2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« クドカン「ごめんね青春」バカリズム「素敵な選TAXI」 | トップページ | 映画「ジャージー・ボーイズ」 »

十一月花形歌舞伎「高時」「夏姿女団七」

Danshichi猿之助奮闘公演、明治座の昼の部の初日に行ってまいりました。10月は劇場に行かなかったので、久しぶりの観劇です。  

(古典なのでネタばれありで)

1つ目は、新歌舞伎十八番の内「高時」。北条高時(右近)が、大事に飼っていた犬を殺した者を死罪にしようとしますが、家臣に諌められ、思いとどまります。一人になった高時のところに烏天狗がやってきて一緒に踊ります。

犬を人より大事にする高時に改心させるところ、綱吉への反抗心を鎌倉に置き換えたってやつですかと思ったら、明治の黙阿弥の作で、9代目團十郎の活歴もので数少ない現在も上演される演目だそうです。

高時の右近さん、舞台の端でずーっと座っているので、「もしやまだ体調が回復していないのかしら」なんて思ってしまいましたが、烏天狗との踊りは一転激しく、楽しい場面でした。猿弥、弘太郎、笑也と、澤瀉屋一門の手堅い布陣で楽しく見られた演目でした。

2つ目は、「夏姿女団七」。人気演目という「夏祭浪花鑑」の舞台を上方から江戸に移し、さらに主人公と義父を、芸者お梶と姑おとらに変えたもので、昨夏、竹三郎の会で2日間上演されたものです。

家宝の刀をなくして町人になっている磯之丞(門之助)と、吉原から逃げてきたおはつが身を潜めている家に、立派ななりをした老女が、よそにやられた大名の姫を迎えに来たとやってきます。しかし、おはつだけを先に連れていくというのを不審に思ったお梶(猿之助)がでてみると老女は姑おとら(竹三郎)。おはつを連れ戻して金儲けをしようと思ったのがふいになってふてくされるおとら。おはつの尾上右近(市川右近さんと名前が同じですね)、見るたびにきれいな女形だなあと思います。

猿之助のすっきりとした女伊達姿と、髪の分け目が薄くなっているくらいの薄汚いおばばの竹三郎。おばばのえげつなさ、強欲さ、強烈でユーモアたっぷりのキャラクターでさすがです(ところで、おとらは後でお梶にさんざん世話してやったのにと言うので、育ての親なのかと思ったら、そこは元の夏祭りと同じくやっぱり姑なんですね。夫が早くに亡くなって、姑の援助があったということのようで)。

2幕はお辰(春猿)と猿之助お梶の対決場面。いい女二人の対決でなかなか楽しい場面でした。

しかし、この芝居というか、二部のハイライトは、30分ほどの3幕。懲りずに磯之丞をかどわかそうとするおとらとお梶が争い、とうとうお梶はおとらを切ってしまいますが、水浸しの舞台で、おとらは髪を振り乱し、もみあい、見得を切り、転がりと、二人きりの舞台。
その緊迫感というか迫力というか、劇場が一体となって舞台に引き込まれるシーンでした。
いい芝居って、どんなジャンルでも同じ空気がするんだなあと改めて思いました。

竹三郎さん82歳、これをこれから1カ月やるとは恐るべし。

« クドカン「ごめんね青春」バカリズム「素敵な選TAXI」 | トップページ | 映画「ジャージー・ボーイズ」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

四代目市川猿之助」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十一月花形歌舞伎「高時」「夏姿女団七」:

« クドカン「ごめんね青春」バカリズム「素敵な選TAXI」 | トップページ | 映画「ジャージー・ボーイズ」 »