2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 夏祭クラシックス2017・フォーレレクイエム他@ミューザ川崎 | トップページ | 「にんじん」@新橋演舞場 »

八月納涼歌舞伎第二部「修禅寺物語」「東海道中膝栗毛歌舞伎座捕物帳」(2回目追記あり)

201708    三部とも出演者も演目も楽しみな納涼歌舞伎、観劇日が楽前に集中するので、前半に見られないかなあと思っていたら、ふっと出ていた5列目、思わず買ってしまった第二部です。

1つめは「修禅寺物語」。初代坂東好太郎、二世坂東吉弥の追善狂言ということで、お二人の子、弟である彌十郎さんが夜叉王を務めます。好太郎さんとういうのは、13代目守田勘弥(玉三郎さんの養父は14代目守田勘弥)の息子なんですね。玉さまと弥十郎さんはいとこにあたるのか。

面作師夜叉王は、娘桂(猿之助)と楓(新悟)と暮らしています。実直な職人春彦(巳之助)と結婚した楓と比べ、気位の高い桂は高貴な夫を持ちたいと願っています。頼家(勘九郎)が夜叉王に頼んだ面を取りにやってきますが、夜叉王はいくら作っても、面に生気がなくて納得しないといいますが、頼家はすでにできている面と、桂を召して帰ります。その晩、北条に差し向けられた軍勢に命を落とす頼家、頼家の面をつけて身代わりとなろうとした桂。夜叉丸は自身の作った面がまさに頼家の運命を暗示していたことを知り、さらに面作りに精進するため、死にゆく桂の顔を絵に描き始めるのでした…。

短いながら、物語の骨格がしっかりしていて、人物の性格が際立ち、いろいろ見どころのあるよい作品です。各人が追い求めるものに共感できるんですよね。

猿之助は、冒頭で作業が嫌い、と言い放つところからゾクゾクします。身の程の幸せに満足する楓とは違いますが、彼女なりに幸せを求めるかわいい女。頼家の勘九郎が品があり、運命をわかっている哀しい殿なので、桂とは短いやりとりながら、二人の間に通い合うものがあり、桂が身を犠牲にしても悔いがないと言い切るのも頷けます。ラストの顔は本当に美しかった!

彌十郎さんの夜叉王は、それまでが常識人で(桂には困ったものだという)、芸術に生きる迫力とか狂気の部分があまり描かれていないせいか、ラストはやや唐突感があるんですが、まあ、他がよかったのもあって、お芝居としては成り立っていました。

新悟と巳之助の夫婦は対照的に初々しくほのぼのとしているし、頼家側近の萬太郎、秀調もよかったです。

2つめはいよいよ「東海道中膝栗毛歌舞伎座捕物帳」。

今回は旅道中ではなく、「四の切」を舞台にした「四の切殺人事件」とでもいうようなもの。猿之助脚本・演出でなければ、あの四の切をここまで(こういうふうには)見せはしないでしょうという作りです(つか、いいのか大事なお家の芸を)。

やじきたさんより若手大活躍、と評判のとおり、巳之助、隼人、児太郎が大活躍。児太郎なんか、数年前とはもう別人の大人の女ですよ。同様に中車も大活躍です。

お子達世代も、團子、金太郎コンビは言うまでもなく、久しぶりに虎之介くん、千之助ちゃんを見ました。千くん、かわいいですよ。

そしてもう一つ、竹三郎さん、寿猿さんも活躍。とくに竹三郎さんには大笑いです。

染猿の出番は少ないとは聞いていたので覚悟はしていましたが、どうして、猿之助、ガヤのときは人一倍大きい声で芝居をぐっと押していくし、ある危なっかしい場面(←終わったので書きますが、隼人の組体操みたいなのを支えるところ!)では真剣な顔で支えているし、楽屋落ちセリフで笑わせてくれるし、制作者の顔をチラチラ見せながらがんばってました。大好きな染さんと一緒で楽しそうで、お客さんも喜んでいてよかったです。

そうそう、今回は結末Bでした。AかBかは、意味なくどちらかを選ぶのではなくて、とっかかりがあるんですよ。たぶん、最初はAを見たい方が多くて、すでに多数いると思われるリピーターがBを推したのではと思ってます。次はAを見たい!

