2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 「ビューティフル」@帝国劇場 | トップページ | 関容子「舞台の神に愛される男たち」 »

歌舞伎座ギャラリー特別映像「『宙乗りができるまで~新臺猿初翔(しんぶたいごえんのかけぞめ)~』

Photo     歌舞伎座タワー5階には、前月の舞台写真も売っている歌舞伎関係のお店と、歌舞伎の扮装をして写真を撮ってもらえるスタジオアリスと、歌舞伎座ギャラリーというミニ博物館があります(入場料600円、この有料エリア、よくわかってなかったんですが、その月のチケットで100円割引。こんなに松竹さんにつぎ込んでるのに、今月はチケットとれなかったので割引なしです)。8月末まで「宙乗りができるまで」という特別映像が見られるというので行ってみました。

まず、歌舞伎の馬が置いてあって、乗ってみることができます。思っていたより大きくて、またがった感じはとても本物に近い!馬自体も重いと思いますが、役者を乗せて、しかも「矢の根」のように衣装も重いものもあって、それを2人で軽快に運ぶのは、かなりの重労働だろうなと思いました。

歌舞伎の効果音の道具や、お女中の持つ明かり、センスなども触ることができます。魯の音、雨音、波の効果音はよくできていて、面白かったです。

短い花道と、小さいながら舞台のあるスペースも。はだしだったので、ひのき舞台を踏んで、バンバンと踏み鳴らすのも楽しかった!

さてお目当ての24分の映像。昨年6月、猿之助が新歌舞伎座開場4年目にして初めて「四の切」の宙乗りをするまでの、設営、テスト、宙乗り目線のカメラ、そして翌月7月の猿之助の「流星」、8月の「やじきた」の猿之助・染五郎との2人宙乗りのリハーサル、本番、猿之助の狐忠信の扮装でのコメントもあります。

今でこそ歌舞伎以外でも宙乗りのような演出はよくありますし、猿之助と宙乗りってちょっと慣れっこになっていますが、ドキュメントをみると、やっぱりすごいなと思います(勧玄くんよくやりました)。

少しですが、猿之助が浴衣姿でスタッフに指示を出すシーンがかっこいい。やじきたのリハでは、実は高所恐怖症だという染五郎と仲良さげに二人の演技を相談します。染ちゃん、怖いのにまるで空中ブランコみたいな動きをしてたんですね。

今年も八月納涼歌舞伎でやじきたをやるのがとっても楽しみです。

« 「ビューティフル」@帝国劇場 | トップページ | 関容子「舞台の神に愛される男たち」 »

ミュージアム・展覧会」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

四代目市川猿之助」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ビューティフル」@帝国劇場 | トップページ | 関容子「舞台の神に愛される男たち」 »