2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 小山観翁「歌舞伎通になる本」戸板康二「歌舞伎ちょっといい話」中條嘉明「歌舞伎大向 細見」 | トップページ | 「百鬼オペラ羅生門」@シアターコクーン »

秀山祭九月大歌舞伎「彦山権現誓助剱 毛谷村」「仮名手本忠臣蔵 道行旅路嫁入」「極付 幡随長兵衛」

Photo  秀山祭昼の部です。1つめは、「毛谷村」。直前まで、「野崎村」とやや混同していましたが、まったく似たところのないお話ですね。

毛谷村に住んでいる剣豪 六助(染五郎)のところに、旅の老婆(吉弥)、虚無僧の成りをして訪ねてくるお園(菊之助)。お園は親の仇と切りかかりますが、実は六助の師の娘で許婚、仇を共に討つことになります…。

娘ながら武術に優れたお園の菊之助、さすがかっこいい!忍び(音蔵)と立ち回りの場面がたっぷりあるのですが、この音蔵さんの動きが感心するほどキレッキレで、とってもよかったです。さてそのかっこいいお園が、六助は許婚であったことがわかると、「ほんによい殿御」と喜ぶところがかわいくて。2月の「梅ごよみ」同様、染菊はいいコンビです。

染ちゃんも、その前の弾正に騙されたり、吉弥に驚くところなど、どこかのんびりしていて、でもいい男で強くて、合ってます。お話は、見知らぬ許婚と姑と仇と師にお園の妹の子までがつながって、いくらなんでも都合がよすぎるんですが、配役がよくて、楽しく見られました。

2つめは、藤十郎の戸無瀬と、壱太郎の小浪で「道行旅路嫁入」。昨年の国立劇場 忠臣蔵通しでは、魁春・児太郎でした。壱太郎そそとしてきれいなんですが、相変わらず歌詞もよくわかってない苦手な道行、ありがたいのに睡魔が…すみません。奴の隼人が、昨年よりぐっとうまくなったように見えたのもどうでしょうか。

さて、いよいよ名作、「極付幡随院長兵衛」

最初の劇中劇からして、荒事を演じる又五郎さんが力いっぱいで見ていて楽しいのに、そこでの旗本水野方の坂田金左衛門(吉之丞)とのゴタゴタを長兵衛(吉右衛門)が治めるところが、花道をうまく使って、劇場全体が大盛り上がり。この芝居、よくできています。ここは、1階席で見たかった!

さて、子分が集まっている長兵衛の家に、宿敵水野(染五郎)から呼び出しがかかります。命を捨てる覚悟で行く決心をする長兵衛。羽織袴に着替えるのを手伝う女房お時(魁春)。

このとき、途中から後ろ向きだったお時の手が止まり、黒衣が長兵衛刀や扇子を手渡すのを不思議に思っていると、横を向いた魁春さん、鼻血で血まみれ。押さえても止まらない感じで、畳や衣装にも。しかし、長兵衛と子分唐犬(歌六)や子役の活躍で、一応舞台は幕まで進みましたが、鼻血かどうかもその時点でははっきりしておらず、気が気ではありませんでした。

決死の覚悟で出ていく亭主を見送るのは、「め組の喧嘩」と似ていますが、どことなくほのぼのとしていた菊五郎・時蔵夫婦と比べて、こちらは結末が違いますし、魁春さんはどんな女房で送ったのかなあと、残念でした。

3幕は水野家。染五郎・錦之助の腹黒さに対してどこまでも誠実で男らしい長兵衛。たたずまいから何から、立ち回りもかっこいい、男の中の男!最後は、風呂場でだまし討ち、ああ。でも水野、ちょっと長兵衛暗殺に後ろめたいと思っている感じが出ていて、あまり憎めませんでした。染さんだからか。

話は戻りますが、この演目、子分たちの個性も際立っていて、ほんとはもう少し長く、長兵衛一家の描写もあるといいのにな、水野との因縁も含めてもっと見たい、と思ってしまいました。長兵衛の決意を聞く亀鶴、歌昇、種之助の顔が真剣で、播磨屋の至芸を見落とすまいといった風情にも見えました。

(夜の部の破戒清玄でも、清玄が破戒するきっかけを作る山路役を端正に演じていた魁春さん、この日は結局東蔵さんが代役でした。19日以降はまた舞台に戻られるそうで、ほんとによかったです。→と思ったのも束の間、朝になったら、残り全て休演と言うお知らせが!大事なく、早く全快されますようにお祈りいたします。)

(追 記)

魁春さん、中2日お休みして21日から復帰したということで、「幡随院長兵衛」を幕見で再見しました。

2幕、長兵衛の着替えのところ、本来のお時の動きで、ああ、後ろを向くところなどなく、着替えは舞台中央で仕上がる手順で、お時と長兵衛の気持ちがせつないシーンだったんですね。今度は落ち着いて、長兵衛の表情をじっくり見られて感動。幕見席は立ち見もあるほぼ満員の歌舞伎座が、くーっと吉右衛門さんに惹き付けられる緊張感、ああ、再見してよかったー。

そして、魁春さんのお時、やっぱりこの幕の最後までセリフや子役との絡みもあるんですよ。あの日、着替えの一瞬を除き、まったく何事もなかったようにお芝居を続けた吉右衛門さん、歌六さん、又五郎さん、そして子役ちゃんに改めて感嘆しました。

« 小山観翁「歌舞伎通になる本」戸板康二「歌舞伎ちょっといい話」中條嘉明「歌舞伎大向 細見」 | トップページ | 「百鬼オペラ羅生門」@シアターコクーン »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小山観翁「歌舞伎通になる本」戸板康二「歌舞伎ちょっといい話」中條嘉明「歌舞伎大向 細見」 | トップページ | 「百鬼オペラ羅生門」@シアターコクーン »