2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« シネマ歌舞伎「らくだ/連獅子」 | トップページ | アダム・パスカルが「CHICAGO」に出演! »

シネマ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」

Flier_s_2まだ続いているシネマ歌舞伎、クドカン脚本・演出の「大江戸りびんぐでっど」を見ました(2009年12月歌舞伎座)。

新島でくさや作りをしていたお葉は、つけ汁泥棒に亭主の新吉を殺され、江戸に出てきます。お葉に前から惚れていた半次は、お葉と一緒に新島出身のゾンビ(人間をかむとゾンビになる)を集めてハケンとして働かせます。ハケンが増えて正規の職人が職を追われたりもします。そこへゾンビの新吉が現れ、半次と戦い…。

ゾンビがいっぱい出てくるんですね。クドカンって、キャッツアイの映画でも大リーガーのゾンビ出してたし、好きなんですね。で、集団でスリラーっぽいダンス踊ったりして。ゾンビ役者(?)の亀蔵さんはともかく、扇雀さんや三津五郎さんまで、よくこんなのやったな、って感じです。

当然、上演時は拒否反応もすごかったみたいです。歌舞伎でやる必要はないとか、ゾンビの扮装や血や動きが不愉快だとか、ハケンの扱いが中途半端だとか。たしかに野田秀樹と比べると、歌舞伎役者をつかって好きなように芝居を書いたという感じがさらに強かったかもしれません。

歌舞伎座の建て替え直前で、昼にこれ、夜は野田版鼠小僧とは、思い切ったことをやったなあと思いました。

クドカンさんのホントの意図はわかりませんが、もともと社会派というよりは、うまく「今の時代」にある問題をすっと掬って、今の時代の人々の気持ちをとらえるうことが上手な人なので、派遣労働者というのも、ひとつの素材として取り上げただけではと思います(描き方についていろいろ言う人もいたみたいなので)。

その意味では、ゾンビと人間のどっちが本当に生きているのかわからないっていうテーマは、けっこうぐっときました。イキイキと生きがいのある生き方って何だろうって、思っちゃいましたもん。

染五郎、きれいな役者さんで、これまでそんなに印象はなかったんですが、勘三郎との2回にわたる対決シーンは圧巻で、必死さが男の色気になっててとってもよかったです。ひいきの七之助はほんとにすてきな女形。勘太郎(勘九郎)、扇雀、福助、亀蔵、彌十郎、三津五郎,、のいつものメンバーもきっちり面白いし(扇雀さん、福助さん、三津五郎さんはますます好きになりました)、ダンスも達者。

これで、シネマ歌舞伎アンコールシリーズで見たかったものはいちおう制覇した感じなんですが、勘三郎さんのすごさを改めて感じました。どれもはずれは全くないのですが、一番お腹をかかえて笑ったのは「らくだ」です。内容も、一番くだらないというか、他愛ないんですよ。そういう意味でも、歌舞伎って相当自由だなと思いました。そういえば、パロディなどクドカンらしく細かいネタ満載の大江戸りびんぐでっどでも、らくだのパロディシーンがあって、見たばかりなのでニヤリとしてしまいました。

さて、これから、機会をみつけて、伝統的な歌舞伎の演目も少しずつ見て行きたいです。

« シネマ歌舞伎「らくだ/連獅子」 | トップページ | アダム・パスカルが「CHICAGO」に出演! »

クドカン」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シネマ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」:

« シネマ歌舞伎「らくだ/連獅子」 | トップページ | アダム・パスカルが「CHICAGO」に出演! »