2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« ミュージカル「デスノート」@日生劇場 | トップページ | 映画「ベイマックス」 »

四代目雁治郎襲名披露四月大歌舞伎「梶原平三誉石切」「成駒家歌舞伎賑」「心中天網島河庄」「石橋」

Photo歌舞伎ファンの友人が、「襲名披露は歌舞伎界にとって特別な興行、ぜひ行くべき」と常々言っていたので、四代目雁治郎さんの歌舞伎座での襲名披露、夜の部に行ってきました。

幕からして、雁治郎さん襲名記念のきれいな水色の幕です。

最初は「梶原平三誉石切 星合寺の場」。歌舞伎では悪役と決まっている梶原景時が、この演目だけ、刀の目利きで、老人の命を救う善人として描かれています。

梶原は幸四郎。前回見た「一本刀土俵入り」では、成功できなかった相撲取りでしたが、梶原はきらびやかな裃をつけた美々しい立派な武士で、こちらの方が似合います。おじいさん役者が好きな私、娘に必要なお金を作る目的で名刀を高く売るために、自ら試し切りの犠牲になろうとする六郎大夫の錦吾さんが、味があって本当にその時代の老父に見えました。

ひいきの錦之助が、赤っ面の俣野でしたが(美形は隈取も似合う!)、ちゃんと面白くやっていました。彦三郎の大庭もよかったんですが、台詞が、私にはちょっと聞きづらかったです。六郎大夫の娘が壱太郎。この人はコミカルな動きが得意なんですが、この演目でもそれでいいのという感じがちょっとしました。もう少しシリアスな方が、老父の悲劇が際立つのに。そして試し切りされる死罪の囚人の桂三が、台詞も酒尽くしで面白いのですが、何より表情が異形で、目を引きました。

2番目は、「成駒家歌舞伎賑木挽町芝居前の場 襲名披露口上」。仁左衛門、菊五郎、吉右衛門、梅玉が芝居の座元に扮して雁治郎を迎え、男伊達9人、女伊達8人の、左團次や魁春等おなじみの面々が両花道に並んでつらねを述べます。

秀太郎、幸四郎の登場のあとは、成駒家の口上。雁治郎、扇雀に、それぞれの息子壱太郎、虎ちゃん、そして藤十郎。雁治郎さんって、福助人形が人間になったようなかわいらしさで、藤十郎そっくり。ほかの3人には、美人の扇千景さんの血がしっかり入っている感じがしますが、とにかく3代揃って成駒家さん、安泰です。Ganjiro

そして、夜の部のハイライト、「心中天網島 河庄」妻子がありながら、遊女小春(芝雀)にほれ込んでいる治兵衛(雁治郎)。なんとか小春と別れさせようとする治兵衛の兄孫右衛門(梅玉)。

近松による、上方歌舞伎の傑作というだけあって、笑いを織り交ぜながら(太兵衛と善六は漫才コンビのよう)、前半は気楽に、ぼんやり見ていたんですが、3人の芝居となる後半、ぐいぐい盛り上がっていきます。全体にちょっとくどい、このくどさがおいしいところはもういいっていうところまで繰り返す吉本新喜劇や関西の芸人さんをちょっと思い出しました。

雁治郎さん、こういう町人姿が本当に似合う。単純で、ダメなんだけど、かわいらしい治兵衛で、小春に裏切られたと思いながらも未練たらたらなのがじんとします。芝雀の小春がきれい。この方、雀右衛門さんが揚巻を演じた「助六」のDVDでは、若女形で美形だったけど、最近どうなのかと思っていたら、本当に姿も声も美しく、健気で泣かされました。

梅玉さんがまた、治兵衛をさとす分別ある大人なんですけど、どこかひょうひょうとしていて、小春に対しても情愛が感じられて、うまいなあとうなってしまいました。梅玉さんって、歌舞伎を見ない人には全く知られていない(失礼)役者さんかもしれませんが、名優だなあ。

河庄はかわいそうな感じで終わるのですが、最後は「石橋」。染五郎、壱太郎、虎ちゃんの若々しく華やかなお獅子で、気分よく歌舞伎座をあとにしました。

« ミュージカル「デスノート」@日生劇場 | トップページ | 映画「ベイマックス」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュージカル「デスノート」@日生劇場 | トップページ | 映画「ベイマックス」 »