2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 佐々木倫子「チャンネルはそのまま」 | トップページ | シルクドソレイユ「オーヴォ」 »

「ミュージカルミーツシンフォニー」2014@国際フォーラム

Msinphony
「オペラ座の怪人25周年」「レ・ミゼラブル25周年」のDVDですっかり魅せられたラミン・カリムルーが出演する「ミュージカルミーツシンフォニー2014」に行ってまいりました。読売交響楽団の演奏でのミュージカルコンサート、毎年開催されているようですが、私、ミュージカルの曲ってお芝居の中で聞くからいいのだと思っていて、コンサートには興味がなかったので、きっとチラシをもらってもスルーしてたんですよね。でも昨年12月の「華麗なるミュージカルコンサート」(何度も書いてますがこのタイトル恥ずかしい)で、コンサートにはそのよさがあると思いまして、さらに、今ブロードウェイでジャン・バルジャンにを演じているラミンが見られるなんて!!他に、安蘭けい、彩吹真央、新妻聖子、田代万里夫、沼尾みゆき、ピーター・ジョバック(25周年で歴代ファントムの一人として出演)と豪華な顔ぶれです。
 
曲目は多いのですが、セットリストはたくさん出ているのでラミン中心に振り返ります。
前半では、何といっても初めて見た新妻聖子の「着飾って輝いて(Glitter and Be Gay)」(キャンディード)。このミュージカル、名前しか知らなかったんですが、ミュージカルというよりソプラノの超絶コロラトゥールの難曲なんですね。それを楽しそうに歌う美人の新妻聖子にすっかり惚れてしまいましたよ。

さてここでいよいよラミン登場。小柄だし地味なサラリーマン風のスーツで、そのままだと明るい性格の普通のお兄さんなんですが、歌う姿は、仕事が面白くてたまらない時期の、ノリに乗っている魅力にあふれていてですね、まさにオーラがありました。ただ、ラミンのこの1曲目は「Can You Feel The Love Tonight」(ライオンキング)で、ちょっと軽い曲かな、と思いましたが。

四季の「ウィッキド」ですばらしいグリンダを見た沼尾みゆきの「サウンドオブミュージック」のタイトル曲。のびやかな美声は健在でした。その後の安蘭けいとの「For Good」(ウィッキド)も久しぶりでほんとに素敵でした。

ピーターはいい人なんだろうなと思わせる雰囲気でラミンから出演を誘われたと後で言っていましたが、仲がよさそうでした。「蜘蛛女のキス」は、映画は大好きなんですが、ミュージカルは未見で、機会があればと思いました。

それからマリオくん「君の歌をもう一度」(ラブ・ネバー・ダイ)。ラブネバではラウルだったけど、ファントムの名曲ですね。

ピーターと新妻聖子の「Come What May」(ムーラン・ルージュ)もよかったです。ムーランルージュはまだ見ていなくて、もっと軽い歌が多いのかと思っていたら、意外と情熱的でした。

1幕最後はラミンの「.Bring Him Home」(レ・ミゼラブル)。これはそもそも誰が歌っても感動しますからね。ラミンの高音のファルセットが優しくて、素敵でした。

2幕の初めは「ミス・サイゴン」から3曲。ピーターの「.Why God Why」ももちろんよかったのですが、次のラミンとキムの扮装の新妻聖子の「.The Last Night Of The World」がすばらしく。そして次の「命をあげよう」は、キムになりきった新妻聖子の涙の熱唱。聞く方も涙でした。彼女の英語はとてもきれいと思っていたら、帰国子女なんですね。これは、ブロードウェイでキムを演じて欲しいと思いましたですよ。ラミン、彼女を連れてってあげて。

彩吹&安蘭の宝塚をほうふつする超かっこいい「闇が広がる」(エリザベート)の後はファントムから3曲。「.Phantom Of The Opera」では、ラミン&新妻にピーターがジョインして、豪華な1曲となり、「All I Ask Of You」は田代ラウル&沼尾クリスティンでよかったです。沼尾さんは当然四季時代にクリスティンをやっているんですよね。

そして、この日のハイライト、ラミンの「Music Of The Night」(どうだったかもう言うまでもない)、そしてだんだんノッてきた感じの彩吹「私だけに」(エリザベート)、安蘭「ひとかけらの勇気」(スカーレット・ピンパーネル)のドラマチックな2曲ででラストとなりました。

アンコールは「民衆の歌」(レミゼ)。うぉー、あの25周年コンサートの生き生きとしたラミンのアンジョルラスが蘇ります。この曲がかかるとは全く思っておらず、うれしかったです。

ほのぼのとしたトーク(彩吹さんってほんとにかわいいキャラ)のあと、最後ラミンとピーターがピアノ伴奏1本で「Music of the Night」。オケとはちがった味わいで最高でした。

と、盛りだくさんな内容で、曲自身のよさと、ミュージカル俳優ならではの、役を映し出す演技力、ぜいたくなオケとの共演と、満足の夜でした。1日だけってもったいない!

« 佐々木倫子「チャンネルはそのまま」 | トップページ | シルクドソレイユ「オーヴォ」 »

ミュージカル」カテゴリの記事

ライブ・コンサート・ミュージック」カテゴリの記事

ミュージカルコンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109992/59688659

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミュージカルミーツシンフォニー」2014@国際フォーラム:

« 佐々木倫子「チャンネルはそのまま」 | トップページ | シルクドソレイユ「オーヴォ」 »