2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« KERA・MAP「グッド・バイ」@KAAT、太宰治「グッドバイ」 | トップページ | アイザックソン「スティーブ・ジョブズ」 »

芸術祭十月大歌舞伎「音羽嶽だんまり」「矢の根」「一條大蔵譚」「文七元結」

S十月歌舞伎の昼の部は、それぞれ趣の変わった4本立てです。たまたま今朝の情報番組で、初めて歌舞伎を見る若い女の子が、松也に案内されていました。幕見だから1本目だけ見たのかな?きれいだけど、内容はわかりにくかったですね。

最初はその「音羽嶽だんまり」。松也(歌舞伎で見るのは三人吉三以外では初めて)を中心に、梅枝、児太郎、萬太郎、右近といった若手役者の短い演目で、平将門の名刀と旗印をめぐって争う話。後半は暗闇という設定なので、「だんまり」なんだそうです。若手ならではの生き生きとしたエネルギーを感じて楽しかったですが、とくに、松也は最後、花道で立ち回りのあと見栄を切って六方で退場というおいしいお役。かっこよかったです。

次は、歌舞伎十八番の内 矢の根。二世松緑の追善狂言ということで、当代松緑が荒事のスター、曽我五郎を演じます。松緑は目が大きいので荒事の拵えが似合います。先月紅葉狩りのときは、顔がちょっと小さい気がしたんですが、いやいや、かっこいい。

素晴らしい三味線と美声・かっこいい杵屋巳津也(俳優山口崇の息子さんだそうです。崇さん自身も長唄三味線奏者なんですね。好きな俳優さんですが知らなかった!)の長唄に乗って、小さな部屋に一人矢の根(先っぽがさすまたみたいになっています)を研いだりしています。。衣装がすごいので後見さん大活躍。

そこにお客がやってきて、年始の品として、宝船の絵を持ってきます。見ていて楽しいんですが、よく考えたら、あんな車鬢のすごい頭をして、顔もすごい隈取なのに、年始のお客とかくるんだー、社会生活しているんだーと何だかおかしいです。それを枕の下に入れて寝るんですが、すごい恰好(しつこい)しているので、普通には寝られず、四つん這いになった後見さんに上半身を預けて寝ます。

すると夢見に出てくるのが兄の十郎。藤十郎さん、声は少し小さかったですが、明るい綺麗な色の衣装がよくお似合いで、ツヤツヤされていました。

夢の十郎に助けを求められて、あの重い綱の帯を結びなおしてもらって出発する五郎。今日はあれあれと思う間に結べたのですが、時間がかかるときもあり、その間三味線がアドリブでつなぐらしく、三味線さん、ずっと五郎の様子を見ていました。

そして通りがかった百姓から大根を積んでいた馬を奪って出発する五郎。このお百姓さんの着物の格子柄が粋でした。しかし最後も、大根をムチにして走っていく姿が、あの異形と相まっておかしくってニコニコしてしまいました。

3番目は、一條大蔵譚(檜垣茶屋の場、大蔵館奥殿の場)。

清盛から常盤御前をもらい受けた一条大蔵卿(仁左衛門)は、阿呆と評判です。そこに源氏方の鬼次郎(菊之助)、お京(孝太郎)の夫婦が、常盤御前の様子を見にやってきます。常盤御前(時蔵)は実は楊弓遊びのふりをして的の裏に清盛の絵姿を入れて調伏していたのです。それを知った家臣勘解由が騒ぎ出しますが、大蔵卿に切られます(切られた後けっこう生きてる)。大蔵卿は、実は阿呆のふりをして、源氏再興の日を待っていたのでした。

遊び好きの阿呆、実はしっかりした立派な殿様(ほんとは藤原なので公家ですが装束は武士)なんて、仁左衛門さんにあて書きしたような演目で、仁左衛門さん自身も楽し気に余裕しゃくしゃくで演じていました。こういう仁左衛門さんが見られただけで幸せ。

ほかにも役者がそろっていますし、面白いストーリーなんですが、お弁当の後、谷大夫さんの名調子でちょっと夢うつつになってしまいました。

最後は「人情噺文七元結」。有名な人情もので、いつか見たいと思っていました。

ばくちと酒で首が回らなくなっている左官長兵衛(菊五郎)と女房お兼(時蔵)は喧嘩ばかりしているので、娘お七(右近)は自ら吉原の角海老屋に身売りに行きます。迎えに行った長兵衛に、3月末まで店に出さないで待っているから、50両貸してやるという女将(玉三郎)。必ずばくちも酒もやめて真面目に働くからと誓った長兵衛は帰り道、かけとりに行って回収した50両をすられたのでおわびに死ぬという手代文七(梅枝)にお七の50両をやってしまいます。

家に帰ると、そんな話、大家もお兼も信じてくれません。しかし、文七と小間物屋の奉公先の主人がやってきて、50両は盗られたのではなく、文七が忘れたもので、もう届けてもらったから50両は返す、ついてはお七さんを身請けし、文七と一緒にさせて店を持たせたい、というのです。文七は元結について独自の工夫をしており、これを文七元結として売り出すというのでした。

菊五郎さん、足などほっそりして、足取りも軽やかで、ばくちで身を持ち崩してはいるものの、根が正直な愛すべき長兵衛。そして、菊五郎さんと時蔵さんの夫婦というと、「め組の喧嘩」でもいい味を出していましたが、これも、状況は深刻なのにどことなくおかしみのある、長い夫婦ならではの味が素晴らしい。言い合いの場面がやりきれないものになりません。

貧乏なあまり、角海老屋に行くにも着物がなく、長兵衛は自分が着ているはっぴ(股引は履いていない!)とお兼の着ている着物を取り換えます。「おまえは客が来たら衝立に隠れて顔だけ出しておけばいいだろ」と言うんですが、最後の場面で、お兼、本当にはっぴをきっちり着て、衝立に隠れて、でも話の流れで顔を出したりするのがおかしくって。

そして文七の身投げを止める場面。赤の他人に娘の身売りした金をやってしまうという信じられない行為なのに、納得させられてしまう、長兵衛と文七のやりとりで、菊五郎さんが相当緻密に演出したのでは、と思いました。梅枝、ちょっと女形の声を思わせるところはありますが、大熱演でとってもよかったです。

お七は角海老屋ではほとんど化粧していないように見えるんですが、それで可憐な娘に見えるのはさすが若い右近ちゃん。最後、白塗りでずいぶん大人に見えました。

4演目、4時間50分、役者は若手も中堅も人間国宝も、演目は荒事も時代物も人情物もというお得感いっぱいで、ハッピーエンド、もしまだ歌舞伎を見たことのない人をお連れするならぴったり、といった十月歌舞伎座昼の部でした。

(追記)

10月30日、菊五郎さんが文化功労者に選出されたとのこと、おめでとうございます。ご存命の歌舞伎役者で文化功労者は、藤十郎さん、猿翁さん、幸四郎さん。療養中の猿翁さん以外は、こんなに身近に至芸を拝見できるのですから、ありがたいことです。菊五郎さん、これからも楽しませてくださいね。

« KERA・MAP「グッド・バイ」@KAAT、太宰治「グッドバイ」 | トップページ | アイザックソン「スティーブ・ジョブズ」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« KERA・MAP「グッド・バイ」@KAAT、太宰治「グッドバイ」 | トップページ | アイザックソン「スティーブ・ジョブズ」 »