2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 「海をゆく者」@パルコ劇場 | トップページ | 「クリスマスの約束2014」 »

一条ゆかり「プライド」-(付)名セリフ集

Pride一条ゆかりは、「砂の城」とか「有閑倶楽部」をりぼん時代に読んでてその後ご無沙汰していましたが、ひさしぶりに「プライド」というのを1冊読んでみたら面白かったので、全12巻読んでみました。

生まれも育ちもちがう史緒と萌の愛憎を、歌をテーマに描いたお話。私の乏しいコミック経験でたとえると、「ガラスの仮面」と「のだめカンタービレ」を足してどろどろさせて、さらにマヤではなくて亜弓さんが主役な話。

途中、うわあ少女マンガの限界超えてる、(「コーラス」連載ですから)と思う悲惨な展開もあるんですが、だんだんみんないい人になっちゃって、ある種のハッピーエンドで終わります。

で、それなりに面白いんですが、ベテランらしい無駄のないネームの中に、琴線に触れるような名セリフがちりばめられているのがすごいんですよ。主として、二人の女の子に深くかかわっていくハンサムで気のいい蘭丸の母奈津子さん。銀座のクラブのママという、酸いも甘いもかみ分けた女性という設定です。今後の人生の指針に、メモしちゃいますよ。

「プロは頑張るのが当たり前なの。覚えときなさい 結果が全てよ」

「人と比べてもちょっと気分はいいけど幸せにはなれないのよ それよりもちゃんと自分と戦いなさいな 人とばかり戦っているとつぶれるわよ」

「幸せになりたいから頑張ってるんだろ 萌ちゃん 自分を好きにならないと絶対幸せにはなれないんだぞ」(蘭丸)

「女が二股かけるのはどうでもいいかどうしようもないかよ」

「なんでも時があるのよ うまくいく時いかない時 今は押す時か引く時か 自分は今何をする時か それを間違えるからうまくいかないのよ」

「間違ったと思ったらすぐやり直すのよ 後悔が少しで済むわ」

「泣いてもケンカしても傷ついても 品性だけは悪くなっちゃだめよ いいわね 人を落とすんじゃなくて自分が上がるのよ」

「ちゃんと自分を愛してあげて 自分の好きなところをどんどん増やしてあげる」

最後のセリフは、RENTの「Goodbye Love」でロジャーが歌う「You'll never share real love until  You love yourself, I should know」を思い起させますね。

一条ゆかりって、奈津子さんみたいなママとか、史緒のパパみたいなやさしいおじさんキャラが好きなんですねきっと。

« 「海をゆく者」@パルコ劇場 | トップページ | 「クリスマスの約束2014」 »

コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一条ゆかり「プライド」-(付)名セリフ集:

« 「海をゆく者」@パルコ劇場 | トップページ | 「クリスマスの約束2014」 »