2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« ネオ・オペラ「マダムバタフライX」@KAAT | トップページ | 水無田気流「無頼化する女たち」 »

明治座十一月花形歌舞伎「傾城反魂香」「蜘蛛絲梓弦」

Meijiza先月初めて歌舞伎に行ったと思ったら、はまっちゃったの、って感じですが、いや、たまたま機会があったので、ということでございます。

今回は、明治座の4代目猿之助を中心とした演目で、前月の勧進帳とはまったく役者がちがいます。

1つめは「傾城反魂香」。通常は土佐将監閑居場という1幕のみを上演するそうですが、今回は、普段演じられないという、その物語の前の部分も1幕演じられます。この、元信(市川門之助)と銀杏の前(市川笑野)のやりとりがけっこうおもしろいです。二人とも美しく、とくに笑野、華やかでヒロインの貫禄があって、すごく素敵。それから、元信が捕えられてから自分の血で描いた虎が飛び出してくる、その着ぐるみ虎の演技もなかなかで、楽しく見られました。

2幕目のこちらが通常版の「土佐将監閑居の場」。ドモリのために弟弟子に名字付与の先をこされた又造が、見事な手水台の自画像が石を貫いたことで、厳しかった師に認められ、土佐の名字をもらうと言うお話。ほとんどしゃべらない(話すとどもる)、でも絵には一途な又造(市川右近)と、対照的に夫を守る女房のおとく(市川笑也)。このおとくもすっとした美人で、庶民的なおばちゃん然とはしていません。又造はどもりだけどいい男なので、惚れ切っててあれこれ世話をやくのがいいなあと思ってみていました。着物をたたむ所作などがさすがに美しいし。仁左衛門・勘三郎で見たことがあるという連れは、コミカルな味が強かった彼らに比べると上品な夫婦だと言ってました。

よかったんですけど、この2幕は話として面白いので、予習していた筋をやや追いすぎて見てしまって、手水台のところの感動が薄れてしまったのが反省。手水台を貫いて絵が浮き上がるところがポイントなんですが、その絵が、「え、これなの」と笑ってしまって。もう一度見たら、そんなことは気にせず没頭できそうな気がするんですが。

2番目の演目「蜘蛛絲梓弦」は、猿之助が蜘蛛の物の怪で、薬売りや傾城など6つの役に変化して現れるというもの。宿直している坂田金時や碓井貞光がいろんな形でやられてはさっとひき、蜘蛛の糸を投げては、またあざやかに着替えて現れる面白さ、瞬時も目を離すことができません。

さすが襲名直後の脂の乗った猿之助。鍛え上げた動きが美しく、また惜しみなく体を使った舞台です。これからすぐあとに、夜の部の通し狂言があるのに、これを毎日とは、すごいなあ。

最後は頼光と対決、大盛り上がり。舞台の紅葉が鮮やかでお囃子陣も華やかで、秋の1日を堪能しました。

そうそう、途中幕前で謡と三味線をお二人で、というのがありましたが、この三味線の方が超絶技巧で、まるでギターソロ。歌舞伎における、音楽の価値と言うか重要性を感じました。

« ネオ・オペラ「マダムバタフライX」@KAAT | トップページ | 水無田気流「無頼化する女たち」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

四代目市川猿之助」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治座十一月花形歌舞伎「傾城反魂香」「蜘蛛絲梓弦」:

« ネオ・オペラ「マダムバタフライX」@KAAT | トップページ | 水無田気流「無頼化する女たち」 »