法師は、十二代團十郎さんが、初お目見えで出た役で、父の十一代團十郎さん(当時海老蔵)が、日陰の身だった息子をいい役でお披露目したのだと、関容子さんの「海老蔵そして團十郎」に書いてありましたhttp://mariru.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-92eb.html
作品はちがいますが、その三法師で勸玄くんが出るんですよ。それに気づいていたら、チケットとったのに、残念です。楽しんできてくださいね。

先日見に行きました。

海老様、綺麗は綺麗でしたが私としてはちょっと違和感がありました。

心の闇を表現するオペラだそうですが何故そこにオペラじゃなくてはいけないのか、、しっくりこなかったというのが正直なところです。

ある人のブログにいつも歌舞伎を見るお客さんは「光源氏は見ない」と言う人が多いにもかかわらずチケットは完売なんですよね、と書いてありましたが、解る気がします。

今度昼の部も見に行くのでそちらに期待です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七月大歌舞伎「源氏物語」大詰幕見:

« 白石加代子百物語アンコール「牡丹灯籠」@シアター1010 | トップページ | 「グーテンバーグ!ザ・ミュージカル」@新宿LIVE »