2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

文楽鑑賞教室「日高川入相花王 渡し場の段」「傾城恋飛脚 新口村」

2912   初めての国立劇場文楽鑑賞教室です。1日2回、同じプログラムで、演者がちがうというやり方ですが、Bプログラムを拝見しました。

まず、「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら) 渡し場の段」。始まってみたら道成寺もの、安珍を追ってきた清姫が、日高川の渡し場で渡し守に舟に乗せてほしいと頼みますが、安珍に金を渡されていた渡し守は断ります。怒り狂った清姫は大蛇の姿になって川を渡ります。

三味線方が4人、太棹で鳴らすので大迫力(久しぶりで、文楽は太棹というのを忘れてました)、芳穂太夫、靖太夫、咲寿大夫さんたち4人の義太夫でにぎやか。この作品、字幕を見なくてもすっとセリフが入ってくるし、かわいい清姫の変化が鮮やかで動きが多いので、短いですがとても楽しめました。

(後で亀治郎の「金幣猿島郡」の清姫の写真を見たら、同じ赤に黒い着物を重ねた衣装でした。この豪華な衣装もみものです)

次に「文楽の魅力」という基本講座。希太夫さん三味線の寛太郎さん、玉誉さんによる義太夫、三味線、人形の説明です。太棹の説明も興味深かったですが、何といっても人形の説明。作品では、人形の表情や体が動くのを命があるように見ているわけですが、主遣いは胴と右手なので、当然左手は別の人。手を合わせる動き一つとっても大変なんですね。

ものをつまむという動きはできないので、袖口から人形遣いの手を出してものを持つんだそうです。そりゃそうですね。泣く動きや、立ち役の顔の表情の巧みさには感心しました。

さて、休憩をはさんで、「傾城恋飛脚 新口村」です。近松門左衛門の「冥途の飛脚」を改作した作品なんだそうです。この演目、歌舞伎版は先月歌舞伎座で藤十郎、扇雀の忠兵衛、梅川、そして歌六の孫右衛門で見たんでした。歌六さんも熱演でしたね。

公金横領の罪を犯した忠兵衛は恋仲の遊女梅川と逃げる道中で、実家の父孫右衛門と出会います。下駄の鼻緒を切った孫右衛門に、名を明かさず優しく接する梅川。孫右衛門は忠兵衛を養子に出したので、養家への手前、忠兵衛に会えば捕まえなければいけない、しかし逃げてほしいと親の愛情を示す孫右衛門。

前段の呂勢太夫さんも美声を聞かせてくれてよかったですが(やっぱり節があるので字幕なしでは無理でした)、千歳太夫さんの熱演に感動。孫右衛門さんの息子溺愛ぶりは、昔から子どもに甘い親はいたのだなあと。

小さな劇場で響き渡る三味線と義太夫。歌舞伎と同じ演目も多くて、また文楽も見ていきたいなと思いました。

«BD「じゃじゃ馬馴らし」