2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 壽初春大歌舞伎「箱根霊験誓仇討」「七福神」「菅原伝授手習鑑 車引 寺子屋」&「特別展 高麗屋のコリャイイや」 | トップページ | 初春歌舞伎公演「通し狂言 世界花小栗判官」 »

壽初春大歌舞伎「角力場」「口上」「勧進帳」「相生獅子・三人形」

201801  高麗屋三代襲名興行夜の部、幸四郎襲名はこれを見なくっちゃ、の勧進帳でございます。

1つめは「双蝶々曲日記 角力場」、見るのは初めてです。大阪の人気力士濡髪長五郎(芝翫)と、素人角力の放駒長吉(愛之助)との勝負、濡髪を贔屓にしているボンボン与五郎(愛之助)、いい仲の吾妻(七之助)、恋敵郷左衛門(錦弥改め幸右衛門)のお話。

人々が濡髪の勝負を見に角力場にわちゃわちゃ入っていくところなど、どの場面も生き生きとしていて、楽しい狂言でした。

当初猿之助が与五郎だったそうですが休演のため、愛之助が二役となり、出ずっぱりなので、実質愛之助が主役に見えます。与五郎が、いわゆる上方のつっころばしで、柔らかな愛嬌、贔屓の濡髪のことをほめられて気前よく金をやるところなどかわいらしくて。いつか「廓文章」を見たいと思いました。猿之助だったら、どんな与五郎になったのやら。放駒も、気のいい若者で、濡髪に対して虚勢をはるところなどほほえましく、こちらも魅力でした。

芝翫の濡髪は大きくほんとに強そうながら鷹揚な力士で、似合っています。ただ、そんな立派な濡髪が、吾妻を郷左衛門に身請けさせないようにと、何だかあまり役に立たなそうな放駒に相談するのが不思議。放駒にしてみたら、いきなり無理な注文されるは、さっきは八百長だったと言われるはで、かわいそう、と思ってしまうところが、ちょっと愛之助ひいきすぎますかね。私、あらすじを勘違いしていて、この二人がもっと派手に争う(もっというと濡髪が放駒を殺めてしまう)のかと思っていたので、急に終わってびっくりしました。また落ち着いて見たい演目でした。

お次は「口上」。藤十郎さんの仕切りで歌舞伎座の舞台いっぱいに役者さんが並びます。これだけいろいろなお家が並ぶと、裃の色もとてもきれい。その中で高麗屋三代はほんとに皆さん見目麗しく、華やかで立派でした。皆さんがそれぞれに高麗屋とのゆかりやお祝いの言葉を、ふさわしい長さで述べるのが面白いんですが、ああ、きっちーってば、白鸚さんにも一言!とか、さすが梅玉さん、中締めでバランスのとれた内容だなとか、高麗蔵は37年前に新車で同時襲名だったのか、とか、1人分あいてるのは、ほんとは澤瀉屋を代表して猿之助も大好きな染さんに向けて面白いことを言ったんだろうな(でも口上はけっこう負担がありますから仕方ないですね)とか、私なりに堪能しましたですよ。

(中村兄弟はこの中では若手なだけに、私が見たときにはほんとに短かったんですが、千穐楽のときには、七之助が、あーちゃんにいには弁慶からくさや(「大江戸りびんぐでっど」ですね)までやれる芸の広さ、とか、勘九郎が、白鸚さんが中村兄弟の二人桃太郎で、幸四郎が勘太郎兄弟の二人桃太郎で、同じ犬の役をしてくれたので、今度孫がやるときには染五郎に犬をやってほしいと、話してたそうです。一回限りの面白さですね)

それから高麗屋も成田屋や澤瀉屋と同じ柿色の裃と鉞の髷なんですね(あれかわいくて好きです)。澤瀉屋は團十郎家の弟子筋だからわかるんですが、高麗屋も七代目幸四郎が九代目市川團十郎の弟子だったからなんですね。今や弟子筋という感じはしませんが。

さていよいよ「勧進帳」です。これに備えて、オペラ座公演の團十郎さんの勧進帳で内容を復習してきました。

まずは富樫(吉右衛門)の登場。大きく、姿も声色も美しい最高の富樫です。舞台に並んだ囃方も特別な感じがして、みているこちらも高揚します。

義経(染五郎)一行の登場。テレビの特番での稽古映像では、ちょっと大丈夫かと思ったんですが、さすが、毎日の舞台を経て、落ち着いた若き美しい義経、舞台写真買っちゃいました。そういえば、能の安宅関では、義経は子どもなんですよね。

四天王は鴈治郎、芝翫、愛之助、歌六というぜいたくさ。歌舞伎役者の実力というか、基本なんだなと思ったのは、いつもはんなりと愛嬌のあるお役の多い鴈治郎さんの力強い山伏振り。

そして、この弁慶に一際思い入れのあるという幸四郎の弁慶。ハスキーな声が富樫と拮抗するにはやはり不利ですが、豪快さとか力強さというより、ひたすら誠実な弁慶。

番卒が義経を疑い、早い緊迫感のある展開、義経を打擲する勢いに、そこまでするならと感じ入った富樫の決意を、見事に演じる吉右衛門さん。

酒の饗応の楽しいやり取り、美しい舞、そしてまた急ぎ立つ一行、やりきって額の汗を光らせながら、最後の花道の引っ込みと、長唄、囃方のすばらしさもあって、勧進帳のよさをあらためて認識した気がしました。

(でもやっぱり幸四郎には、仁左衛門さんの当たり役をやってほしいな)

最後は舞踊の演目が二つ。「相生獅子」は、扇雀、孝太郎の女方の獅子ものということですが、あでやかな舞で、あの手に持ってたのが獅子なのか。蝶々についてるあの棒が「指金」で、指金の由来というのが面白いな、などと思いながら、見ておりました。しかし扇子をもつ踊りというのは難しいんですね。

二つ目は「三人形」。鴈治郎の若衆、又五郎の奴、雀右衛門の傾城の踊り。やっぱり又五郎さんは、ミスター奴だな、お上手だな、と思いながら見てました。

ということで、たっぷりな高麗屋襲名興行でした。

« 壽初春大歌舞伎「箱根霊験誓仇討」「七福神」「菅原伝授手習鑑 車引 寺子屋」&「特別展 高麗屋のコリャイイや」 | トップページ | 初春歌舞伎公演「通し狂言 世界花小栗判官」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

四代目市川猿之助」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 壽初春大歌舞伎「箱根霊験誓仇討」「七福神」「菅原伝授手習鑑 車引 寺子屋」&「特別展 高麗屋のコリャイイや」 | トップページ | 初春歌舞伎公演「通し狂言 世界花小栗判官」 »