2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ミュージカル「ブラックメリーポピンズ」@世田谷パブリックシアター | トップページ | 「真田丸」「ゆとりですがなにか」「トットてれび」&「ちかえもん」 »

「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」@吉祥寺市立美術館

Hagiomoto_2 大好きな萩尾望都さんのSFに絞った原画展を吉祥寺市立美術館(駅近くのショッピングビルの7階にあります)に見にいってきました。

展示のうち、「精霊狩り」や「ユニコーンの夢」「11人がいる!」あたりまではリアルタイムで読んでいましたが、「スターレッド」やブラッドベリの短編も後からですし、「百億の昼と千億の夜」や「バルバラ異界」、あぶないシリーズなども読んでいません。SFというジャンル自体、映画以外のコンテンツにあまり興味がなかったのもあって。

まあそれは別として、繊細なカラー原画は驚き。線の細かさ、衣服の柄や質感、宇宙空間の挿入。この方、絵としての漫画の表現を描き込んでいくことが好きでたまらないんだろうな、と、あの若冲を見た後で同じ衝動を感じてしまいましたよ。

いろいろ知ったこともありました。

「百億の昼と千億の夜」は、週刊少年チャンピオンの連載ですよ!あれを週刊で!「ドカベン」や「がきデカ」や「マカロニほうれん荘」と並んで!

上記のように、SF小説に縁がないので、ハヤカワSF文庫のカバーにきれいなカラー絵を描いていらっしゃったのも知りませんでしたが、漫画ではあまりない、大人っぽい人物の絵でとてもきれいでした。

物販として、以前買った「文藝別冊 萩尾望都」 が積まれていましたが、買い損ねていた方、この機会にぜひ。厚い図録もありましたが、この方については、読んでいない作品を買う方が先だと思ってやめておきました。Photo

おまけ。
この美術館のグッズ売り場に、A5サイズのお花のクリアホルダーがありました。チケットホルダーよりちょっと大きくて、チケット入れてもいいですが、振込用紙等入れるのにも便利。324円って良心的!

« ミュージカル「ブラックメリーポピンズ」@世田谷パブリックシアター | トップページ | 「真田丸」「ゆとりですがなにか」「トットてれび」&「ちかえもん」 »

ミュージアム・展覧会」カテゴリの記事

コメント

SDCさん、チャンピオンをリアルタイムで読んでいらしたんですか。まさかその後ジャンプの一人勝ちになるとは思いもよらなかったですね。このSF原画展には、40、50代とと思しき男性の方もたくさんみかけました。「漫勉」は見逃して残念でしたが、西原理恵子の「画力対決」に望都先生が登場したのにはびっくりでした。

うわーモト様だ!
先月かな?Eテレの「漫勉」で「王妃マルゴ」の執筆風景を密着取材していたけれど,この方って,ほんとに漫画に命かけているんだなあと実感しました.
そう,「百億の夜」はチャンピオンですね.リアルタイムで連載を読んでいましたよ!当時のチャンピオンはそれほど勢いがあったということです.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ミュージカル「ブラックメリーポピンズ」@世田谷パブリックシアター | トップページ | 「真田丸」「ゆとりですがなにか」「トットてれび」&「ちかえもん」 »