2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 中川右介「歌舞伎 家と血と藝」 | トップページ | ミュージカル「ロミオとジュリエット」@シアターオーブ »

九月大歌舞伎「元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿」「男女道成寺」「河内山」

Shinbashi_specialthumb600x42310839  新橋演舞場の9月大歌舞伎です。三津五郎、幸四郎の面白そうな演目と思ってチケットをとったらば三津五郎さんの病気代役が発表となったのは大変残念でした。

お席は2階の最前列。けっ2階と思ってたんですが、さすがやんごとない方もみるお席、全体が見えて、お顔もちょうどいい見え具合でよかったです。

1つめは「元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿」。将軍綱吉の後継と目される綱豊卿(橋之助)と、赤穂浪士の一人助右衛門(翫雀、役では綱豊卿の侍女おきよの義兄という間柄)とのやりとりを描いた、昭和9年初演の作品です。

綱豊卿は、将軍に排除されないよう遊んで暮らしていますが、新井白石について学んだりして、立派な殿さまです。助右衛門も、本心を明かさず浪人暮らしをしていますが、もちろん仇討を志す立派な武士。そう、三津五郎と橋之助で観たかった、という演目です。いや、翫雀さんもね、声も通るし、必死さが伝わってきて、せつない気持ちになるんですよ。でも初め登場した時の、江戸時代から抜け出たような町人姿がはまりすぎていて、赤穂浪士の仮の姿、と思えるまでに少し時間がかかりました。

橋之助の、筋を通すが情もあるお殿様、とても適役だと思いましたが、この演目、座っての台詞が長いだけに、新井勘解由(我當)、助右衛門が、もっと綱豊卿がっぷり四つに組む感じがほしいなあと思いました。

おきよは壱太郎、きれいでかわいい若女形で、とってもよかったです。魁春の江島、私この方の女形としてのお顔の輪郭がやや苦手だったんですが、こういう役はさすが、きりっとしつつも情愛のある江島で、場面をしめていました。

2番目の演目は舞踊の「男女道成寺」。娘道成寺の男女版で、初め橋之助、孝太郎が白拍子で出てきます。映画「終戦のエンペラー」の昭和天皇役が評判だった孝太郎さん、お顔が小さくてかわいらしい。比べると橋之助さんはちょっとごつくて、いなせな男姿の舞の方が素敵です。所化の踊りも面白く、また途中長唄の鳥羽屋三右衛門襲名の口上もあって、口上を生で見るのは初めてなので盛り上がりました。

最後は「天衣紛上野初花」河内山です。

数寄屋坊主の河内山宗俊(幸四郎)が、奉公先の松江出雲守に軟禁されている質屋の娘を救い出すことを請け負い、由緒ある寺の使僧と偽って成功しますが、顔見知りの家来の見破られると、直参だぞ(数寄屋坊主は将軍の身の回りで茶会等を仕切る役だから)と開き直って悠々と帰る話。

河内山と、夜の部の不知火検校の悪人(検校の方が相当悪い)を幸四郎が演じるということで、特別にあの蜷川実花さんが、ポスターを撮っていて(トップの写真)、筋書きにものっています。このポスターがとってもかっこよくて、役者の魅力をより際立たせています。

幸四郎はスラリと大きく、オーラがあって、最初から主役はこうだなあという感じがします。黙阿弥の脚本がよくできていて、質屋で「ひじきやあぶらげの惣菜ばかり食べてるからいい知恵がうかばねえんだ」と毒づいたりの台詞が痛快。検校よりは軽い悪人のせいか、ちょっと軽みもある演技でした。

質屋の場は娘の母が大好きな秀太郎、親戚清兵衛の東蔵、出雲守屋敷の場は、河内山にやられる殿さまの翫雀、娘をかばうさわやかな高麗蔵、忠義の左團次とみなさん役にぴったり合ってて、大変楽しめました。

最後は花道で河内山が「ぶぁぁぁかめ!」と一喝。決め台詞は気持ちいいな、と、4時間半の観劇を終えたことでした。

(追記)

その後、歌舞伎座で幸四郎さんの「不知火検校」見ました。いやー、検校の悪役っぷりが痛快この上ない名作でございました。

« 中川右介「歌舞伎 家と血と藝」 | トップページ | ミュージカル「ロミオとジュリエット」@シアターオーブ »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 中川右介「歌舞伎 家と血と藝」 | トップページ | ミュージカル「ロミオとジュリエット」@シアターオーブ »