2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 嵐の魅力 | トップページ | 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 »

不滅のエアロスミス「バック イン ザ サドル」

T0009429_2  最近TVを付けていると、映画「RED」のCMで、手が止まります。大好きな エアロスミスの「バック イン ザ サドル」とスピーディな映像が流れます。

あー、エアロスミスがスーパーグループとなったアルバム「ROCKS」の1曲目。不気味で短いイントロの後「アイムブァーック」とスティーブン・タイラーが絶叫するのです。私がビートルズの次に買った洋盤レコードでした。当41qwgp7qdsl__sl500_aa300_ 時は、クィーンとベイシティローラーズとキッスが人気だった中で、一段地味な存在でした。でもファンクラブに入って、ロゴのバッチもらったりしてたっけ。

3857233998_b7aef57e0e_3 そしてウン十年後、フロリダディズニーワールドのハリウッド・スタジオにあるロックンロールコースターに乗ったときの感激!ロックなグッズの並ぶ室内を進んでいくと、絶叫系(といって もディズニーだからそんなに過激ではありませんが)、のコースターが。座ってセットすると、いきなり大音響のエアロスミスの音楽とともに最高速度で出発するのです。すごい人気で、2回目は列が長すぎて断念したくらいです。

こんなゴキゲンな乗り物、誰が考えたんでしょう。あー、こんなにエアロスミスが息の長いスーパースターになってくれるとは。今でもまったく古さを感じません。最近キムタク版ヤマトの主題歌にもなってましたもんね。

で、この映画「RED」、配給はディズニーです。エアロスミスの音楽をフィーチャーして、またこのコースターに乗ってもらおうってことなんでしょうか。あーまた乗りたい。

REDのサイトはこちらhttp://www.movies.co.jp/red/

« 嵐の魅力 | トップページ | 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 »

ライブ・コンサート・ミュージック」カテゴリの記事

コメント

くららさん、コメントありがとうございます。
そう、この歌の歌詞スケベ全開ですよね。

映画のリンク追加しましたが、キャストもよく、なかなかカッコよさげで、リタイアたちが活躍するところが、I'm Back!っていうのに合ってるんですよー。あースティーブンの声がステキ!

エアロスミス、と聞いたら黙ってはいられません。
といっても、当時中学生だったであろうまりるちゃん、エアロにはまるって早熟だわ(笑)。
REDのCM見たことないよ。バックインザサドルってどういう意味だよ、と高校時代騒いでいたのが懐かしい。
ちゃんとドラッグ中毒になってそれでもロッカーやってる本物のロッカーだよね、スティーブン。
ロックンロールコースター乗るの夢です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不滅のエアロスミス「バック イン ザ サドル」:

« 嵐の魅力 | トップページ | 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 »