2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« ドラマ「天皇の料理番」「アイム・ホーム」 | トップページ | 「エリザベート」@帝国劇場 »

歌舞伎NEXT「阿弖流為(アテルイ)」@新橋演舞場

Aterui歌舞伎初級者の私、なるべく大御所の定番名作を(今のうちに)見なきゃと思ってはいるのですが、去年のコクーン歌舞伎「三人吉三」がとても面白かったのと、いのうえひでのりの新感線の演目は歌舞伎(しかも染五郎に中村兄弟)に合っているだろうなと、チケットをとりました。

大当たり、たいへんに面白かったです。

お話は、蝦夷の族長の息子阿弖流為(染五郎)、恋人の鈴鹿(七之助)、蝦夷を討ちに行く坂上田村麻呂(勘九郎)に、田村麻呂の姉の巫女(萬次郎)、巫女の夫である右大臣(彌十郎)、蝦夷の巫女阿毛斗(新悟)、蝦夷の男蛮甲(亀蔵)が脇を固めます。

主役3人がかっこいいんですよ。染五郎が少し年長なんですが、勘九郎と敵対しながらも厚い信頼感を互いに持つ関係が、拮抗していてもーステキ。両花道の際に立つ二人がですね、ほんとに好一対で、それだけでわくわくします。染ちゃんはシネマ歌舞伎の「りびんぐでっど」でも熱演でしたが、目の前で見て、ほんとにかっこよくて今までよりもっと好きになりました。そして二人の殺陣もさすが、見ごたえがありました。

そして、七之助が、この3人だとこういう役回りよね、とヒロインとして見ていたらば、神の化身の神々しさと普通の娘鈴鹿の純情を見事に体現してすっごくよかったです。新感線版では女優がそれぞれ演じていたそうですが、今回、実はけっこう主役3人にあてて台本をリライトしているらしく、新感線版は見ていませんが明らかに成功しているとみえました。

ほかの出演者も、いつも舞台でもっと長く見たいと思う好きな役者さんばかり。萬次郎さんはこってり派手な化粧の妖術使いで最高でしたし、生に執着する蛮甲役の亀蔵も出番がたっぷりあったので、お客さんの人気をさらっていました(私、この方本当に好き。シネマ歌舞伎「らくだ」や「法界坊」でも面白かったですが、歌舞伎座ではまじめなお役も多かったので、こんな大活躍を生で見られてうれしかったです)。新悟も最初誰だろうこの張りのあるいい声の中性的な役者は、と思ったのですが、彼とわかってさすがと思いました。鶴松くんも生きのよい若武者ぶりでした。もちろん弥十郎さんの安定感はいうまでもなしです。

第1部が1時間15分、2幕が2時間と長丁場なんですが、いつも組んでいる歌舞伎役者さんたちの、息の合った緊張感で少しもだれることなく、ぐいぐい進んでいきます。ストーリーもよけいな複線がなく、まっすぐ進んでいくのが気持ちいいくらい。素朴な蝦夷に対し国家主義的な大和についてのセリフが、あからさまではないですが、ちょっと社会批判になっているところもあります。手塚治虫の「火の鳥」を思い起させます。

こういう英雄譚とか、ファンタジーって、普通のストレートプレイはわざわざ見る気がしないんですが(私自身がスレちゃっているというかだからどうなのと)、、歌舞伎ではありもあり、大ありです。見得やツケ、鉦や太鼓、鈴の音も舞台を盛り上げ、大げさな化粧も派手な衣装も、ありえない早変わりも、花道もみんな効果的で、歌舞伎ならではでした。

新作歌舞伎のいいところで、カーテンコール、スタンディングオベーションありでした。満足して、帰宅して昼寝しちゃったんですが、目覚めても、役者の皆さんは、この日も2回目の公演中でした。すごいなあ。

エントレというサイトに、5月の記者会見(脚本の中島氏、演出の井上氏、主演の3人)の動画があります。http://entre-news.jp/2015/05/18811.html?yta

染ちゃんの思い入れと、中村兄弟の高揚が感じられて面白いです。かっこよくなるだろうと思っていた染ちゃんの思った通りになりましたね(でも、阿弖流為本編でのあの美しいオーラのあった染ちゃんじゃなくて、普通の好青年なので逆に驚きました)。2002年の新感線のアテルイを見た先代の猿之助が、ギャグを抜いたらそのまま歌舞伎になると言っていた、という興味深い話もありました。中村兄弟もけっこう新感線の舞台を見ているそうで、あんなに昼夜の興行で忙しいのに、と思いました。

(追記)

この阿弖流為がシネマ歌舞伎になったので、見てまいりました(シネマ歌舞伎「阿弖流為」) よりスピード感が増し、キャストの細かい表情がすばらしく、面白かったです。舞台を見た人がもう一度、ということも多かったよう。とにかく染五郎がもう、染五郎でない何か超かっこいいキャラクターになってて、ズキュン、でした。

« ドラマ「天皇の料理番」「アイム・ホーム」 | トップページ | 「エリザベート」@帝国劇場 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎NEXT「阿弖流為(アテルイ)」@新橋演舞場:

« ドラマ「天皇の料理番」「アイム・ホーム」 | トップページ | 「エリザベート」@帝国劇場 »