2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

« アダム・パスカルwikiもどき(その1<2009まで>) | トップページ | M-1 グランプリ2009 »

ONE PIECE Film STRONG WORLD

Sw最新のワンピース映画、STRONG WORLDを観てきました。

もちろん0巻目当てです。

アニメの冬島編あたりで、面白さに気付き、当時13巻くらいまで出ていたコミックスを大人買いして以来買いも買ったり56巻。次から次へと出てくるキャラクターが、もうかなりごっちゃになってます(そうよ私はオバサン)。私は何と言っても渋いけど抜けてるゾロが好き。彼のセリフで全体が引き締まると言うか、お笑いキャラのルフィをかっこよく見せてると言うか。アニメの中井さんの声も大好きですが、中井さんは毎日ワイドショーのニュースのナレーターをたくさんやっているので、よく声を聞きます。

声と言えば、ワンピースはどのキャラもとてもはまってますよね。きっと作者の尾田さんも、あの声を思い描きながら描いているんでしょうね。

で、その尾田さんが作った映画。

TVアニメでも、原作とオリジナルストーリーはいつも格段にちがうと思ってました。やっぱり作者以外の人が作ると、キャラの設定によりかかったワンパターンなギャグとか、ゲストの人格が類型的だとか、なんか普通の時代劇みたいな予定調和の流れになっちゃう。

この映画も、ストーリーはときかれたら、「ピンチに陥るが勝つ」なんですけど、なんとなく深みがあって、キャラクターたちのデザインが秀逸で(特に動物たち。陸の海王類みたいな)、ギャグのタイミングが絶妙。画面と音が迫力で、満員の映画館が、クライマックスでは、息を呑んでました。

そして0巻、面白かったです~。これから手に入れるみなさんのために、中身については書きませんが、私としては、○○○ンが出てきたのがツボでした。尾田さんこのキャラ好きなんだなって思いました。

56巻全部と、Color Walk(画集)2冊と、RED、BLUE、YELLOW、ガチャポン等も多数。さらに久しぶりにガチャポン買っちゃいそうです。

« アダム・パスカルwikiもどき(その1<2009まで>) | トップページ | M-1 グランプリ2009 »

映画」カテゴリの記事

コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ONE PIECE Film STRONG WORLD:

« アダム・パスカルwikiもどき(その1<2009まで>) | トップページ | M-1 グランプリ2009 »