2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 松尾スズキの「キャバレー」@KAAT | トップページ | 文楽「曽根崎心中」@国立劇場 »

NODA・MAP「足跡姫」@プレイハウス

Photo   NODAMAP 公演「足跡姫」です(私、なぜか足枷姫だと思い込んでいて、芝居を見ながら、いつかこの「あしあとひめ」は、「あしかせひめ」に転化するんだろうと思ってました。このチラシのポツポツした字体のせいですかね。足枷姫って囚われみたいでちょっとロマンチック。

 野田秀樹が4年前に亡くなった歌舞伎役者中村勘三郎へのオマージュとして歌舞伎の始まりをテーマにしたお話です。扇雀さんは、勘三郎さん主演の野田演出「研辰の討たれ」を見ていくといいですよ、とブログで書かれていました。

女歌舞伎の一座の看板踊り子阿国(宮沢りえ)、その弟サルワカ(妻夫木聡)、二番手踊り子ヤワハダ(鈴木杏)、座長万歳三唱太夫(池谷のぶえ)、伊達の十役人(中村扇雀)、古田新太、佐藤隆太、野田秀樹。そしていつものハイレベルなアンサンブル。

(ところで、ブッキーの奥さんマイコって、今「お気に召すまま」で好演してますね。二人とも難易度高い舞台で毎日たいへんだろうな、なんて思ってしまう)

野田作品としては、筋もわりとまっすぐで、わかりやすいです。いつもよりメインキャストが少なく、その分少数精鋭。宮沢りえはいうに及ばず、妻夫木くんと佐藤隆太は相変わらず軽快でかっこいいし、鈴木杏は舞台では初めてですが(メイクのせいかはじめ小池栄子だっけ?と思った)やっぱりいい女優。池谷のぶえも舞台歴が長い方ですが、迫力ある身体と声で、いわば芝居のいいアクセントになっていて、野田秀樹はこういう方の使い方がいつもながらうまいと思いました。野田秀樹自身も、毎回、今回が一番面白いと思ってしまう私(そんなことはないんでしょうが)。

感心したのは、野田秀樹自身が自作とはいえ歌舞伎を演出しているためか、歌舞伎を思わせる装置や演出を随所に使いながら、見ていて恥ずかしくなるような歌舞伎の真似事はしない点。野田秀樹自身の見得なんてギャグの範囲ですからね。

木の回り舞台、せり、短いけど花道、すっぽん、戸板、そして何より、本物の歌舞伎役者扇雀さんの町役人。扇雀さんがどんなに勘三郎さんを敬愛していたか、中村座の公演を大事にしていたか、扇雀さんのブログをみると胸がつまるくらいです。扇雀さん、これに出るために、歌舞伎を4カ月?も休んでしまい、1月の初日には大阪松竹座(芝翫襲名披露公演ですよ)の客席に現れて皆に驚かれたそうです。

その扇雀さんを、兼ねる役者とはいえ、本業の女形では使わないところが野田秀樹らしい。新派じゃあるまいし、浮いちゃいますからね。「伊達の十役人」なんてシャレのきいた役どころ、油の乗った役者としての扇雀さんの魅力をうまくこの作品に取り込んでいたと思いました。

最後は、「研辰の討たれ」と、志半ばでどんなにか無念だっただろうと思う勘三郎さんを思って泣けます。野田秀樹で衝撃を受けたことはあっても、泣いたことなんかあったっけ。泣きたいという人間のツボを押すことなんていつでもできるからそこは押さないできたであろう野田秀樹が、泣いてもいいんだよ、と言ってくれたラストでした。

« 松尾スズキの「キャバレー」@KAAT | トップページ | 文楽「曽根崎心中」@国立劇場 »

演劇(ストレートプレイ)」カテゴリの記事

野田秀樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NODA・MAP「足跡姫」@プレイハウス:

« 松尾スズキの「キャバレー」@KAAT | トップページ | 文楽「曽根崎心中」@国立劇場 »