2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 壽新春大歌舞伎夜の部「源平布引滝 義賢最期」「三代目市川右團次襲名披露 口上」「錣引」「黒塚」@新橋演舞場 | トップページ | 扇田昭彦「日本の現代演劇」「舞台は語る―現代演劇とミュージカルの見方」 »

シネマ歌舞伎「阿古屋」

Photo  2015年10月に歌舞伎座で上演された玉三郎さまの「阿古屋」、見逃して(幕見もとんでもない時間に売り切れてたらしい)残念だと思っていたんですが、シネマ歌舞伎となりました。

  正式には「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」の「阿古屋琴責(あこやことぜめ)」の場です。壇ノ浦合戦後も源氏に抵抗する景清の行方を捜す源氏方は、景清の愛人の遊女・阿古屋を捕らえ、景清の居場所を白状しろと責め立てますが、阿古屋は知らないと言い続けます。赤面の岩永(亀三郎)はもっと詮議しようとしますが、秩父庄司重忠(菊之助)は、琴責めとして、琴、三味線、胡弓を弾かせ、心の乱れをみようとします。

この3つの楽器を実際に弾くことができる女形は、歌右衛門以来玉三郎のみということ、阿古屋の衣装がご覧のように豪華絢爛、とくに帯の孔雀が、羽の立体的な刺繍の見事なこと、そしてこれを身に着けた玉様が立派なこと、とにかく見たいと思っておりました。

映画は稽古、衣装、舞台の準備、へんな化粧をしてちょっとだけ(本当にちょっとだけでした)出てくる奴たち、楽器の調整をする専門家たち、のドキュメンタリーで始まります。想像以上に多人数のスタッフが立ち働いているのにも驚きます。亀三郎さんに人形振りの細かい動きを伝授する玉様。照明にも目配りしています。楽器の調整をするおばさまたちは、表には出ないのにビシッと朝から着物。

そして本編。岩永は、一言も発することなく、義太夫に乗っての人形振り。すっごく面白い。重忠の菊ちゃんもお人形のように美しい。

ようやく阿古屋登場。しつこいようですが、立派なこと、このうえありません。拷問でやつれてるとかありえないんですね。

驚いたのは、琴、三味線、胡弓の3つとも、かなり長い曲を弾くんですよ。ちょっと手すさびにという感じではなく、そりゃプロと比べれば(特に三味線は掛け合いになるので)あれなんでしょうけど、あの重いかつらをつけたまま、一心に弾く姿には感動せずにはいられません。

阿古屋の真実が証明されて、重忠と阿古屋が並び立つ場面、見事でした。Photo_2

左は文楽の阿古屋です。歌舞伎の中でも文楽の雰囲気がとても濃い、面白い舞台でした。

« 壽新春大歌舞伎夜の部「源平布引滝 義賢最期」「三代目市川右團次襲名披露 口上」「錣引」「黒塚」@新橋演舞場 | トップページ | 扇田昭彦「日本の現代演劇」「舞台は語る―現代演劇とミュージカルの見方」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シネマ歌舞伎「阿古屋」:

« 壽新春大歌舞伎夜の部「源平布引滝 義賢最期」「三代目市川右團次襲名披露 口上」「錣引」「黒塚」@新橋演舞場 | トップページ | 扇田昭彦「日本の現代演劇」「舞台は語る―現代演劇とミュージカルの見方」 »