2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 齋藤芳弘「亀治郎の肖像」 | トップページ | 劇団民藝「『仕事クラブ』の女優たち」@三越劇場 »

十二月大歌舞伎第一部「源平布引滝 実盛物語」「土蜘」

201712   十二月の歌舞伎座は三部制、第一部は愛之助の「実盛物語」です。私の持っている歌舞伎の主な演目のあらすじの本では、海老蔵と故富十郎のこの角度の写真が載っていて、骨太の義太夫ものと楽しみにしておりました。「物語」というのは、実盛さんのお話、というわけではなくて、実盛が小万の腕を切るところを物語るところがみどころだからなんですね。

   この演目、「源平布引滝」の三段目で、二段目は、「義賢最期」です。「義賢最期」の最後に、源氏つの白旗を持って去った小万と、義賢の遺児(のちの木曽義仲)を宿して落ちのびた葵御前がまた出てきます。

百姓九郎助(松之助)小よし(吉弥)夫婦のところにかくまわれている葵御前(笑三郎)。九郎助は、娘小万の息子太郎助と、源氏の白旗を握った女の腕を川で拾って帰ってきます。平家方の詮議の実盛(愛之助)と瀬尾十郎(片岡亀蔵)がやってきて、葵御前の子が息子なら殺すといいます。しかし、実は実盛は源氏に心を寄せる武将でした…。

この実盛が、立派で情愛もある武将、くっきりとした化粧が愛之助に似合います。義太夫に乗った人形振りの場面も、身体にばねがしかけてあるような気持ちのよい動き。実は愛之助が古典歌舞伎をやるのを見るのは初めてでしたが、魅力的な役者だなあと改めて思いました(あ、ニザ様に似てる、と思った瞬間がありました)。

笑三郎さんの品のある奥方、門之助さん(小万)のほどのよい情愛の表現、瀬尾の郎党の猿三郎さんもいて、この2カ月四代目の事故もあって、ワンピース歌舞伎関係のブログなどけっこう見ていたので、何となく澤瀉屋の皆さんがたった1週間でこういう演目でいいお芝居しているのに感動しました。

実盛の相方の瀬尾が悪役と見えて…のまさかの太郎助の祖父。亀蔵さんの人間味にじんときます。最後の「平馬返り」、やや平べったいながら、見事に返りました。この瀬尾の平馬返りって有名なんですね。亀蔵のお兄さん市蔵など、いろんな方がやっているようです。

吉弥・松之助夫婦も文句ないし、子役も大活躍、人情味と義太夫と話の流れもよくて、いい演目だなと思いました。史実では、実盛は後に光盛に討たれますが、その時老人とみられないように若作りの化粧をしていたそうです。その理由が、この実盛物語で語られる「年をとっても見違えないようにしてそなたに討たれよう」というのだという、よくできた話です。

最後は、馬で実盛退場。そういえば、歌舞伎座ギャラリーで見た、「歌舞伎の馬」という感じの映像で、この演目が「馬大活躍」の演目として紹介されていましたっけ。ギャラリーでは馬に乗ってみることができたのですが、意外と高くて、細い花道を走っていくのはちょっと怖いのではと思いますが、なかなか楽しい演出です。

さらにですよ、猿三郎さんのブログによると、太郎吉後の手塚光盛は実在の人物で、手塚治虫の祖先なんだそうです!びっくり!。

2つめは「新古演劇十種のうち土蜘(つちぐも)」です。昨年8月に歌舞伎座で芝翫(当時橋之助)、七之助、獅童らで見ていますが、その時は1階の前方やや端だったので、全体が見える3階のセンターからはどうかなと思ってました。

土蜘(松緑)、頼光(彦三郎)、平井保政(團蔵)、胡蝶(梅枝)、巫女(新悟)、に、太刀持ち(左近)、石神(亀三郎ちゃん)。前回はこのお子達が團子ちゃんと哲之ちゃん(現長三郎ちゃん)でした。番卒が権十郎、片岡亀蔵、坂東亀蔵。前回は猿之助、勘九郎、巳之助だったので、もうちょっとお客へのアピールが強かった(オレがオレが的な)ような気がしますが、この演目で番卒がでてくるところが一番好き。

舞踊が多い演目ですがそれぞれ面白く、上記のようにお子達も出てきて飽きないです。左近君、うまいと人気の坊ちゃんですが、長い裾できびきび歩いて立派。亀三郎ちゃんもかわいくて眼福でした。

最後は土蜘と平井、四天王ほかの立ち回り。若干地味です。せっかくここまでいろいろやってきたのにという気はしますが、ま、全体的には楽しませてもらったので、二部を期待しますよ、松緑さん、ってことで。

« 齋藤芳弘「亀治郎の肖像」 | トップページ | 劇団民藝「『仕事クラブ』の女優たち」@三越劇場 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109992/66118225

この記事へのトラックバック一覧です: 十二月大歌舞伎第一部「源平布引滝 実盛物語」「土蜘」:

« 齋藤芳弘「亀治郎の肖像」 | トップページ | 劇団民藝「『仕事クラブ』の女優たち」@三越劇場 »