(追記)

楽前日、今度は3階から2部を見ました。

「修禅寺物語」 は、彌十郎さんの気合が増加して迫力が増した感じがしました。ラスト、上を向いて苦痛を堪える桂の顔を上から見られて幸せ。

そして「東海道中膝栗毛歌舞伎座捕物帳」 2回めでも笑えるところが多く、リピーターが多いせいか、場面毎の拍手も多くて盛り上がりました。

今回も弘太郎を取り調べるB。でも明らかに観客の拍手はBが多く、たぶんBの方が面白いってことなんだろうなと思います。児太郎が大迫力ですもんね。

弥次喜多の見得での二人の息の合った動き、だんまり、釘の謎解き、荒法師姿で四の切を乗っ取る猿之助、あくまでアホ顔の染五郎と、ほんとに楽しくて2時間近くがあっという間。歌舞伎をちょっと見てきて、幕見だけど四の切も見ておいてよかったと、楽しさ倍増でした。

これだけのものをまとめ上げた猿之助、すごいです。3代目猿之助のスーパー歌舞伎は「ヤマトタケル」しか知らないくせに敢えていうと、3代目はどうだ素晴らしいだろうと観客に、と見せつけるもの、4代目は観客を巻き込んで一緒に盛り上げるのが好き、という持ち味の違いがあるのかな、と思いました。秋にはワンピースですね。

« 夏祭クラシックス2017・フォーレレクイエム他@ミューザ川崎 | トップページ | 「にんじん」@新橋演舞場 »

歌舞伎」カテゴリの記事

四代目市川猿之助」カテゴリの記事

コメント

Hirokoさん、コメントありがとうございます。

昨年のやじきたはシネマ歌舞伎だけでしたが、今年は見逃せないと思ってチケットとりました。この日はいわゆる「戻り」の買い増しです。1等席は空きがある日もあるようですが、後ろの方だと残念ですもんね。
猿之助さんのことは、知れば知るほど興味深いです。古典も新作も舞踊も澤瀉屋もワンピースも、みんな見たい!と思います。

今回の隼人さん、ほんとに美男ぶりが際立っていました。梅丸さんはまるると言われていますね。ワンピース歌舞伎も楽しみです。またいらしてください。

私も納涼歌舞伎の第二部を10日に観劇しました。私のときは、Aだったんです・・私はBの結末を見たかったのに・・残念!
そうですか・・もう一回見ればBが見れるかもですね。
ただ、もう、チケットが二部はほぼ完売状態で「幕見」狙いで突撃するしかなさそうです(笑)。
ほんと、猿之助さん、才能のある方ですよね。
物凄い勉強家でもいらっしゃるそうです。
「芝居に人生を捧げる」と公言していますから・・本気度が凄い!!
猿之助さんのお名前があるだけで「この歌舞伎は絶対に面白いに違いない」と思ってしまう私です(笑)。

個人的には、若手の萬屋さんの中村隼人君と梅玉さんの家子さんの梅丸君に注目しています。
二人ともとてもイケメンでいながら、お芝居もしっかりしていて品と艶を兼ね備えた逸材で楽しみです。

ぜひ、また、まりるさんのブログにお邪魔させて頂きますね。
私の次の歌舞伎観劇は、新橋演舞場での「スーパー歌舞伎 ワンピースⅡ」のマチネです。
しっかり、先行予約で席を確保しております。
また、猿之助さんと隼人君にお会いできるのが楽しみです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏祭クラシックス2017・フォーレレクイエム他@ミューザ川崎 | トップページ | 「にんじん」@新橋演舞場 »