2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 映画「超高速!参勤交代」 | トップページ | 「デストラップ」@芸術劇場プレイハウス »

歌舞伎鑑賞教室「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚」

Photo   恒例の国立劇場歌舞伎鑑賞教室、社会人向けの夜の回です。演目は「一條大蔵譚」、2015年10月に仁左衛門さんの一條大蔵卿を見ていますが、このカラフルなチラシの菊之助があまりに魅力的なので、楽しみにしていました。吉右衛門さんも当たり役としているのだそうで、監修に名を連ねています。

まずは「歌舞伎のみかた」。隼人とか萬太郎とかの若手がやるものだと思っていたんですが、今回は坂東亀蔵。ソツなくきっちり説明なさいます。黒御簾のBGM部隊は初めて見ました。見始めてしばらく、高い声の歌は、「歌舞伎でも歌だけは女性が入ってるんだ」と思ってたんですが、男性だけなんですね。

いよいよ本編。清盛から一條大蔵卿に下された常盤御前に会いに、鬼次郎(彦三郎)とお京(右近)夫婦がやってきます。右近が、若いのに眉なしが似合っててとってもきれい。大蔵卿の求めでの踊りも、短いながらさすがでした。彦三郎も声も所作も決まっていてとってもよかったです。何より、この夫婦、同じ目的に向かって働く同志という感じがして、描かれ方がとても素敵。江戸時代の作品とは思えないくらい女性をリスペクトしています。悪役勘解由(菊市郎)の妻鳴瀬(菊三呂)もきれいでピシッとした腰元。

さて菊之助大蔵卿。バカ殿というより、甘えん坊の幼児のようなかわいい阿呆ぶり。白い衣装と相まって、舞台で光り輝くような明るさです。もとより身体がきれいにコントロールされていて、動きが気持ちいいし、女方もやる菊之助さんの声の自在さが生きています。ニザさまはもちろん素敵でしたが、菊ちゃんの今の年齢ならではの勢いというか、華やかさがよかったです。

2幕で常盤御前(梅枝)登場。梅枝は安定のうまさなんですが、美女のオーラがやや不足してて素顔が思い出される作り。化粧とかでもうちょっと何とかならなかったかと思いました。

そして清盛を討とうとする本来の姿に戻る大蔵卿。知的で勇猛な姿とのギャップがすごい。しかも時々阿呆に戻るんですが、1幕で垂れていた眉毛はりりしくなったはずなのに、あんなにすぐ変わるものでしたっけ。とにかくかわいくてかっこいい大蔵卿を見るので大忙しで満足でした。

義太夫に乗った人形振りや踊り、立ち回りと、いろいろな歌舞伎の要素がつまっていて、とってもいい演目。それでも学生は寝ちゃうとか。邦楽の生の音楽は心地いいからなあ。実は、私も前回の大蔵卿では、前後の演目も力が入っていて(「矢の根」と「文七元結」)、このときふっと集中力が途切れていたみたいなので、さもありなんとは思います。でももったいなかったよ、寝ちゃった君たち。

 

« 映画「超高速!参勤交代」 | トップページ | 「デストラップ」@芸術劇場プレイハウス »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎鑑賞教室「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚」:

« 映画「超高速!参勤交代」 | トップページ | 「デストラップ」@芸術劇場プレイハウス »