2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 | トップページ | 映画「ローグ・ワン/スターウォーズ ストーリー」4DX »

2016年私的ミュージカル&演劇その他ベスト10!

恒例の年間ベスト10です。今年は、国立劇場50周年記念もあり、歌舞伎の回数が多かった年でした。、ミュージカルもさまざまなタイプの舞台を楽しむことができました。ミュージカル、ストレートプレイ、歌舞伎その他古典芸能の3つに分けて発表します。

例によって、私が個人的にその舞台で得た感動と、もう1回見るならどちら、といった趣旨のランキングで、舞台としての優劣ではないのでご容赦を。タイトルをクリックすると、このブログの記事にとびます。

(前年までのリンク) 

2009年的ミュージカルベスト10!
2010年私的エンタメベスト10!
2011年私的演劇&コンサートベスト10!
2012年私的演劇等ベスト10! 
2013年私的ミュージカル&演劇その他ベスト10!
2014年私的ミュージカル&演劇その他ベスト10!
2015年私的ミュージカル&演劇その他ベスト10!

【ミュージカル】

今年もいろいろなタイプの作品を見ることができました。ただ、話題になったものといえば、昨年に続く「エリザベート」、アッキーの「ジャージーボーイズ」、「スカーレット・ピンパーネル」、日米競作となった「キンキーブーツ」、7年ぶりの来日「RENT」などでしたが、前に見たからやめておこうと思ったり、チケットがとれなかったりで、これらは除くランキングになりました。

1.「マハゴニー市の興亡」

ミュージカルとしては相当異色ですし、見終わった後の感覚も心地よいものではないんですが、ヴァイルの音楽、スガ・ダイローさんのバンドがとてもよくて耳に残ったのと、何といっても、「真田丸」―「新選組!!」で山本耕史という俳優を再認識しているちょうどその時に、3m先(市民席で)で熱演されたらもう、ということで第1位。

2.「アラジン」

最新ヒットミュージカルの要素がつまった、楽しい舞台でした。ジニーもアラジンもよかったです。

3.「ジキル&ハイド

石丸幹二、濱田めぐみ始めキャスト、アンサンブルのバランスとドラマチックな展開がよかった完成度の高いミュージカルでした。

4.「ラディアント・ベイビー」

柿澤勇人が生き生きとナイーブなキース・へリングを演じた躍動感あふれる作品でした。

5.「天使にラブソングを」

蘭寿とむのデロリスが痛快、石井一孝にも楽しませてもらいました。

6.「プリシラ」

このあたりとても迷いますが、派手な衣装と数多くの歌のシーンを作り上げたキャスト・スタッフに敬意を表して。山崎育三郎もよかった。

7.「サンバイザー兄弟」

ミュージカルなの?と思わないではないですが、やっぱりミュージカルですよね。怒髪天の増子さんの歌がよかった。

8.宝塚宙組「エリザベート」

これがあの宝塚のエリザの世界か、と感動しました。

9.「グランドホテル」

これも多くのキャストがそれぞれ個性的で際立っていて、いいミュージカルでした。草刈民代がもう少し歌えたらなー。「逃げ恥」でみくりの親友やっさんを演じていた真野恵里菜が好演していたんですね。

10.「ナイスガイ in ニューヨーク」

福田雄一がニール・サイモンのいわばスタンダードを生き生きと演出し、井上芳雄が魅力を発揮した佳作。

「ヨセフと不思議なテクニカラードリームコート」

コンパクトながら、舞台構成が秀逸だった作品。来日物は今年これ1本でした。

「シカゴ」宝塚OGバージョン

和央ようかと朝海ひかるの性格の悪さが際立っていて(役の上でですね)、面白かったシカゴ。

宝塚「双頭の鷲」

轟悠さまの美しさに射抜かれたロマンチックな作品。

「マーダー・バラッド」

4人だけのかっこいい意欲的なミュージカル。

「貴婦人の訪問」

涼風真世さんの実力を再認識。

「狸御殿」

新橋演舞場らしい、和風の楽しいミュージカル。

「ブラック メアリー・ポピンズ」

韓国発のヒット心理劇ミュージカル。

「JAM TOWN」、宝塚「NOBUNAGA<信長」 もありましたね。

  

