2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ミュージカル「キャッチ ミー イフ ユー キャン」@シアタークリエ | トップページ | 坂東三津五郎「歌舞伎の愉しみ」(追記 三津五郎さん追悼)、赤坂治績『しらざあ言って聞かせやしょう」 »

「ドリームマッチ2014夏祭り」

久しぶりにお笑い番組の記事です。毎回がっつりみているドリームマッチ、今回は、コンビをフィーリングカップル方式ではなくて、くじで決める、メイキング紹介の時間が短い、お笑いコンビの華のある方だけが出る、という点が、これまでとは思いきって変えてきました。

賛否両論あるでしょうが、今まではフィーリングカップルの時間が長くてたいくつでしたし、コンビの地味な方同士とかネタを作っていない同士の組は見ててもつらいので、私は今回の方法の方がいいと思いました。

最近ののネタ番組の少なさを思えば貴重な番組だけに、出演者は豪華。どの組もかなり面白かったです。家族が時間差で録画見たりして、二度見ても笑えるネタが多かった!

◆TKO木下・バイキング小峠

いつも設定が凝ってる木下のコントですが、小峠の反応がさすがコーンと声張っててよかったです。

◆インパルス板倉・流れ星ちゅうえい

「デスノート」ってやっぱり設定が面白いですね。板倉のいじりとちゅうえいの表情が秀逸で、コントの中では一番面白かったです。

◆ナイツ塙・ノンスタイル石田

ボケ同士でどうするのかと思ったら、それぞれの漫才を活かしててさすが。優勝でした。

◆ロバート秋山・かもめんたる岩崎

秋山のヘンさが全開でロバートのコントになってました。いつものかもめんたるってもっと作りこんだ理屈っぽいコントなのに、岩崎はよく秋山についてった。

◆友近・ずん飯尾

ラジオ番組という設定。友近のコントなんだけど飯尾もはまってました。このすごいメンバーの中に飯尾がいるのがなかなか渋い。

◆ウーマンラッシュアワー村本・平成ノブシコブシ吉村

同期をネタにした村本節全開でしかも吉村。村本好きなので、すごく面白かったし、吉村の反応もよかったです。

◆フットボールアワー岩尾・どぶろっく江口

やっぱり岩尾はドリームマッチだと設定によりかかるなあー。どぶろっく江口、カミツキガメ事件が影響しないで放送されてよかったですね。

◆ピース又吉・ジャルジャル後藤

コントのテイストはジャルジャル。ジャルジャルは本来のコンビの方が面白いと思いました。

◆ライセンス藤原・ロッチコカド

優勝はできないネタだけどそこそこ面白くつくってて、コカドらしさもよく出てました。二人がほんとのコンビみたいに合ってました。芸人の力というより、番組制作側の意気込みが感じられました。

◆ハマカーン浜谷・笑い飯哲夫

基本的には笑い飯のネタに、浜谷がいつものノリで怒るパターン。笑い飯よりハマカーンの方が好きなんですけどね。神田がちょっと寂しそうでした。

今番組サイト見たら、「ネタ作り担当だけが出る」って出てましたけど、ほんとかな?放送では、「片方がネタを作っている場合は、話し合いで出る方を決める」って言ってたと思ったけど。だって、ずんって飯尾じゃないでしょまさか。どぶろっくも二人で作ってる感じだし。

ついでに過去のドリームマッチのリンク。

« ミュージカル「キャッチ ミー イフ ユー キャン」@シアタークリエ | トップページ | 坂東三津五郎「歌舞伎の愉しみ」(追記 三津五郎さん追悼)、赤坂治績『しらざあ言って聞かせやしょう」 »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109992/59940321

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドリームマッチ2014夏祭り」:

« ミュージカル「キャッチ ミー イフ ユー キャン」@シアタークリエ | トップページ | 坂東三津五郎「歌舞伎の愉しみ」(追記 三津五郎さん追悼)、赤坂治績『しらざあ言って聞かせやしょう」 »