2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 「THE MANZAI 2011」 | トップページ | こんまり本「人生がときめく 片付けの魔法」 »

宮藤官九郎の「アイドル、かくの如し」

Photoクドカンというカテゴリをもつこのブログですが、下北沢の本多劇場でクドカンさんが出演しているというので見てきました。クドカンあてに、広末や岡田准一、菅野美穂、磯山晶、連載している文春のお花がきていてにんまり。

脚本は岩松了。普通の現代劇はほんとうに久しぶりで、前に見たのが何か思い出せないくらいです。まったく内容を知らずに行ったんですが、 そのために登場人物というか、起きてる事件が何かすぐにはよくわからず、最初のうちは一生懸命話を追うような感じで見ていました。とにかく、せりふがとても自然で、芝居ということを忘れそうなくらいです。翻訳か、シュールな設定でないお芝居はめったに見ないので、とても新鮮でした。

内容を知らずに見ていると、クドカンと夏川結衣の、ちょっとささくれた夫婦のやりとりが身につまされます。本多劇場なので若い人も多いんですが(それにしちゃチケット高いか)、このやりとりのリアルさ、わかるかなーなんて。

とはいえ、なんとなく、この話を芝居でみて何をどう思えばいいのかよくわからない思いが残りました。ほんとに起こっていることを傍で見ているんだけど、だからどうなのという気持ちになってしまうというか。すごく面白い展開もないし、深刻な苦悩もないし。俳優さんたちみんなうまくて、リアルで、でも笑いよりも怒りの方が多かったかな。

クドカンは、インタビューなどの印象よりもすらっとしていて、ごく普通の(お顔は地味目だけど)俳優さんで、天才脚本家とはまた別の一面。夏川結衣は出ていることもあまり意識していなかったのですが、スタイルがよくて、普通のスーツ姿もきまっています。舞台は初めてだそうですが、もともとうまい女優さんなので、すごくいいと思いました。伊勢志摩さんはいかにも劇団にいそうな面白い女優。

本多劇場、裏から入ったので今どき珍しい小さな商店の集まったビルで、こんなところだったのかと驚きました。後ろの方からもよく見えて、いい小屋でしたが。

« 「THE MANZAI 2011」 | トップページ | こんまり本「人生がときめく 片付けの魔法」 »

クドカン」カテゴリの記事

演劇(ストレートプレイ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮藤官九郎の「アイドル、かくの如し」:

» 「アイドル、かくの如し」/本多劇場 [京の昼寝〜♪]
「アイドル、かくの如し」/本多劇場   □作・演出 岩松 了□出演 宮藤官九郎、夏川結衣、津田寛治、伊勢志摩、上間美緒、     岩松 了、足立 理、金子岳憲、宮下今日子、橋本一郎□劇場 本多劇場(下北沢)   いやぁ〜、舞台なんてホント久しぶりっ(笑)...... [続きを読む]

« 「THE MANZAI 2011」 | トップページ | こんまり本「人生がときめく 片付けの魔法」 »