【ストレートプレイ】

1.「クレシダ」

好きなタイプのお芝居なうえに、念願の平幹二朗主演、しかもそれが彼の最後の舞台となるとは、今年一番心に残ったストレートプレイでした。

2.NODA MAP「逆鱗」

松たか子や阿部サダヲ、瑛太ほか豪華キャストが集結した完成度の高い野田作品。

3.「ピアフ」

大竹しのぶの当たり役。

4.「エノケソ一代記」  

猿之助熱演。

5.「レティスとラベッジ」

黒柳徹子さんの海外コメディシリーズのニール・サイモン。最近見た、ピコ太郎と徹子さんのアポーペン、短い段取りもおぼつかないように見えた徹子さんが、あの膨大なセリフを自在にあやつっていたのは信じられませんが、ほんとに素晴らしかったです。

6.「月こうこう、風・そうそう」

念願の別役実の芝居。花王おさむさん最高でした。

7.ケラリーノ「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど何もない」

今思い出すと、賀来賢人よくやったなあと。


【歌舞伎】

今年は国立劇場50周年の仮名手本忠臣蔵が3か月連続であったので、歌舞伎をたくさん見た気がします。複数演目がある場合は、一番良かった演目の順番に並んでいます。

1.「仮名手本忠臣蔵」通し上演 

第1部から第3部まで、まとめて1位。仇討ちの裏の人間ドラマがしっかり描かれていて、それぞれ段ごとに異なった雰囲気ですが、それぞれに感動がある名作で、通しで見られたのは貴重でした。中でも第2部部は、菊五郎・吉右衛門の御大はじめ皆さん力のこもった舞台で最高でした。

2.六月大歌舞伎「義経千本桜 碇知盛(渡海屋・大物浦)・時鳥花有里」

こちらも名作義経千本桜。猿之助の典侍、染五郎の知盛と、市川タケルくんの初お目見えと、見どころたっぷりでした。

3.二月大歌舞伎「ひらかな盛衰記-源太勘當」「籠釣瓶花街酔醒」「小ふじ此兵衛 浜松風恋歌」

名作かごつるべ、菊之助の八ッ橋が美しかった!

4.四月大歌舞伎「松寿操り三番叟」「不知火検校」「身替座禅」

幸四郎さんの当たり役、不知火検校が痛快で面白かった!

