2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« キリン「ファイア」CMソングにRENTの「Seasons of Love」! | トップページ | 松下直子「採用・面接で「採ってはいけない人」の見きわめ方」 »

十月大歌舞伎「国性爺合戦」「勧進帳」

Kabuki私、こんなブログを書いていて、演劇は大好きなのですが、歌舞伎は舞台で見たことがありませんでした。舞台で、というのは、一度、東劇でシネマ歌舞伎という舞台の記録映画で「野田版鼠小僧」というのを見たものです。これは野田秀樹の新作だけあって、現代劇とまったく変わらない感覚で楽しむことができました。勘九郎(現勘三郎)にもぴったりの役柄で。

さて、記念すべき初歌舞伎、この十月大歌舞伎は七世松本幸四郎追善公演となっています。七世幸四郎という方、なんと三重県出身の歌舞伎とは無関係の家柄ながら、團十郎の弟子となり、幸四郎を襲名した姿もよい明治の名優。その孫には、当代の幸四郎、團十郎、芝雀、曾孫に松緑と、栄えています。この十月大歌舞伎は、彼らを中心とした、七世の得意とした演目になっています。

1つめは「国性爺合戦」。鄭成功をモデルにした、近松の人形浄瑠璃のヒット作を歌舞伎にしたもの。非常に役者の動きが少なく、セリフを言っている役者以外は動きません。話している役者も、くっきりした役者メイクの目をぱちぱちしながら朗々とセリフを言うのみ。これが様式美かあ、と感心します。意外と太夫の歌の説明が重要だなあとか、舞台をはけるとき、袖からではなく。セットの奥または花道からなんだなあ、とか。近松の脚本の詞が美しく、さすが人気脚本家、とも思いました。ただ、人形浄瑠璃が元のせいか、話の進展が急に止まって、ゆっくり(すぎる)な部分があります。

役者では、和藤内の松緑は若々しく力強いものの、なんとなくもっとセリフに力があってもよいかなあと思いました。父老一官の歌六は、お人形のようにちんまりしてたたずまいが美しかったです。錦祥女の芝雀は、華やかで、さすが、この芝居の要として盛り上げていました。

私が一番心惹かれたのは、和藤内の母渚の秀太郎。筋書きを見たら、あの仁左衛門の兄でお顔もそっくり。はやる和藤内をたしなめる見識、犠牲心、義理の娘錦祥女への思いやり、日本人の誇り。凛としていながら、ユーモアもあり、目が離せませんでしたDanjurou

さて、演舞場のおいしい幕の内を食べた後は、2つめの「勧進帳」。昼は弁慶を團十郎、富樫を幸四郎、夜は二人が逆に演じるそうです。

セットはなく、後ろは囃子方のみ。舞台は富樫と弁慶の丁々発止のやりとりで進みますが、こちらは現代劇のように、二人の動きが緊張と緩和の劇空間を作り出していきます。いとこ同士でずっと花形で活躍している二人の存在感が拮抗しているのが、すごくわくわくします。バックの唄、鼓、三味線が要所で盛り上げるのは、まるでミュージカル。とくに鼓の音が美しく、セリフの要所で入るのは素晴らしいと思いました。

幸四郎さんはスラリとして、お顔も声も美しく、品があって最高ですが、やはり勧進帳は弁慶。焦ったり、ドヤ顔をしたり、おいしそうにお酒を飲んだり。そして、最後に義経を無事逃がした後、もうそこにはいない富樫に向かってゆっくりと一礼したときには、ふっと泣きそうになりました。そして、見事な見得と六法。とても大病をした後とは思えません。私がこの歌舞伎を見ようと思ったのも、團十郎さんを見たかったからなんですが、化粧栄えする大きな目。あまりにお二人が姿も芸も見事にはまっていて、この二人を逆にすると言うのはちょっと想像しがたい感じがしました。

ほんとは染五郎がやるはずだった義経を藤十郎。もう少しほっそりと作れなかったという気がしますが、至宝のたたずまい、美しさを感じることができました。

そうそう、イヤホンガイドも借りたんですが、セリフの合間ではあるものの、太夫の唄や音楽にはかぶってしまうのと、両方聞こうとすると台詞に集中できなくてわからなくなってしまうので、ほとんど聞きませんでした。

ああ歌舞伎、これからクセになりそうです。

« キリン「ファイア」CMソングにRENTの「Seasons of Love」! | トップページ | 松下直子「採用・面接で「採ってはいけない人」の見きわめ方」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十月大歌舞伎「国性爺合戦」「勧進帳」:

« キリン「ファイア」CMソングにRENTの「Seasons of Love」! | トップページ | 松下直子「採用・面接で「採ってはいけない人」の見きわめ方」 »