2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 「CHESS in Concert」が日本で上演! | トップページ | キングオブコント2011 »

「きみはペット」コミック&TVドラマ

松潤の傑作ドラマとして有名な「きみはペット」、2003年のドラマですが、DVDで一気に見ると前後してコミック全14巻も読んじゃいました。

Tvストーリーは、新聞社に勤める東大出で長身・美人のスミレが、ある日拾った二十歳の男の子に、昔飼っていた犬と同じモモという名をつけて、ペットとして住まわせるのですが、次第に恋人よりもモモと過ごす方が自分らしくいられることに気づき…というお話。

拾った男の子?って思いますが、コミックPhoto_3はもちろん、ドラマも松潤ですから、こんなにかわいかったら家においてなでたら癒されるかも、って思っちゃいます。当時松潤くん20才、フワフワパーマが似合ってて、華奢で繊細で、最高にかわいいです。器用な役者ではないんですけど、表情は豊かで、いやー、きれいな顔立ちも一つの才能ですからね、小柄という設定も含め、彼以外にはありえない配役でしょう(原作コミックではモモは164cmですが、ドラマでは169cmといってます。ほんとは172cmのスミレ=小雪と同じくらいなんですが)。しかも、ただ子どもっぽくかわいいのではなく、スミレに本気になっていくところも説得力があって、素敵です。画像がないのがもったいない!

結局、スミレはエリートの恋人ではなくて、ペットくんを選ぶことになります。

小雪も、すらっときれいなだけに、今一つ演技力という印象はないんですが、生真面目で自信なさげなスミレには適役で、今まで見た中ではいちばんよかったです。スミレの恋人の田辺誠一、彼を狙う同僚の酒井若菜(この人クドカン作品でもおなじみですが、やっぱりうまい!)モモの友人の瑛太、スミレの同僚の佐藤隆太など、キャストみんながいいです。

残念なのはモモの元カノの石原さとみ。女子高生とはいえ、ダンスの才能のある色っぽい役どころなのに、単なる優等生という感じです。彼女って、男性からは「清楚でかわいい」ってことなんでしょうが、スタイルのせいなのか、女性からみてあまり魅力的な感じがしないです。

さて、お話に戻ると、バリキャリ女性がエリート恋人か年下ペット男子を選択するお話なわけですが、ペット君は、学歴のないフリーターとかではなくて、クラシックからモダンに転向した期待の若手ダンサーなんですね。ステージでスミレに魅力を再認識させるシーンが何度もあります。そうなると、かっこつけなくても自然でいられるペットくんを選ぶのもそういうもんかということになっちゃうんで、ちょっとずるいかなという気がします。

コミックはスミレとモモの家族も出てきてもっとぐちゃぐちゃするんですが、一番ドラマと違うのが結末。ドラマではモモはスミレと離れられなくて留学に行こうとする成田から引き返しちゃうんですが、コミックでは、モモはスミレにふさわしい男になろうと、振付とダンスを勉強しにベルギーに旅立ち、スミレは新聞社を辞めてフリーになってベルギーに行く決心をするんです。スミレのそれまでの働き(地味な職場のときもあった)が認められて、フリーでも仕事のオファーあり、という結論なんですね。それぞれの仕事もがんばりつつ、好きな人と一緒にもいたいという方が、より今風かなあ、と思います。

脚本は「10年先も君に恋して」の大森美香さんで、すごくうまく原作のエッセンスと、オリジナルキャラを動かしているんですが、連載中にドラマ化されたためか、惜しかったですね。彼女は、松潤主演で「夏の恋は虹色に輝く」も書いていますが、こちらは明らかに駄作で、別人のようです。たまたま見た女性誌で、遠距離恋愛が実って仕事をやめてきてくれた方と結婚なさったという話が出ていましたので、これからも注目です。

(追記)これ書いてから、今をときめくチャン・グンソクで「きみはペット」の映画があって日本でも公開されると知りました。うーん、かっこいいとは思いますけど、彼大きいし、よく見るとそこまで繊細な美形じゃないよね?マッコリのCFは確かにかっこいいですが、やっぱり日本のCFの力ってすごくて、彼のよさを一番引き出してる気がします。

« 「CHESS in Concert」が日本で上演! | トップページ | キングオブコント2011 »

テレビドラマ・バラエティ」カテゴリの記事

コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「きみはペット」コミック&TVドラマ:

« 「CHESS in Concert」が日本で上演! | トップページ | キングオブコント2011 »