5.秀山祭九月大歌舞伎「妹背山婦女庭訓 吉野川」「らくだ」「元禄花見踊」

この吉野川、もっと集中して見ればよかった、とやや後悔の残る鑑賞でしたが、見られたのは貴重でした。

6.吉例顔見世大歌舞伎「元禄忠臣蔵御浜御殿綱豊卿」「芝翫襲名披露口上」「盛綱陣屋」「芝翫奴」

仁左衛門さまの綱豊卿が立派で、芝翫の襲名披露も賑やかでよかったです。

7.六月大歌舞伎「義経千本桜 狐忠信 川連法眼館」幕見

猿之助の狐忠信。猿之助のことどんだけ好きなんだってことですね。

8.「通し狂言 小春穏沖津白浪―小狐礼三―」

動きがあって、楽しめる作品でした。赤鳥居場面の菊之助大奮闘。

9.五月大歌舞伎團菊祭「鵺退治」「寺子屋」「十六夜清心」「楼門五三桐」

海老蔵の松王丸にぐっときました。

10. 四月花形歌舞伎「芦屋道満大内鑑 葛の葉」「末広がり」「女殺油地獄」@明治座

「末広がり」は勘九郎の熱演、「女殺油地獄」も面白かったです。

十月花形歌舞伎「GOEMON五右衛門」@新橋演舞場

フラメンコも楽しめた、上出来の娯楽作品。

八月納涼歌舞伎第三部「新古演劇十種の内 土蜘 」「廓噺山名屋浦里」

七之助の花魁がきれいでした。

四月大歌舞伎「幻想神空海」幕見

児太郎、雀右衛門がきれいでした。


コクーン歌舞伎「四谷怪談」

役者さんたちはすごく好きな人ばかりだったので、残念。


【映画、ドラマその他】

今年は比較的映画館に行った年でした。「スターウォーズ フォースの覚醒」に始まり、シネマ歌舞伎「喜撰/棒しばり」「阿弖流為、「ワンピース」 そして夏は「シン・ゴジラ」2回と「君の名は。」、
「ファンタスティックビースト」。 どれも面白かったです。

テレビドラマは、何といっても1年間通じて「真田丸」 に楽しませてもらい、それから「新選組!」にはまり、新選組自体にも熱を入れました。そのほかにも「ゆとりですがなにか」「ちかえもん」「あさが来た」「逃げるは恥だが役に立つ」と、脚本、キャスト、スタッフの熱意が伝わる、本当にいい作品がたくさんあった当たり年でした。

 

【ブログアクセス年間ランキング】

今年は、歌舞伎座の「らくだ」があったためか、シネマ歌舞伎らくだの記事が大ヒットでした。

1. シネマ歌舞伎「らくだ/連獅子」
2. 劇場(座席表)データベース!

3. 「エリザベート」@帝国劇場
4. 安部龍太郎「等伯」― 画家小説は面白い
5. 「I LOVE MUSICALS(アイ・ラブ・ミュージカルズ)」@武道館
6. シネマ歌舞伎「野田版 研辰の討たれ」
7. 映画「レ・ミゼラブル」
8. 一条ゆかり「プライド」-(付)名セリフ集
9. 2015年私的ミュージカル&演劇その他ベスト10
10. マイケル・ジャクソン30周年コンサート
11. カテゴリ・アダム・パスカル
12.カテゴリ・ミュージカル
13. NODA・MAP「逆鱗」@プレイハウス
14. DVD「レ・ミゼラブル25周年コンサートin London

15. アダム・パスカルwikiもどき(その1<2009まで>)
16..カテゴリ・歌舞伎・狂言その他古典芸能  
17.浅田次郎「黒書院の六兵衛」
18. 十月花形歌舞伎「GOEMON五右衛門」@新橋演舞場

19. 大竹しのぶの「ピアフ」@シアタークリエ

20. 六月大歌舞伎「義経千本桜 碇知盛(渡海屋・大物浦)・時鳥花有里」
21. 劇団四季「ライオンキング」
22. 五月大歌舞伎團菊祭「鵺退治」「寺子屋」「十六夜清心」「楼門五三桐」
23. コクーン歌舞伎「三人吉三」

24.歌舞伎NEXT「阿弖流為(アテルイ)」@新橋演舞場
25. 映画「マンマ・ミーア!」
26..カテゴリ・劇場データベース
27..カテゴリ・ミュージカル(シアター)
28. 別役実「月・こうこう,風・そうそう」@新国立劇場
29. 四月花形歌舞伎「芦屋道満大内鑑 葛の葉」「末広がり」「女殺油地獄」@明治座
30. 八月納涼歌舞伎第三部「新古演劇十種の内 土蜘 」「廓噺山名屋浦里」

(31日の午後にアップした後、紅白での大竹しのぶの熱唱効果で、順位が変わりましたよー)

« 映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 | トップページ | 映画「ローグ・ワン/スターウォーズ ストーリー」4DX »

ミュージカル」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

ミュージカル(シアター)」カテゴリの記事

演劇(ストレートプレイ)」カテゴリの記事

年間ベスト10!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年私的ミュージカル&演劇その他ベスト10!:

« 映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 | トップページ | 映画「ローグ・ワン/スターウォーズ ストーリー」4DX »