2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 映画「マディソン郡の橋」 | トップページ | 日経私の履歴書 草笛光子さん »

大河ドラマアンコール「風林火山(2007)」

2017    昨年4月から放送されていたBSの大河ドラマアンコール「風林火山」、2007年の作品です。6月、猿之助強化月間((笑)から見始め、途中録画の抜けなどもありましたが、今月の最終回まで見ました!

「新選組!」もそうですが、2000年代は「どうぶつ奇想天外」を家族で楽しんでいたので、この時期の大河はほとんど見ていなかったんですね。内野聖陽も亀治郎も知らなかったし。紅白でGACKTがあの謙信の扮装で出てきたのがかっこいいけど異様だな、と思った記憶があります。

お話は、武田信玄(亀治郎)の隻眼の軍師山本勘助(内野聖陽)の武田家への士官から、川中島の戦いでの死までを描く戦国ものです。全体に男臭いドラマで、信玄の父信虎(仲代達也)、家臣千葉真一、加藤武、高橋和也、高橋一生、竜雷太、田辺誠一、今川家の谷原章介、伊武雅刀、そのほか松井誠、小日向文世、永島敏行等、画面が男くさいこと。

戦国武将とその家来を入れると、登場人物は多く、細かく見ていくとその後売れた人も多くて、昔からNHKはいいキャスティングしているな、と思います。個性的なおじさん役者たちを見るには楽しい大河でした。

しかし、ドラマとしては、中盤の(井上靖の原作小説では中心の)、信玄の側室由布姫(柴本幸)に対する勘助の思慕のくだりが決定的につまらないんですね。ストイックなまでに役作りをしている内野聖陽に対して、当時新人女優の由布姫の拙さ。なんでこんなに熱くかっこいい勘助が由布姫にという感がぬぐえません。そしてよく言われているらしいのが、佐藤隆太の妙な使い方。暗くて彼のよさを殺しているようで、ずっと出てるわりには意味不明でした。

ただし、GACKTが出てきてから、今のゲームやアニメ人気を先取りしたようなメイクとざんばら髪の美形謙信で、それなりに見てて面白かったです。ミスター大河、緒形拳の軍師がまたちょうどいい存在感に抑えていたところがすごいと思いました。

さて、亀治郎。これがドラマというか映像初出演ですよ。プロデューサーが「NINAGAWA十二夜」を見て決めたという話もありますが、そんなまさか。30才そこそこで図々しいけど魅力的な中年女を演じたあの舞台を見て、信玄にキャスティング、というのが信じられません。NHKに「亀治郎の会」の相当コアなファンがいて、何とか彼をメジャーにしたいと画策したのかなと想像しちゃいます。まあ、伝統芸能枠では、和泉元彌や橋之助(現芝翫)、海老蔵等が大河に主演してますが。

当時の亀治郎の評判はかなり悪いといっていいでしょう。大河ファンからは、見たことのない歌舞伎役者が大げさな演技で浮いている、とか、ブサイクだとか、カピバラみたいだとか(ショック!)。

若い頃はちょっと声の出し方もへんに見えるんですよね。何より、当時まだ女方が中心で華奢な亀ちゃんと、大柄で表情の乏しい由布姫の取り合わせが、なんとも。一応英雄色を好む設定で、由布姫も信玄を憎みながらも愛し…っていうのがかなり無理がありました。

しかし、中盤からは、徐々に貫禄が増していき、勘助とのツーカー感も気持ちよく、川中島前に出家した頃には、異様な凄み。「カメ流」には、スタッフと仲良くなって、カメラさんもよく映してくれたと書かれていましたが、そうかもと思えました。そうなる背景には、香川照之が、よろしくとあいさつしてくれたり、こまめにアドバイスくれたりしたそうで、猿之助はたびたび彼への感謝を書いてます。

そして、キャストをよく見ると、その後も共演したり、なかよくしている役者さんがいます。佐々木蔵之介(←この蔵さん、ほんとに合ってていい役です)、高橋一生(このドラマではそんなに目立ってはいないんですが、亀治郎は「カメ流」で、長いキャリアと実力をひけらかさない、難しいことをさらっとやる人、と絶賛しています)、佐藤隆太、池松壮亮、ワンピースの市瀬秀和、嘉島典俊。嘉島演ずる弟との別れは、1年間演じてきた絆を感じる熱いものでした。とにかく、この「風林火山」がなかったら、今のような猿之助の活躍はなかったか、もっと小粒なものになっていたでしょう。

その後の亀治郎=猿之助は、映像でも違和感なくしかし個性を発揮できる俳優となり、(まだ見ていない作品もたくさんありますが)「超高速!参勤交代」の吉宗は気品と包容力のある将軍だし、「花戦さ」は猿で我儘な秀吉だし。驚いたのは最近見た「龍馬伝」の龍馬暗殺下手人今井信郎役。幕末や明治の写真で見る、小柄で淡白な容貌ながら凄みのある日本人そのもので、あの画面からほとばしる異様な殺気、同じくらいの質量感のある従弟香川照之とのにらみあいはゾクゾクしました。

さて、「風林火山」では、父上、段四郎さんも天皇役でちょっとだけ出ているんですが、特筆すべきは関東管領を演じた左團次さん。享楽的で自分勝手な役柄にはまっていて(すいません)、意外に美形で最高でした。

« 映画「マディソン郡の橋」 | トップページ | 日経私の履歴書 草笛光子さん »

テレビドラマ・バラエティ」カテゴリの記事

四代目市川猿之助」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109992/66519492

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマアンコール「風林火山(2007)」:

« 映画「マディソン郡の橋」 | トップページ | 日経私の履歴書 草笛光子さん »