2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« シェイクスピア劇「テンペスト」@新国立劇場 | トップページ | 「ミュージカルミーツシンフォニー」2014@国際フォーラム »

佐々木倫子「チャンネルはそのまま」

Channel昨年まで連載されていた佐々木倫子の「チャンネルはそのまま」全6巻、ほとんど一気読みです。

「おたんこナース」、「Heaven?―ご苦楽レストラン」 に続く職業モノですが、この3つでは一番面白く、どのお話もハズレがなく楽しめました。

舞台は北海道のローカルテレビ局。「バカ枠」で採用された雪丸花子が、テレビとおいしいものを愛するバカならではの突破力で周りをまきこんでいくお話です。バカ枠にはお世話係(緩衝材なのでプチプチと言われる)がつきもので、何でもできる同期の山根は被害を受けながらもいっしょにがんばっていきます。

グルメ取材や身近なニュース、地元プロ野球球団、ライバル放送局との熾烈な視聴率競争と、身近なネタが多く(←テレビ好きだから)、先輩キャラも生きていてほんとに面白かったです。北海道ローカル局という設定が、テレビ制作の特徴や地元テレビ局間の競争もありながら、東京とはちがって自社制作の範囲も限られていて、描きやすいというのもあったでしょう。

これ、ドラマ化したら絶対面白そう。「Heaven?」に続き、私の選んだキャストは…

・雪丸花子 : 能年玲奈で決まり!年齢的にもバッチリです。もしくは多部未華子。

・山根一 : 三浦春馬か神木隆之介

・小倉部長 : 古田新太。迷ってたんですが、この人が浮かんだら、もう彼以外には考えられない。もう少し若い時なら竹中直人って感じですね。

・花枝まき : アナウンサー技術がある人っていうと、意外と難しい。ここはプロの田中みな実とか。

・広報部長 : 真矢みき。楽しそう。

・気象予報士 降谷 : 忍成修吾

« シェイクスピア劇「テンペスト」@新国立劇場 | トップページ | 「ミュージカルミーツシンフォニー」2014@国際フォーラム »

コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木倫子「チャンネルはそのまま」:

« シェイクスピア劇「テンペスト」@新国立劇場 | トップページ | 「ミュージカルミーツシンフォニー」2014@国際フォーラム »