2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 川上徹也「あの演説はなぜ人を動かしたのか」 | トップページ | 来日ミュージカル「HAIR(ヘアー)」@シアターオーブ »

DVD「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン 」

Opera久しぶりに見た「オペラ座の怪人」に感動したのに、四季は来月千秋楽になって、しばらく見られないし…と思っていたら、ロンドンのロイヤルアルバートホールの25周年記念公演のDVDがとてもお安くなっていたので、買ってみてみました。

ロイヤルアルバートホールと言えば、あの「Chess in Concert」の舞台です。格調高い円形のコンサートホール、コンサートでさえあれだけ派手だったんですから、豪華な演出だろうとは思っていましたが、袖がないなどステージの制限がある中で、ほぼ完全な記念公演で、それは見応えがありました。

キャストがさすが、ものすごくいいんですね。若くして怪人をつとめるラミン・カリムルーの華やかな歌声、熱演のクリスティーヌのシエラ・ボーゲス、ノーブルな雰囲気のラウルのハロルド・フレイザーの3人が、歌はもちろん、容姿、演技とも完璧。とくにファントムは仮面があるからなんとかなると思うんですが、ラウルってその育ちのよさとか、かっこよさがないと、短い時間でクリスティーヌと恋に落ちる説得力がないですもんね。

それから、カルロッタのウエンディ・ファーガソンがいいです。映画のカルロッタって、やや中途半端な感じがしていたんですが、ウェンディが歌もいいし、ふくよかでかわいい雰囲気があるので、追いやられるんだけどなんだか面白いというか(私こういう脇役好きですね)。

記念公演らしく、アンサンブルの人数が多くて豪華。マスカレードのシーンなんて、長くないのに贅沢。また、最初に出てくる男性ダンサーがかっこいい!と思ったら、英国ロイヤルバレエ団の最年少プリンシパル、セルゲイ・ポルーニンだったそうです。きゃあ。オーケストラも大編成です(比べちゃ申し訳ないけど、生オケにしてはちょっとしょぼかった四季)。

最後のカーテンコールが、初演のクリスティーヌであるサラ・ブライトマンと、各国のファントム役者そろい踏みにアンドルー・ロイド・ウェバー登場。ミュージカルとしてはオペラ唱法を要求するクリスティーヌ役は、妻であるサラにあてて書いたものだったんですね。私、サラ・ブライトマンは知っていましたが、シンガーとしてであって、このファントムやウェバーとの関係は知りませんでした。

このDVDにはメイキング映像もついてまして、たった2日の公演のために、人々が精魂こめて準備している様子がみられます。いやーすごい。Chessもそうだけど、2日間ってもったいない。

舞台のファントムが好きな方はぜひお手元に。私、今までの人生で最も無駄なお金は、みなとみらいにあったマイナス30度だかのスペースを走り抜けた500円だと言ったことがあったんですが、この1000円は、最も有効な使い方をしたうちに入る気がします。

« 川上徹也「あの演説はなぜ人を動かしたのか」 | トップページ | 来日ミュージカル「HAIR(ヘアー)」@シアターオーブ »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109992/57492814

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン 」:

« 川上徹也「あの演説はなぜ人を動かしたのか」 | トップページ | 来日ミュージカル「HAIR(ヘアー)」@シアターオーブ »